テニス メンタル

メンタル

自分にコミット出来ない人は、裸になれない

最近、改めて感じます。

テニスが強くなりたいなら、裸にならないと。

すごく、恥ずかしいことなんですけどね。

裸になってみて、見えてくるもの、感じられるものがある。

世界も変わる。

一枚服を着ているだけでも、それは重たい鎧となって、アナタ自身の動きを鈍らせていくと思いますよ。

 

自分にコミット出来ない人は、裸になれない

 


 

1.T-PRESSは、私の裸の場所

みたいなもの、です。

実は、メッセージとかで「有料のメルマガ出しませんか?」「有料サロンを作りませんか?」というお声を、頂くこともあります。

でも、出来ないんですよね。

だって、このサイトで全て出させて頂いてますから。

もう、私は裸なんです。

これ以上、今の自分では出すものが、無い。

実力不足だと思いますが、これが限界なんです。

テニスについても、私は近いことが言えると思いますよ。

裸でテニスに向き合って、愚直に試合に出続けている人。

こういう人は、やっぱり強いですよ。

 

2.誰しもが、傷つくことが怖い

私たちの日常生活、平穏な日々。

誰だって、傷つくことは怖いです。

傷つく、と言っても実際に怪我する訳じゃない。

つまりは、人から評価を下される、ということです。

「あの人のテニス、全然ダメだね」とか、「練習しても、成長してないね」みたいな感じで、思われるのが嫌。

誰だってそうだと思います、私でもそうです。

でも、自分自身が裸の状態でいたら、もう気にならなくなりますよ。

だって、裸なんですから。

自分を取り繕わない、批判の声があれば受け止めるけど、良い意味で受け流すこともある。

裸になれない人は、自分の服を着替えてばかり。

いくらでも、着替えがあると思ってるんでしょうね。

 

3.自分にコミット、それがスタートライン

裸になって、テニスを頑張る。

市民大会の上位を目指すなら、何をするのか。

コミットして初めて、スタートラインに立つことが出来る。

自分に約束出来ていない人、はどんな名コーチから指導を受けても無理でしょう、伸びません。

というか、何を言っても本人の心に響かないし、鈍感な毎日。

裸だと、色々感じることが出来ますよ。

寒い、痛い、傷つくこと、たくさんです。

でもその傷こそが、テニス選手として強く、たくましくしてくれると私は思いますよ。

 

4.裸にならないと、つまらない

結論、これです。

私が、なんでこのサイトの更新を続けられるかと言えば・・・一言で、楽しいからです。

裸で本音で、書かせて頂いている。

ですので、たくさん反対のご意見や、批判の声も頂きます。

真摯に受け止めますが、服を着ていくつもりはありませんので、このスタンスは変えないつもりです。

だって、楽しくないですから、取り繕った内容でテニスの情報を発信しても。

きっと、今読んで頂いている読者のみなさんも、面白くなくなると思います。

裸の人生は、楽しいですよ。

仕事やプライベートでなかなか裸になれないなら、テニスくらいは、どうでしょう。

そこから、全てが変わり出すと私は思いますよ。

 

結果が出ない方、なかなかテニスが成長していない方。

私が見て感じるのは、まだまだ自分を守っているな、ということ。

人生なんて、一瞬です。

人と異なること、を恐れていては、志なんて成し遂げられない。

アナタ自身の感覚、をもっと大事にして良い、と私は思います。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う

    「色々チャレンジしてるんだけど、何も身に付かない・・・」と、悩んでいる…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    普通に「勝ちたい」って思っているくらいじゃ、テニスの試合は勝てない

    大事な試合、絶対勝ちたいと思う。でも、それは誰でも考えるし、普…

  3. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの練習も試合も、「居心地の良い場所にいる癖」が付くとテニスの上達は止まる

    毎日テニスの練習、楽しんで出来ていますか?「本当に楽しい!」と…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で負けることは恥ずかしくない、だけど「負けを受け入れられない人」は恥ずかしい

    最近私自身、試合に出ていて感じることがあります。学生よりも、社…

  5. テニス メモ

    メンタル

    自分の限界は、言葉一つで超えられる

    今年も、思い返せば自分なりに、たくさんの記事を更新して来ました。…

  6. テニス リーダー

    メンタル

    闘志や意地を感じられない選手のテニスは、大事な試合で応援してもらえない

    皆さん、テニスを自分でプレーするだけでなく、応援する機会も多いはず。…

コメント

    • まこと
    • 2019年 7月 03日

    度々、購読させていただいております。
    テニス歴一年ですが、大変共感いたします。ブログありがとうございます。
    しじゅう過ぎから、テニスを始めて、なんとか、シングルス企業団体戦で、勝てるくらいになりましたが、スクールでも、テニスオフでも、初心者なのにガチでやるから、浮きまくりました。つらかったです。
    テニス前半半年は、センターフラットサーブのみ、一番難しいサーブを、続けました。フラット七割入るようになってから、回転系サーブへ。色々言われまたが、今では、サーブは、一番の武器です。がんばって150kmくらいかな。
    短い人生、テニスくらい、我を出してもいいかも?私に負けたベテランさんは、大体険悪になるけど、仕方ないね。
    また、購読続けます、ありがとうございました。

      • tomita
      • 2019年 7月 03日

      コメントありがとう御座います!
      私の周りやこのサイトの読者の方の中にも、年齢を重ねられてからテニスを始めた方、そこから試合で頑張っている方がたくさんいらっしゃいます。
      サーブに対する考え方、すごく良いと思います!
      何よりご自身でしっかりと考えられて、決断してやり切る姿勢、これからも凄いスピードで上達されていくことと思います。
      そのお力になれるように、T-PRESSもより精進していきますので、ぜひ今後も宜しくお願いします!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手…
  2. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    「テニスのシングルスの試合でドロップショットを活かす」打った後のポジショニング5…
  4. シングルス

    シングルスで疲れてきた時こそ、球筋を上げよう
  5. テニス 気付き

    水分補給

    「今年も夏本番!」部活のときに、みんなで実践したい熱中症対策4つ
PAGE TOP