テニス ロブ

ロブ

攻撃的なトップスピンロブを打つなら、腰の高さくらいの打点がベスト

試合の中で、しっかりトップスピンロブで攻撃していくとき。

もしかして、みなさん低い打点から打ってたりしませんか?

これって、大きなミスの要因、になるので注意が必要。

腰の高さ、一番自分がベストな攻撃的な打点、のときこそ、トップスピンロブも有効なんです。

 

攻撃的なトップスピンロブを打つなら、腰の高さくらいの打点がベスト

 


 

1.ロブが有効なのは、どんなとき?

まず、ここから考えてみましょう。

アナタ自身、打たれる側の立場になって考えてみる。

ロブが有効なのは、どんなときか。

良い精度のロブが上がったとき?本当にそうですか?

きっと、「ここはロブは無いだろう」と思ったときに打たれるロブ、が一番大変だと思うんです。

相手が打ってくる、普通に足元をケアしているようなときに、ロブを打たれるからたまらない。

アナタ自身、目指すのはこの絶妙なタイミングと、相手への打つ前の構えの見せ方です。

 

2.腰の高さの打点は、普通強打を想定する

そうじゃないですか?

相手がストローク、腰の高さでボレーヤーに向かって打ってくるとき。

足元を狙っている、ような構えに見えるのが自然。

ロブ、という言葉が、頭から消えそうになるんですよね。

そこで、フッとトップスピンロブを、同じ構えから打てる。

これが、攻撃的なロブの基本的な考え方、です。

やられたら、たまらないですよ、コレ。

 

3.トップスピンロブは、普通の打ち方に近くて良い

実際に試合で使えるロブは、ほぼストロークに近い感じで良い。

アナタ自身のスピンストローク、の軌道を上げた形だと思ってください。

つまり、ほとんど変わらないはず、なんです。

打ち方も、構え方も一緒。

打つ瞬間に、ちょっとフォロースルーを前に出さない、上方向に抜いていくようにして回転量を多くする、だけでトップスピンロブは完成です。

こういう準備をしておくと、試合でも相手にばれない。

ポイントは、もう取ったようなもの、です。

 

4.ロブを日常茶飯事ショット、に変えていこう

私なんて、3球に1球はロブ、です。

これくらい、日常で使うショットにしておく、練習で使っておく。

試合でいきなりロブ、打とうと思ってもそりゃミスしますよ。

緊張感も違うし、何よりロブがアナタ自身の「特別なショット」になっているわけですから。

もっともっと、日常茶飯事ショットに変えていく。

腰の高さ、で打てるような場面でこそ、そのロブを使っていく。

これほど嫌な相手、はいないですからね。

 

まとめると、腰の高さで打てると相手をだませる、それから精度の高いロブも打ちやすいですからね。

トップスピンロブ、攻撃的に変えていきましょう。

それだけで、ダブルスの試合でもシングルスの試合でも、かなり戦いやすくなるはずです。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう

    相手の特徴をよく観察して、試合の作戦を決めていく。出来る限り失…

  3. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブで抜いて、その後ポイント取れてますか・・・?

    よく、ダブルスの試合でこんなペア見かけませんか?ロブは上手くて…

  4. テニス フットワーク

    ロブ

    試合で相手に効くロブは、精度よりも〇〇が大事!

    ロブについて、皆さんどんなイメージですか?ベースラインから、相…

  5. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

    ロブの重要性、何度も書いてきましたが・・・なかなか試合で使えない。…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!

    毎日色んなショットを練習しているだろうが、ロブの練習はどれくらいやって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    「このテニス選手、もったいない・・・」と私が感じるときは、こんなプレーを観たとき…
  2. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう
  3. テニス メンタル

    ロブ

    テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ
  4. 戦術

    戦いの前には、やることを絞る
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「劣勢のときこそ、焦ってはいけない」その理由5つ
PAGE TOP