テニス 構え

ロブ

アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法

試合の中で「ロブ」、上手く使えてますか?

ダブルスの試合では、ロブを上手く使えないとどんどん前にポジションを取られて苦しくなる。

「何となく」で打っている限り、アナタのロブは変わりません。

そう、変えたいなら発想から。

あえて「こういう場面」で打てると、試合では効果的です。

 

アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法

 


 

1.アナタがやられて嫌なロブ、はどんなシチュエーションだろう?

まずは、「打たれる側」として考えてみて下さい。

アナタ自身、ロブを打たれて嫌だな・・・と思うのは、どんなときか。

それは、「まさか、ロブが来るとは思わなかった・・・」ような場面、じゃないですか?

いかにも、という場面でロブを打っても、スマッシュで打たれて終わり、がテニスの試合。

「え?ここで・・・ロブ?」というショットに出来れば、もう試合は勝ったようなモノ。

相手は最後まで警戒して、ネットと距離を取らざるを得ないでしょう。

 

2.「え?ここで・・・?」というタイミングは、どこだろう?

ズバリ、ストローク側が「前に踏み込んだとき」です。

しっかり打って来る、パッシングショットが来る!と思った瞬間にロブ、だから相手は予測できない。

そもそも、ロブって後ろ足体重で苦しい、深いボレーで返球が難しいときの「最後の悪あがき」で打つ人が多いじゃないですか。

それだと、相手は怖くもなんともない。

余裕があるのに、あえてロブ、だから怖い。

そして、その精度の高さにやられていくのです。

 

3.ロブの精度に厳しくなれない人は、試合で勝てない典型例

ロブのコントロール、なんで皆さん無頓着なのか。

しっかりコントロール出来れば、これほどの武器は無い。

でも、何となくで打って、インかアウトか・・・アウトなら「まぁ、仕方無いかな」くらいにしかならない。

ロブの精度に厳しくなれないのは、いつも「苦しい態勢」でしか打ってないから。

態勢充分な状態で打つ、ロブを皆さんしっかり磨いていかないと。

前に踏み込んで、相手を足止めしておいて・・・スッと打つ。

だから試合で、効果的なんですよ。

 

ロブの精度、にもっともっと、こだわっていきましょう。

前に踏み込んだ時、のアナタの雰囲気も大事です。

相手に「パッシング!沈めてくる!」と思わせられるかどうか。

ロブって、その前後の動きや予測、とのせめぎ合い。

何となく、苦しいときにだけ打つショット、からは卒業していきましょうね。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス コート

    ロブ

    オムニコートで踏み込みながら滑るボレーは、安定するけどロブには弱い

    皆さんも、経験あるんじゃないでしょうか?オムニコートで、思い切…

  2. ロブ

    人がロブを打ちたくなる瞬間、には法則がある

    みなさんも試合をしていて、感じることがあるはず。「ロブが来そう…

  3. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

    アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。そのロ…

  4. ロブ

    風が強い中でのロブ、どうやって使おう?

    テニスコートって、高台に多い。そう感じるのは、私だけでしょうか…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイントが獲れる

    試合に有効な「ロブ」という選択。ダブルスではもはや必須、シング…

  6. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く

    見るからに強そう、体格も良い。そんな相手が対戦相手になると、ち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス フットワーク

    ロブ

    試合で相手に効くロブは、精度よりも〇〇が大事!
  2. 練習メニュー

    4月からテニス部に入部してくる、「新1年生向けに基礎的な練習メニュー」を考えたい…
  3. テニス サーブ

    メンタル

    「テニスコートは楽しい場所?」現役選手なら、その考えは甘いかも知れません
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう
PAGE TOP