ロブ

リターンでいきなり トップスピンロブが使える!

目次

最近、ちょっとマイブームなのがこれです。

ダブルスの試合、リターンでのオプション。

以前にも書いたことがありますが、ダブルスの試合でリターンでのストレートロブは絶対に必要。

そこに強気の要素、足してみませんか?

 

リターンでいきなりトップスピンロブが使える!

 


 

1.相手のセカンドサーブ、で打ってみよう!

コツとしては、とにかく「抜こう」と思わないこと。

相手のセカンドサーブ、しっかり引き付けてロブをストレートに打つ。

普通は、スライスロブがオーソドックスですよね。

でも、スライスロブだと相手後衛に追い付かれるし、滞空時間が長いから前衛にスマッシュに打たれることもあるでしょう。

だからこそ、スピンロブ、ナチュラルなスピン回転の軌道低めのロブ、が有効なんです。

難しく考えず、打ってみると世界は変わりますよ。

 

2.トップスピンロブ、じゃなくて軌道高めの普通のストロークで良い

きっと、アナタ自身「難しいんじゃないかな・・・」という先入観がある。

今回紹介した作戦、何もヘビーな回転をかける必要は無い、軌道も低くて良い。

前衛にハイボレー、でつかまっても全然OK、くらいの気持ちで打ちましょう。

意外と、反応出来ないんですよ、前衛って上のボールに。

スピン回転だと、前衛が触れないでバウンドさせてしまうと・・・そのまま伸びて、後衛にカバーも難しい。

相手のセカンドサーブのときには、積極的に狙っていきたい作戦ですね。

 

3.流れを確認してみましょう

まずは、相手のサーバーの打つ位置から確認。

これがサイド寄りだと、ロブで攻めるチャンスです。

相手の前衛もチェック。

サーブのトスアップ後に動くことも視野に入れて、サーブを打つ相手を見ながら前衛も視界に入れて確認しましょう。

結構前のポジションだなと思ったら、もうロブを使うと判断、決断します。

例え、厳しいサーブが来ても・・・。

相手の前衛は動いて来る可能性も高い、ですからね。

ここで低く速いトップスピンロブ、をリターンから打ちます。

難しいですが、多少当たり損なってもOK!結構入ります。

高さは、低めが基本。

ロブというよりも、少し高めにスピンのストロークを打つ感じです。

スピン回転がかかっているので、バウンドさせればもう大丈夫です。

恐らく、サーブを打った後衛はカバー出来ないでしょう。

ぜひ、リターンゲームでリードした場面では使いたい作戦です。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

 



4.相手前衛の「消極的な姿勢」を見極めよう!

特に女性で、草トープレイヤーの中には、「ロブは後衛にお任せ」な人がたくさんいます。

男性でも・・・たまにいますね。

こういう前衛には、今回の作戦は最高に効きます。

だって、ロブだと判断した時点で自分は触らない、後衛にカバーをお願いするような前衛ですからね。

楽に、鴨に出来ます。

これくらいの強気な姿勢、で打っていきましょう!

ストレートロブ、リターンでトップスピンで。

アナタが思っている以上に、この作戦はダブルスを変えますよ。

 

最初は入れようと思って浅くなったり、前衛に触られるでしょう。

でも、根気良く「トップスピンロブ」を意識してください。

いつものストロークを、ストレートに打つくらいのつもりでOK。

アナタのダブルス、特にリターンゲームは間違いなくこれで変わります!

 

YouTubeで公式チャンネルを開設しました!

ぜひ、チャンネル登録頂きご覧さいませ。

T-PRESS YouTube公式チャンネル

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

    試合で使える、良い攻撃ってどんなイメージでしょうか。ダブルスの…

  2. ロブ

    攻めるロブは、あえてクロスに!

    攻撃的なロブ、をしっかり打って攻めたい試合。ダブルスで結構、あ…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    走らされた後のロブ、の深さが大事

    相手に走らされた後に、正確にロブを上げる。この渋い技術が、いか…

  4. テニス ダブルス

    ロブ

    ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?

    ダブルスの試合で、ロブは基本ストレート?確かに、前衛が正面にい…

  5. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

    試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。男性のサービスゲーム…

  6. ロブ

    ダブルスの試合、ストレートロブからのポジショニングの基本について

    ダブルスの試合で、相手をロブで動かしていく。これが出来ない人っ…

コメント

    • よしくん
    • 2017年 7月 03日

    リターンでストレートロブの作戦ですが,確かにうまくいきました.
    特にデュースサイドでは相手の後衛が追い付いてもバックハンドで
    返球なので,こちらの前衛が楽に決めることができました.

    問題は,相手に同じ作戦をされて,こちらはシングルのバックハンドのため
    返球がぐだぐだになってしまいました.

    今回のストレートロブをされた場合の対策をお願いします.

    1.楽にロブに追いついた場合
    2.結構苦しい体勢で追いついた場合
    3.ぎりぎりで追いついて,後ろ向きになった場合.

    状況に応じたアドバイスがあると嬉しいです.

      • tomita
      • 2017年 7月 04日

      コメントありがとう御座います!私なりに、頂いた3パターンで考えてみました。

      1.楽にロブに追いついた場合
      →フォアハンドで回り込んでしまうのが良いと思います。

      2.結構苦しい体勢で追いついた場合
      →苦しいロブは、出来ればノーバウンドでカットして前にいく、くらいの意識で良いでしょう。サーブ&ボレー、の意識があると、ノーバウンドでカットもしやすいと思います。ロブを多用してくる相手には、雁行陣も良いですが並行陣、でたまにプレー出来ると良いと思いますよ!

      3.ぎりぎりで追いついて,後ろ向きになった場合
      →ここまで苦しくなったら、もう高く打ち上げて時間を稼ぐ、味方の前衛に下がるように指示してベースラインでダブルバック、でしょうか。厳しいロブでも、なんとか触ることが大事ですね。触るだけで、相手は僅かながらプレッシャーになるはずです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い
  2. テニス 打点

    シングルス

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い
  3. テニス ダブルス

    戦術

    80点のテニスを、相手と作り上げていくのがテニスの試合
  4. フットワーク

    良いショット、の後に良い〇〇
  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手ストロークを追い込める「深いボレー」に必要な4つの要素
PAGE TOP