テニス 読書

メンタル

自分の身の周りの整理整頓が出来ない人が、縦23.77m、横10.94mのテニスコートを整理出来る訳が無い

職場では机の上が書類だらけ。

家ではタンスの中身がぐちゃぐちゃ・・・。

学生のみなさんなら、部室を見れば一目瞭然。

そう、テニスの実力と自分の身の周りの整理整頓、には相関関係があると思っています。

だって、普通に考えて・・・そうは思いませんか?

 

自分の身の周りの整理整頓が出来ない人が、縦23.77m、横10.94mのテニスコートを整理出来る訳が無い

 

1.凡事徹底こそ、テニスの基本

テニスは個人競技。

ですが何度も書いてきたように、練習は一人では出来ません。

人と一緒に、何かを作り上げていくスポーツなんです。

だからこそ、「自分のことはしっかり、自分で責任を持って行う」という姿勢が選手には必要。

身の周りの整理整頓、この小さいことこそ、実はその人の選手としての本質を現している。

凡事、とは「いつも通りの日常の中の、ささいか仕事」だと私は思っています。

整理整頓も、大事な凡事。

これを徹底出来ない人は、きっとテニスの試合でも結果を出していくのは難しいでしょう。

 

2.意外と多い、「探し物が見つからないで遅刻」

これは、実は多いんですよ、テニスの大会で。

いざ試合の朝、出発しようと思ったら定期が無い、家の鍵が無い・・・。

電車に乗ってもシューズを忘れたことに気付き、もう戻る気力も無いから棄権で良いか・・・と。

整理整頓が出来ていないと、こういう危険性だってあるのがテニスの試合、です。

ちょっと表現が大げさだったかもしれませんが、それくらい、整理整頓が出来ていないということはアナタ自身が「トラブルの種」を自分ではらんでいるということ。

この危機感が無い人は、自己管理能力が必要なテニス選手に向いていないと言わざるを得ません。

 

3.テニスの試合とは、身の周りを整理していくこと

テニスの試合、これも一種の整理整頓でしょう。

最初は何も分からない状態から、色々なことが発見されてくる。

目に見えること、見えないこと、その情報を整理して、自分が行動に移していく。

テニスの試合に勝てない人は、きっと目に見えないだけでコートの上がゴミでグチャグチャなんですよね。

情報が錯そうし、自分で整理出来ていないから何をやって良いのか分からない。

整理整頓が出来ている人は、必要な情報だけ見えて自分の武器もサッと取り出せえる。

何か起きても、慌てない。

これって、メンタルが強い・・・と、周りの人からは映るでしょうね。

ただただ、凡事を徹底しているだけ、なのに。

 

間違いなく、キレイです。

試合をしっかり勝ち上がって、周りの人から尊敬されているような選手のバッグの中身、部屋はキレイに片付いている。

きっと特別なこと、じゃないんでしょうね。

整理整頓していることが、当たり前。

小さいこと、日々の日常こそ、アナタのテニスの上達には欠かせない要素を含んでいるはず。

試合に勝てない、結果が出ないと悩んでいる方は、まず身の周りの整理整頓から始めてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「どうしても頑張りきれない」ときには、誰かの為にと頑張ってみる

    テニスの試合は、厳しく辛い。負けてくるとコートから逃げ出したく…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    何かを信じ切っている人に、アイデアは生まれない

    いつの間にか、知らないうちにこうなっている。方も実は多いと思い…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    「自分がやりたいプレー」より「相手が嫌がるプレー」を選択の基本線に

    テニスの試合って、他のスポーツよりも心理戦、の要素が強いと思う。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて、能動的か受動的かは大きな実力差になる

    テニスというスポーツは、上達に個人差が大きい。色々なスポーツ、…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    「テニスの団体戦も、結局は個人競技?」いいえ、違います!

    テニスの団体戦、皆さんは経験したことがあるでしょうか?高校生の…

  6. メンタル

    自分の壁を感じる力、でしか成長出来ない

    みなさんは、最近ご自身の課題、壁を感じたことはありますか?結…

特集記事

  1. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?
  2. テニス 雑記

    日々の雑記

    2018年1月~3月で、最も読まれた記事TOP10
  3. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・
  4. 戦術

    弱いから負けたんじゃない、挑戦したという事実だけ
  5. テニス サーブ

    シングルス

    初めてのシングルスの試合で、準備したい4つの基本戦術
PAGE TOP