テニス メンタル

メンタル

いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?

人は無意識のうちに、自分が楽なほうに傾いていく。

私自身、自分が弱い人間だと自覚していても、どうしても楽な方、自分がコントロールしやすい手段を取りたくなってしまう。

ですがテニスの成長、という意味では、特にこのスタンスは危険。

学生の方でも社会人の方でも、主婦の方でも60歳以上のベテランの方でも、それは同じです。

自分がいつ何時も、どの方向を向いているのか・・・は意識して顧みるようにしてみましょう。

 

いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?

 


 

1.社会人になって、テニスを再開して気付いたこと

私は大学卒業後にテニスコーチの仕事をして、その後転職してしばらくテニスから離れていました。

3年くらい離れてふと、再開してみるとあることに気付きました。

社会人の皆さんは、ある程度自分で「テニスをする環境」を選ぶことが出来る。

サークルなのか、スクールなのか、仲間うちだけなのか・・・。

その選び方と継続の仕方について、試合に強くなるのかその逆か・・・が分かれるように思えてきました。

 

2.「自分よりテニスが上手い人」を許容出来ない人、って意外と多い

部活であれば、その学校の中でテニスをするにはそこしかない。

だからこそ、自分より上手い人もいるし、レベルが低い人もいる。

ですが社会人の皆さんは自分で選ぶことが出来るので、「自分が一番テニスが上手い」という環境は、作ろうと思えば作れるのです。

自分で、初心者サークルから立ち上げても良いですしね。

それ自体、全然悪いことだとは思わないのですが、試合に強くなりたい、と考えるのであれば違和感がある。

試合では常に、格上相手に厳しい戦いを継続していかないといけない訳ですから・・・。

 

3.自分より下を見る癖、を辞めればアナタはもっと強くなれる

つい自分としては意識していなくても、自分が勝てる相手、弱い相手とテニスをしている方が楽ですよね。

練習なんて、特にそう。

試合になると負けられないのでプレッシャーもありますが、普段の練習では強い人とやるよりは楽。

楽だからこそ、ごまかしが効くし危機感が生まれにくい。

無意識に行動していては、常に人は下ばかり見てしまう。

今いる環境にだけ、に満足せずに、常に上を見て自分に必要なものが何かを考えられるテニス選手になりましょう。

 

自分より強い人は、アナタから求めていかなければ接点は生まれません。

ですが、求めれば生まれる。

それがテニスの良いところであり、縁は自分から掴みにいくことでしか得られない。

上を向いて、厳しい戦いにも慣れていく。

アナタの生活の中で、少しの勇気と意識の違いを作るだけで、きっと試合に強くなるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス 上達

    メンタル

    追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス

    テニスの「試合」を経験していると、何が良いのか。それは、自分が…

  2. テニス ミーティング

    メンタル

    アナタに必要なのは、過去を手放すことかも知れない

    皆さんは試合の中で、「本当に苦しいとき」には、どんなことを考えています…

  3. テニス コントロール

    メンタル

    強い相手との対戦こそ、まず自分をコントロールしないと試合にならない

    何度か、私自身「格上相手との戦い方」について書いて来ました。で…

  4. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強くなれる!

    自分の長所と短所、しっかり言葉にできて自分の中で把握できていますか?…

  5. テニス 試合

    メンタル

    どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない

    テニスの試合に出続けていれば、必ず強い相手とは対戦する。第1シ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと

    テニスの試合、大抵はリードして終盤を迎えるのに、気が付けば逆転されてい…

特集記事

  1. 練習メニュー

    週1ペースの練習で、テニスを上達させる7つの心得
  2. リターン

    ブレイク意欲、を相手に見せつけよう
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?
  4. ボレー

    ハーフバウンドの低いボールを、すくい上げようとしても上手くいかない
  5. テニス リーダー

    メンタル

    闘志や意地を感じられない選手のテニスは、大事な試合で応援してもらえない
PAGE TOP