テニス ダブルス

その他

テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです

皆さんは、団体戦などでベンチコーチに入った経験、ありますか?

通常テニスの試合では、アドバイスはコーチングとして禁止されていますが、団体戦ではチェンジコートの際のコーチングは許可されている。

高校生、大学生の方ではこれから経験する人も多いでしょう。

私が考える、良いベンチコーチ像ってシンプルです。

 

テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです

 


 

■選手にしっかり、「やるべきこと」をしゃべらせよう

あれこれ説教っぽく言っても、逆効果。

選手は必死で頑張って、疲れてベンチに帰って来るのに、そこでアナタがまくし立てても意味が無い。

むしろ、選手自身にしっかりしゃべらせることの方が大事。

「この試合、テーマは何だったっけ・・・?」

「想定通り、試合進んでる?」

など、選手に語りかけるように、寄り添うように聞いてみましょう。

 

■自分の口から出た言葉は、自分で実行できる!

例えば「ミスが速いから、もっと粘ろう!」と伝えても、選手からしたら粘れない理由があるのかも知れない。

自分の口から、「粘らないといけない、その為には・・・」という言葉を引き出すのは、ベンチコーチであるアナタ次第です。

自分でしゃべった言葉には、自分で責任感が生まれる。

自分で前向きな言葉を発する為に、アナタがすべきことは何でしょうか。

まず、相手選手の徹底的な分析、丸裸にすることです。

 

■相手選手のチェックすべきポイントを決めておこう!

もちろん対戦している選手もチェックしますが、ベンチコーチがいる試合では観察力が何倍にもなると思っておいて下さい。

私がいつも、観察しているポイントは・・・

・リターンのグリップ、ポジショニング

・サーブの球種、コース、打った後のポジショニング

・スライスを打つときの癖

・配球の癖(何球目に展開する傾向にあるか)

 

こういったポイントは、予めメモを取っておいて回答を書き込んでいく。

そしてチェンジコートのときに、選手と共有する。

これだけで、戦っている選手はかなり「自分のやるべきこと」が見えてくるはずです。

 

チェックシートは、お勧めです。

どんな項目を確認するのかを決めておけば、試合中に現場でスムーズにアドバイス出来る。

早ければ早いほど、その効果は発揮しやすい。

団体戦で勝ち抜けるチームになる為の準備、一緒にやっていきませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス トレーニング

    その他

    混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる

    通勤通学、テニスを頑張る皆さんはラケットバックを持って移動する機会が多…

  2. テニス 準備

    その他

    テニス部やサークルの後輩に指導するときには、「自分の言葉に説得力があるのか?」を考えてから

    高校生の皆さんは3年生が引退し、主将の代が変わる時期。これから…

  3. テニス 試合

    その他

    「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行為5つ

    テニスの試合会場では、いつもの練習とは違う独特の雰囲気で包まれています…

  4. テニス ボレー

    その他

    「あぁ・・・助かるなぁ」と、試合中に感じた相手のプレーをまとめておくと参考になる

    テニスの試合で、相手に助けられたこと、ありますか?「全く無い!…

  5. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識

    どんな上級者も、初めてテニスの大会にエントリーして出場するときは緊張し…

  6. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長出来ない

    テニスを頑張っている人は、世の中に多い。ですが、本気で自分自身…

特集記事

  1. テニス 確率

    スマッシュ

    壁打ち練習でスマッシュを上手くなる為の、「ロブ対スマッシュの壁の使い方」について…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「選手にとっても、大きな一歩」テニスで足を出すことの意味は、ローボレーに
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう
  4. テニス 怪我

    テニス知識

    急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    もう一度、みなさんの強みは何か?
PAGE TOP