テニス ダブルス

ダブルス

勝てないダブルスペアほど、大事な部分をお互いに任せられない

ダブルスの試合を見ていて、感じること。

ダブルスのパートナー、しっかりお互いに任せられているかどうか、が大事になってくる。

でも、それをしっかり出来ているペア、って本当に少ないんですよね。

ダブルスは2人いる。

でも、責任感を持ってパートナーに任せる、という意識は大事ですよ。

 

勝てないダブルスペアほど、大事な部分をお互いに任せられない

 


 

1.チェンジプレーが良い例

例えば。前衛がポーチに出る、そのままチェンジしていくようなプレー。

サーブの時には、必要ですよね。

この思い切ったプレー、が出来ない人にはある特徴があります。

それは、「パートナーを信用し切れていない」というところ、なんですよね。

パートナーを信用していないから、任せられない。

前衛なら、ストレートを任せて捨てる、ということが出来ない。

この問題は、実に深刻です。

 

2.任せていけば、道は拓けていく

とにかく、パートナーを信頼する。

良い意味で、安易に助けにいかない。

事前に話していた内容、チェンジするならする、しないならしない。

この「チェンジしない」というのも、立派な戦術ですからね。

ストレートロブ、をすぐにチェンジしたがる後衛、はちょっとお節介。

もっとパートナーを信頼して、任せてスマッシュを打たせる。

それでミスしても、相手はそっちの方が嫌なはずです。

 

3.ダブルスは2人で頑張る?その前に・・・

各自が、しっかり自分の持ち場で頑張る。

コンビネーションプレーは、複雑な動きのようで、実はやっていることはシンプル。

担当するエリアを変える、だけですからね。

エリアが変わるだけで、あとはしっかり個人で責任を果たしていかないと。

2人で頑張る、というニュアンスは怖い。

誰かを助けながら、助け合いながら、というおかしな美徳に陥りがちですからね。

 

4.成長したければ、すべては本音で話すところから

きっと、ダブルスに限ったことではない、でしょう。

成長したければ、しっかりパートナーと話すこと。

これしか無い、と私は思いますよ。

うわべだけじゃなくて、本当に自分たちは勝ちたいのか、何が必要なのか。

お互いに任せ合ってなれ合ってしまっている部分、を解消させていく。

時には、厳しい意見を言い合うこともあるでしょう。

厳しいですが、それを抜きにして私のヒント、をいくら読んでも強くなるのは難しい。

話せば、道は必ず拓けます。

 

パートナーを信頼する、任せる。

そして自分も責任をしっかり果たしていく。

やるべきことは、シンプルにこれだけです。

そのうえで、しっかり話していくことが大事でしょう。

断言します、ここを変えれば、まだまだ強いダブルスペアは作れます!

ピックアップ記事

  1. その練習を、疑おう
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. ダブルス

    後ろをカバーしてもらえるのは、ド詰め出来た前衛だけ

    ダブルスの試合で、攻守のメリハリが無いペア。こういうペアは、な…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

    早速、今回頂いたアンケートの中から少しだけ。ベテラン、シニアのみな…

  4. ダブルス

    並行陣で上を攻撃されるのが怖いペアは、後衛のポジションで調整しよう

    ダブルスの試合、並行陣でロブに弱い。これは、試合では致命的な弱…

  5. ダブルス

    パートナーがダブってばっかり、その時前衛にいるなら…?

    「もう…何だよ!」と、心の中で怒っているだけ?ですか?こうい…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で2バックの陣形から、「浅いボールに対しては2人で一気に」前に出て攻撃していこう!

    ストロークが得意な選手がペアを組んだり、相手のサーブが強力なときには、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 構え

    練習メニュー

    「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「振り抜いた後に、最後は惰性」が切れ味鋭いストローク
  3. 戦術

    試合では、いかに相手に「良い形でプレーさせないか」を考えよう
  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で必要な、「ワイドへのサーブとシンプルなボレー」の組み合わせは、…
  5. テニス ストローク

    戦術

    売られた喧嘩を、安易に買ってはいけない
PAGE TOP