テニス ロブ

ロブ

攻撃的なトップスピンロブを打つなら、腰の高さくらいの打点がベスト

目次

試合の中で、しっかりトップスピンロブで攻撃していくとき。

もしかして、みなさん低い打点から打ってたりしませんか?

これって、大きなミスの要因、になるので注意が必要。

腰の高さ、一番自分がベストな攻撃的な打点、のときこそ、トップスピンロブも有効なんです。

 

攻撃的なトップスピンロブを打つなら、腰の高さくらいの打点がベスト

 


 

1.ロブが有効なのは、どんなとき?

まず、ここから考えてみましょう。

アナタ自身、打たれる側の立場になって考えてみる。

ロブが有効なのは、どんなときか。

良い精度のロブが上がったとき?本当にそうですか?

きっと、「ここはロブは無いだろう」と思ったときに打たれるロブ、が一番大変だと思うんです。

相手が打ってくる、普通に足元をケアしているようなときに、ロブを打たれるからたまらない。

アナタ自身、目指すのはこの絶妙なタイミングと、相手への打つ前の構えの見せ方です。

 

2.腰の高さの打点は、普通強打を想定する

そうじゃないですか?

相手がストローク、腰の高さでボレーヤーに向かって打ってくるとき。

足元を狙っている、ような構えに見えるのが自然。

ロブ、という言葉が、頭から消えそうになるんですよね。

そこで、フッとトップスピンロブを、同じ構えから打てる。

これが、攻撃的なロブの基本的な考え方、です。

やられたら、たまらないですよ、コレ。

 

3.トップスピンロブは、普通の打ち方に近くて良い

実際に試合で使えるロブは、ほぼストロークに近い感じで良い。

アナタ自身のスピンストローク、の軌道を上げた形だと思ってください。

つまり、ほとんど変わらないはず、なんです。

打ち方も、構え方も一緒。

打つ瞬間に、ちょっとフォロースルーを前に出さない、上方向に抜いていくようにして回転量を多くする、だけでトップスピンロブは完成です。

こういう準備をしておくと、試合でも相手にばれない。

ポイントは、もう取ったようなもの、です。

 

4.ロブを日常茶飯事ショット、に変えていこう

私なんて、3球に1球はロブ、です。

これくらい、日常で使うショットにしておく、練習で使っておく。

試合でいきなりロブ、打とうと思ってもそりゃミスしますよ。

緊張感も違うし、何よりロブがアナタ自身の「特別なショット」になっているわけですから。

もっともっと、日常茶飯事ショットに変えていく。

腰の高さ、で打てるような場面でこそ、そのロブを使っていく。

これほど嫌な相手、はいないですからね。

 

まとめると、腰の高さで打てると相手をだませる、それから精度の高いロブも打ちやすいですからね。

トップスピンロブ、攻撃的に変えていきましょう。

それだけで、ダブルスの試合でもシングルスの試合でも、かなり戦いやすくなるはずです。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

    相手がロブを打って来て、とっさに判断出来るかどうか。ネットプレ…

  2. テニス フットワーク

    ロブ

    ロブを打つ時のテイクバックの癖を無くせば、もう立派な「ロブ名人」です

    凄いショットがある訳じゃないのに、試合で強い人。こういう人は、…

  3. ロブ

    ロブの精度の見極め、職人技にまで極めよう

    自分、または自分のパートナーが打ったロブ。このロブが、良いのか…

  4. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

    試合で使える、良い攻撃ってどんなイメージでしょうか。ダブルスの…

  5. ロブ

    中途半端なロブケア、一番ダメ

    ダブルスの試合をしていて、特に女子ダブルスで感じること。前に…

  6. ロブ

    リターン1発目にストレートロブ、で分かることは?

    ダブルスの試合の、最初のリターン。デュースサイドで、みなさんな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です…
  2. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない
  3. テニス ドロップショット

    ボレー

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方
  4. テニス 打点

    ボレー

    ボレーは意外と、身体の近くばっかり
  5. テニス ダブルス

    戦術

    憧れから、参考へ
PAGE TOP