テニス メンタル

メンタル

自分のことを疑うのは、試合前まで

準備、の大切さ。

何度も書いて来ましたし、その中で「自分への疑い」を見つけては潰し・・・を、みなさんも実践して来たと思います。

試合前って、自分を信用しないで、準備する。

でも、それは試合前まで、にしましょう。

試合が始まったら、自分を疑うことから一気に切り替える。

この切り替えって、テニスの試合では大事です。

 

自分のことを疑うのは、試合前まで

 


 

1.準備は全て、疑いから

「サーブが入らなかったら、どうしよう」

「フォアハンドの調子次第で、どう戦うか・・・」

こんな心配ばかり、ですよね。

試合前はみなさん、どこかに不安を抱えている。

そして、その解消に努める。

でも、不安が全て無くなってコートに立てること、なんて無いと思っておいた方が良い。

だって、始まってみないと分からないことも多いですから。

 

2.試合が始まったら、もう「自分のこと」は終わり

出来るだけの準備をして来たら、後はもうやるだけ。

自分を信用して、完璧は求めない。

私はいつも、こんな感じです。

自分のことはもう、試合が始まったら優先順位としては低め。

むしろ、相手のことですよね。

初めて試合をする相手、の場合には相手がどんな選手なのは分からないですから。

自分を信用して、相手について考える、観察する。

これで良いと思いますよ。

 

3.試合中に不安になる人は、どうすれば良い?

どこか、試合前に準備が足りないんだと思います。

サーブの調子が悪かったら・・・何とかなるか、と。

この何とかは、大抵なんともならないです。

実際にグリップや打点をどう変えるのか、ダブルスならどう前衛を使うのか。

具体的に考えておかないとダメ。

具体的に考えておいて、初めて試合で使えるし、アナタ自身の助けになる。

試合中に不安になる人は、自分への疑いを中途半端にしている人。

何とかなる、と思って出来なくて、不安に陥っているだけなんです。

 

4.試合が始まったら、自分は出来ると信じること

これも、なかなか出来ないんですけどね。

試合が始まったら、自分は出来る、強いと思い込むこと。

いきなり試合で強くはなれないですけど、疑いが晴れて迷いが無いプレーは、出来る。

これが出来れば、実力は出ていると思って良いでしょう。

それで負けたら、もうしょうがない。

疑いを持って準備して、試合では迷い無くプレーする。

これだけでも難しいですから、テニスは。

まずそこを目指して、一緒に考えてみませんか?

 

なかなか出来ることじゃないでしょう。

普通逆なんですよね。

試合前まで楽観的で、試合が始まったら悲観的になる。

試合に勝ちたければ・・・どっちを先にするのか。

ぜひ、みなさんも考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. メンタル

    自分にはテクニックがある、と本当に思ってる?

    自分のテクニックに自信がある人。これは、試合で良くも悪くも、大…

  2. テニス 部活

    メンタル

    対戦相手のテニスと人格は、切り離して考えることが一番

    テニスの試合って・・・正直、「ムカつく相手」とも試合しないといけない。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「声を出してうるさい相手」ほど、黙らせれば楽に勝てる

    テニスの試合、どの会場にいてもうるさい選手はいる。声を出して試…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?

    私は、カミングアウトさせてもらうと非常に見栄っ張りです。いつも…

  5. メンタル

    競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ

    テニスの試合がどうも苦手、踏み切れないという方。その理由の大き…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「弱い時に、強い」テニス選手になろう

    新しいことには、パワーが要る。それに、ちょうど新しいことをや…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で
  2. テニス 指導

    練習メニュー

    試合から逆算する、のが練習の本質です
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が…
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「リターンをサイドアウトさせてこそ」前衛の勝利と考えよう
  5. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ
PAGE TOP