テニス 壁打ち

メンタル

いくら打っても無駄だ…と、相手に思わせれば勝てる

「この試合は、勝ったな」と思える時。

もちろん油断は出来ないですが、ある程度勝利が見えるのはこんな感じの相手、じゃないでしょうか。

こっちが普通に返しているだけで、無理してミスしてくれる。

イメージは、こんな感じです。

 

いくら打っても無駄だ…と、相手に思わせれば勝てる

 


 

1.壁になるイメージ、でちょうど良い

私はいつも、ネットプレーではこんなイメージです。

壁になって、普通に返すだけ。

相手を追い込もうとして、無理なショットは打たない。

壁になる、だけで充分ですよ、試合では。

そこから相手の反応を見て、調整していけば良いんです。

 

2.壁になって入る、で充分

試合に入る時、これを意識したい。

まず、自分は壁になるんだと。

当然、やられるケースもあるでしょうが、やられたらそこから考えれば良い。

ほとんどの負け試合が、ちゃんとラリー出来ないままに、序盤から崩れていく感じじゃないでしょうか?

試合の序盤は、壁になって入る。

そこから、ラリーをしながら相手の特徴を見抜いて、色々と策を講じていく。

この意識だと、気負うことなく試合に入ることが出来るのでお勧めです。

 

3.相手に「無駄だ」と思わせるには、何が必要?

相手に絶望してもらうには、何が必要でしょうか?

まずは、壁になってひたすら返す。

と同時に、相手の厳しい攻撃も拾う、その1本を見せることが大事ですね。

相手のナイスショット、厳しいコースを突いたショットも、何とか走って拾う。

そうすると、相手は「もう、打っても無駄じゃないか・・・」と感じてくれる。

短気な相手なら、それだけで勝手に崩れてくれるでしょう。

どこかで、相手の厳しいショットを絶対に拾う、それが相手に絶望を誘う。

ここまで考えておけば、やる気も湧いて来ますよね。

 

4.スライスというショットは、欠かせない

相手に「打っても無駄」と思わせるのに、必要な球種。

それはやっぱり、スライスです。

打点が遅れても返球出来るし、やっと届いたボールでも山なりにコントロール出来る。

それから、何より自分が時間を作ることが出来ますからね。

しっかりポジションを戻すことが出来るので、ここでもまた、相手は「せっかく攻めても、戻られちゃうな・・・」と絶望してくれる。

スライスでの粘りは、相手にボディブローのようにジワジワ効いてくる。

こういうポイントを、出来れば序盤から相手に見せていきたいですね。

 

相手に、いかに試合を諦めてくれるように仕向けていくのか。

それには、技術とメンタルの準備が必要ですね。

壁になるって、なかなか簡単に出来ることじゃないですから。

毎日の練習から、スライスを使う、最初3往復くらいではミスしない。

日々の意識で、立派な壁は出来上がっていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

    あと少しで、自分の試合が始まる。そんなときに皆さんは、どんな過…

  2. テニス トレーニング

    メンタル

    テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ

    みなさんの周りにも、いませんか?言動に実力が伴っていない人。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスも強い選手は、相手の恐怖心が大好物

    これにのまれてしまうから、試合で勝てない。いや、勝てる雰囲気す…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    取れそうで失ったゲーム、を試合で引きずってはいけない

    客観的に試合を見直してみて、アナタが気付いて欲しい点。それは、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ

    試合に出ていれば、辛いことばかり。テニスを真剣に続けていれば、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    どんなに相手が強敵でも、「人間の力に大差は無い」という意識は大事

    テニスの試合、どうしようも無いくらいの実力者はいる。第一シード…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    大事なポイントでのスマッシュは、打った後も空を見続けよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、いつまで経っても重さが出ない
  4. テニス 戦術

    戦術

    試合に強いテニス選手は、どこかで「一貫性」を持っている
  5. その他

    テニス部のみんながやる気にならないのは、個人ではなく仕組みの問題です
PAGE TOP