テニス メンタル

その他

自分にとって「慣れて得意になった」と思っている技術ほど、実は改良の余地があるのがテニスです

目次

テニスというのは不思議なスポーツ。

最初は難しいと思っていたことが、だんだん慣れて出来るようになってくると簡単に思える。

でも・・・実は「簡単に出来るようになった」ことが、必ずしも完成形では無い。

実はアナタ自身が「得意」と思っている技術にこそ、まだまだ改良の余地があったりするのです。

 

自分にとって「慣れて得意になった」と思っている技術ほど、実は改良の余地があるのがテニスです

 


 

■自分の「苦手」にばかり、意識がいってはいないか?

日本人の特性かも知れませんが、「苦手」な部分を改善することに意識を向けることが多い。

もちろん、これも正しい考え方です。

現代テニスではオールラウンドな技術が求められるので、明らかな弱点があったら試合で勝てない。

ですが・・・アナタ自身が「得意」と思っていることは、どうでしょうか?

普段の練習で、どの程度改善しよう、もっとよくしようと取り組めていますか?

 

■「フォアハンドストローク」に悩んでこそ、一人前

最初は皆、バックハンドストローク、バックハンドボレー、に悩みながらテニスを練習していく。

簡単になった、と思える技術ほど、他の人と比べるとまだまだなんじゃないか。

もっと上達出来る余地があるんじゃないか、という視点を持ってみるのは大事です。

例えばフォアハンドストローク、テニス歴が長い人ほど悩んでいる方、多いんじゃないでしょうか?

その悩み、実は大正解。

きっと上達する選手ほど、真摯に愚直に、シンプルな技術を工夫してるんですよね。

■テニスにおいて、先入観ほど怖いものは無い

テニスを続けていれば、嫌でも自分の中で「先入観」が生まれてきます。

「身長が高い人は、サーブが得意」

「身長が低い人は、すばしっこくて粘り強いストロークが武器」

これって、本当にそうですか?

実は慣れていると思っていること、がまだまだ一番、伸びていく技術だったりします。

勝手に自分自身で得意、身に付いた、と決めつけて壁を作るのはもったいない。

試合で勝てる選手になるのには、大きな阻害要因になるでしょう。

 

アナタ自身、一度頭をまっさらにして、テニスと向き合ってみて下さい。

きっと新しいテニス、開拓出来るはず。

周りに聞いてみても、面白いですよ。

自分が思っている弱点、が実は相手にとっては嫌な武器だったり、その逆もあると思います。

だからテニスは、面白いんですよね。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス コントロール

    その他

    一人のテニス選手として、「自分に対する批判」に、しっかり目を向けていこう

    皆さん、自分自身に対する「批判の声」について、最近は耳にしたことはあり…

  2. テニス ミーティング
  3. テニス メンタル

    その他

    みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。この度、みなさん…

  4. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合力は、「アルバイトでも鍛えられる!」部活やサークルとの両立は、オススメです

    部活やサークルでテニスを頑張る、試合でも勝ちたい・・・。そんな…

  5. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく
  2. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく…
  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のは全てのスポーツの基本
  4. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から
  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは、絶対にファーストサーブより遅く打たないといけない?
PAGE TOP