ストローク

スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る

スピンストローク、攻撃に最適!

なのはもちろんですが、実は守備にも使えるのがスピン回転のストローク。

スライスでしか守備が出来ない、と思っている人は厳しいですよ。

私は、多少手打ちになっても、スピンで粘る技術って大事だと思います。

 

スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る

 


 

1.試合でどれだけ、良い態勢で打てる?

みなさん、どうでしょう。

ストローク、本当に良い態勢で打てる回数って、どれくらいあると思いますか?

全体の、半分も無いんじゃないですかね。

ほとんどのショットは、相手に走らされたり、または自分から走ってポジションを変えながら打つ機会が多い。

良い態勢でボールの軌道の後ろに入れなくて打つ時、どうするのか?

腕を伸ばしてスライス、だけだと厳しくなるんです。

 

2.相手が前に詰めて来る!

スライスしかないと、こうなります。

シングルスの試合なんか、特に分かりやすいですよね。

追い込まれてスライスしか打てないと、相手は前に出て来てボレー、スマッシュがすごく楽。

楽に打てるのは、「この相手は走らせたらスライスしかない」と分かっているからです。

ここで、スピンという選択肢があると、どうでしょう。

パッシングショットもあるし、足下に沈められることもある。

そう考えると、ネットに出辛くなるものなんですよ。

 

3.前に振れない時には、上に振り抜く

スピン回転のストローク、やっと届いたような時はどうするのか。

そのまま、上方向に振り抜いて前には出さない。

しっかり回転をかけることに集中して、押し込む意識は捨てましょう。

力む必要は、全くありません。

むしろ、脱力していた方が腕はよく伸びる、回転もかかりやすい。

でもこれだと、手打ちになっているように感じる方も、いるでしょう。

ラケットを上に振り抜けば、そこまで手首には負担がかかりません。

良い打ち方、かどうかは置いておいて、必要なショットなんです。

 



 

4.手打ち=悪、ではない

これって、私は先入観だと思いますよ。

良い態勢で入って、下半身を使って打つ、もちろん大事な基本です。

でも、実際の試合ではそんなボールばかりじゃない。

むしろ、少ないですよね。

なので、手打ちのような打ち方で応戦する場面、が絶対に必要になるんです。

その時に、手首や肘を痛めない工夫、意識が大事なんです。

良い態勢で入れない時に、スピンストロークを選択する、上に振り抜く。

私は、かしこい試合の戦い方、対応方法だと思いますよ。

 

5.お勧めの練習法

ストローク同士の打ち合いで、遠くのボールを処理する時。

いつもはスライスだったのを、スピンで打ってみましょう。

当然、最初は上手くいかないでしょう。

慣れてくると、上方向に振り抜いて軌道を上げる、ような感覚が出来て来ると思います。

浅いボール、横に動いてのボール、で良い感触を掴めば試合でも使えます。

手打ちでもOK、ただしリラックスしてボールを押し過ぎないこと、を意識してみましょう。

 

ラケットの真ん中近くで打てれば、ボールは飛んでくれます。

守備=スライスだと、試合では辛い。

スピンでも回転量を多くして、対応出来るように日々練習しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    大事な試合でビビッてしまったときの、ストローク対応策4つ

    皆さんも大事な試合で、経験あるんじゃないでしょうか・・・。どう…

  2. ストローク

    テニスの試合でバックハンドを振りきれない、「スライス依存症候群」に陥ってはいないか?

    試合中、精神的に苦しくなることはよくあること。自分もビビってい…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお勧めです

    テニスのストロークラリーの中で、低いボールが苦手・・・という方も多いで…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインとサービスラインの間のプレーに磨きをかけよう

    テニスの世界では、時に言葉のイメージが先行してしまう。これって…

  5. ストローク

    「スライスは伸びが命」テニスの試合で使える抑えの効いたスライスを覚えよう

    スライス系のショットは「伸び」が武器となる。もともとパワーショ…

  6. テニス 守備

    ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識を持とう!

    テニスの試合でストローク、バンバン調子良さそうに打っていても・・・ふと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「片手バックハンドボレーが安定しない・・・」人は、テニスの試合の中でスロートを持…
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    新年明けましておめでとう御座います
  4. テニス 戦術

    戦術

    「強い選手の対戦では、奇襲からの作戦で勝つ!」格上選手との試合は、テニスコートに…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    全仏オープンを観て感じる、「ベースラインで粘る形」の進歩系について
PAGE TOP