ボレー

ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が足りない

ボレーがどうしても、アウトしてしまうことが多い方は、準備に問題がある。

自分が思っている以上に、ラケットって上に準備するのは難しいんですよね。

上からしっかり抑えの効いたボレーを打つには、準備の位置はかなり神経質になりましょう。

打点に対して30cm上、が基本です。

 

ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が足りない

 


 

■低い位置のボレーも、30cm上から打点に入るのが基本

低い位置のボレーも、基本は同じです。

打点に対して30cmくらい上から入って、その時に少しボールの下を触るからまっすぐ飛んでいく。

最初から低い位置のラケットをセットしていると、当たりが良すぎてバーンと飛んでアウトする。

高い打点でも同じです。

高い打点のボレーほど、しっかりラケットを上に準備しましょう。

 

■ボレーがアウトするのは、必ず理由がある

結構聞かれるケースが多いのですが、ボレーがアウトしてしまう理由は様々です。

・グリップを強く握り過ぎ

・ラケットが横振りになっている

・身体が突っ込んでいる

・手首でこねている

こういった問題は根本から解決が必要ですが、難しいのがラケットの準備の位置。

まだまだ、打点の高さにラケットをセットしている人が多い。

これだとしっかり下方向に飛んでいく、抑えの効いたボレーが難しくなります。

 

■脇をしっかり空けると、自然にラケットは高く準備出来る

お勧めは、しっかり脇を開けて準備すること。

ボレーが窮屈な人は、肘が身体にくっついてしまっていて、力が入っている。

リラックスすると、肘と身体の間は、ボール1個分は空くはずです。

ハイボレーなら、もっと空ける。

しっかり自分の肘の位置を確認すると、伸びのあるふかさないボレーが打てるはずです!

 

何度も書いてきましたが、ボレーを飛ばす力は腕力じゃない。

大事なのは上を向いたラケット面と、打点に入っていくラケットの角度です。

この法則を、ぜひ自分の中で感覚として掴んで欲しい。

いつもの練習で、明確に何かを変えて試行錯誤してみましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバランス感が大事

    テニスでは、他のスポーツほど「フェイント」に対する意識が低い。…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!

    ダブルスの試合で、私が一番嫌だったこと。それは、「相手の前衛が…

  3. テニス 技術

    ボレー

    テニスの試合では、強力なスマッシュが打てなくても、「ロブ対処上手」にはなれる!

    強いスマッシュが打てないと、ネットに出れない?それは誤解です。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう

    試合の中での、ハイボレーの踏み込み足。これを、しっかり上げてい…

  5. テニス ダブルス
  6. ボレー

    つなぐボレーで攻撃していく、コツは簡単

    つないでいるのに、強い。攻撃的にプレー出来ている人は試合でも強…

特集記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ
  2. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけてはいけない
  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    相手がネットに出て来ているのに、「後ろ足体重でベースラインからストローク」で粘る…
PAGE TOP