テニス ストローク

メンタル

勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持っている。

そう感じるのは、テニスの世界でも同じです。

ラリーが途切れてしまうと、どこか申し訳ない気持ちになってしまう。

でもそれって・・・試合の中では、むしろしかけていくべき点だと思うのです。

 

勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

 


 

■「球出しからのラリー」の練習、どこか変な雰囲気

普段何気なく行っているラリー練習。

どちらかのプレイヤーから球出しされたボールには、「2人でこれをつなげよう」という不思議な暗示がかけられているような気がします。

ダブルスでは、4人でつなげよう。

ラケットを握って最初の2週間くらいは、それでも楽しいかも知れません。

でも充分打ててコントロールできるようになったら、別な楽しみを感じてもらいたい。

それこそ、試合の醍醐味である駆け引きだったり、ポイントの奪い合いだったりすると思うのです。

 

■安定感も大事、攻撃的な姿勢も大事

じゃあ最初からバンバン打って良いのか、というとそれでは全く練習にならない。

9割以上の安定した確率で成功するショットの中で、お互いが攻撃したり守備をしたり、駆け引きをしていく。

安定感のあるプレーで相手を追い込んでいくのは、テニスにとって最も大切な要素です。

その意識から逃げていては、試合で強くなれません。

 

■仲間だからこそ容赦しない、そんな練習の雰囲気が個人を強くする

部活の雰囲気は、客観的に観ていればすごくよく分かります。

良いチームには、良い競争がある。

2バウンドするまで全力で追うし、相手のチャンスでも決して諦めない。

練習で出来ているから、試合でも実践できる。

普段からしっかりと相手を倒す、自分が生き残るという意識がなければ、試合でいきなりやれと言っても無理な話です。

 

さぁ、練習を変えていきましょう。

2往復以上続くラリーは、お互いしっかり攻撃と守備をしているのかを確認する。

途切れたら、ラリーをしている選手ではなく「ボール出し係り」が外から出す。

こういった工夫を少し入れるだけで、効率も上がりますし意識も改善されます。

練習からガッツリ、競争していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. メンタル

    テニスにおいて「ボールが速い=強い選手」、という思い込みは損なだけ

    まだまだ、こういう意識が強い人が多いみたいですので、改めて。特…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「もう駄目かも‥」と思うときは逆にチャンス!と認識して諦めないこと

    テニスの試合は、1セットマッチであればあっという間に終わる。3…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でピンチになる」ときを想定して準備しておきたい、具体的な対応策

    シングルスでもダブルスでも、どんな試合でも必ずピンチな局面は訪れます。…

  4. メンタル

    「今日はテニスの調子が悪い・・・」と感じたら、試合中に実践したい修正方法について

    テニスは「調子」に左右されるスポーツだと言われています。プロテ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分がコントロール出来そうにない「何か」を目の前にしたときに、普通の人は否定から入る

    何でもかんでも、否定から入る人。皆さんの周りにも・・・いるんじ…

  6. テニス シングルス

    メンタル

    一番を目指さないと、二番にも三番にもなれない

    試合に出て、勝ちたいと思うみなさん。厳しいようですが、まずはこれを…

特集記事

  1. その他

    「世界への扉」はテニスの世界もノックしてみないと何も始まらない!
  2. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう
  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがオーバーフォルトで入らないときは、「ラケットの当たり方を根本から見直す」…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    硬式テニスのボレーでは、打球が飛ぶ方向とフォロースルーの方向は、必ずしも一致しな…
PAGE TOP