テニス メンタル

メンタル

調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?

試合の序盤に、自分の調子が悪いと感じる。

問題は、そこからです。

そこからどう調子を、自分の中でコントロールしていくのか。

調子が悪いのに、どんどん自分で自分を追い込んでしまうような人が多い。

これって、もったいないですよ。

 

調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?

 

1.調子が悪いときこそ、楽しまないと

試合ですから、試し合い。

調子が悪いと感じたら、アナタ自身どう自分のメンタルをコントロールするのかを大事にしたい。

落ち込んでいるような素振りを見せると、相手は調子付いてしまう。

私は、そんなときほどあえて意識するようにしています。

だって、相手には分からないことも多いと思いませんか?

アナタ自身の調子がどうか、なんて。

 

2.「調子が悪そう」オーラは、損をするだけ

みなさんも試合をしていて、やりやすいのって「調子が悪そうな相手」じゃないですか?

ミスが速くて首をかしげて、いつでも不満そうな顔をしてばかり。

こういう相手には、自分から攻撃していきやすいし、プレッシャーも感じない。

試合しながら、「勝ったな」と思って勢いに乗って来るような試合になる可能性が高いでしょう。

正直、初めての対戦なら相手の調子が良いかどうか、なんて分からない。

少なくとも、自分で調子が悪い素振りは見せない。

これだけで、だいぶ違うと思いませんか?

 

3.調子が悪くても、崩れない部分を作っておく

「難しいよ、そんなの」と思わずに、考えて欲しいんです。

調子が悪くても、変わらない部分はどこなのか。

変わらない部分を、自分で作っておかないとダメですよ。

例えば私なら、「ネットに出る」という行為は止めない。

ボレーの調子が悪くても、前に出る。

前に出てプレッシャーをかけることは、どんなに調子が悪いと自分で感じていても、止めることは無い。

だって、自分の核となる部分ですからね。

この部分だけは、調子に左右されないと考えておくと、すごく強気に出れる。

そうは思いませんか?

 

4.調子が悪いときにこそ、自分を励ましていかないと

テニスは孤独な闘い。

調子の悪い自分、を励ましていけるのは、これまた自分だけです。

それなのに、みなさん簡単に自分を諦めるんですよね。

コイツはもう、ダメだと。

それってすごく、もったいないし悲しい話ですよ。

調子が悪い自分、を自分で追い込んでも仕方無い。

その選手と、一緒に戦っていくしかないじゃないですか。

シングルスの試合なら、なおさらそうです。

 

調子が悪いときって、本当落ち込みますよね。

それは、ただ単に感覚の問題なのか、または体調が本気で悪い時もあります。

大事なのは、自分で自分を苦しめないこと。

変わらない部分を作っておいたり、励まし方を考えておいたり。

事前に出来る準備は、結構たくさんあると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる根源がある

    昔ジャパンオープンのお手伝いをしていた頃、ある選手が口にしていた言葉を…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です

    学生の皆さんも、社会人の皆さんも。テニスについて考える、悩む時…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?

    テニスは残酷なスポーツ。シングルスで結果が出なければ、全て自分…

  4. テニス メモ

    メンタル

    メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?

    皆さんも試合中、チェンジコートで自分のメモを見返したりする機会、あると…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    冬の時期に意識したい「気温が低い時期のテニスの試合」で、気を付けておきたい4つのこと

    今年は暖かい冬と言われていますが、まだまだ寒い時期でのテニスの試合は多…

  6. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合の中で、「自分にとってラッキーなポイント」があった後こそ、冷静な自分に戻ろう!

    テニスの試合は、色々なポイントがある。相手のダブルフォルトや、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある…
  2. テニス 前衛

    テニス知識

    将来テニスの指導者になりたい人は、「言葉」にして発信していこう
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、球速が遅くても決まるコースが必ずある
  4. テニス 準備

    戦術

    テニスの試合で相手にやられること、失点することは、悪いことじゃない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!
PAGE TOP