テニス 戦術

ストローク

テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つの理由

スポーツは、基本に始まり基本に終わる。

常に意識はしていても、ストロークでは相手に走らされたりして「基本」となる足を止めることが、なかなか難しかったりします。

その問題点となる要素を分析してみて、改めて自分のストローク時に確認してみましょう。

 

テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つの理由

 


 

1.ボールに追いつけていない

ボールの後ろにしっかり入れていなければ、足を止めるのは難しい。

確かに相手のエース級のボールに全て追い付いて足を止めるのは難しいにせよ、充分に間に合うボールもゆったり追いかけていませんか?

強い選手は、試合のラリーの中で緩いボールやチャンスほど自分は速く動く。

ここをしっかり意識しましょう。

 

2.スタンスの練習不足

しっかりとしたスタンスを、身体に染み込ませることができていますか?

球出し、素振り、自分一人で行う個人練習は欠かせません。

部活や全体練習ではどうしてもラリーが多くなりますので、どこか「何となく」の練習になりがちですよね。

個人練習をしっかり行う、しかもスマートフォンで撮影したりできると最高です。

 

3.上体が高い

上体が高いと、それだけで足元が不安定になります。

腰の位置を落として、コートを足の裏でつかむくらいの感覚を養いましょう。

裏技的にお勧めなのは、5本指ソックス。

普通のソックスに比べて、低い態勢をとったときの安定感が増すと思います。

こういったテニスギアにも、アナタ自身こだわるようにしてみて下さい。

 

4.判断が遅い

相手からのボールを、どういうポジションで打つのか。

判断が速くなければ動きだしも遅く、実際に打つフォームも定まらないままに打ってしまう。

これではスタンスを固めることができません。

さらにはスライスの回転への対応、ライジングショットなど、早く判断して準備できればより攻撃的に展開できるはず。

相手のボールがネットを超える前までに、しっかり判断できるように練習していきましょう。

 

どれだけ周りやコーチが、「止まってないぞ!」と言っても、本人が意識しなければ直りません。

その為に、動画を撮影したりすることをお勧めします。

それも、本人には分からないように、こっそり撮影してみる。

こういった覆面撮影は、無意識の状態でプレーが現れますので、普段の練習からとても効果的です。

ぜひ、試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス 守備
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを打ち終わった後に「フラフラしない」で、打ててますか?

    ストロークに安定感がある人は、打ち終わりが違う。打ち終わりが違…

  3. テニス 楽天

    ストローク

    テニスの試合に勝てる選手は、「ラリーの中で、プレーとプレーを繋げる攻撃」が上手いから勝てる!

    試合に勝てる選手は、「ポイントを作るのが上手い」とよく言われます。…

  4. ストローク

    フォームを固めると、テニスは上手くなるのだろうか?

    以前に、頂いたご質問の中で「なかなかフォームが固まりません・・・」とい…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がります!

    今、改めて見直されている技術の一つが「スライス」のストローク。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    打球方向に力を乗せる、ストロークに必要な要素とは?

    ストロークはある意味で、誤魔化しが効かないショットサーブ同様に、ベ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    絶不調だったときにどれ位良かったか
  2. テニス メンタル

    その他

    「結果を出せよ!エリートも初心者も。」テニス部の部活動について
  3. 練習メニュー

    「これを試合で打てるのか?」の疑問は、アナタにしか持てない
  4. テニス 戦術

    フットワーク

    テニスの試合で、意外と「遅いボールの返球が難しい」理由5つ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    実は、右利きのサーブだって強力なんです
PAGE TOP