テニス 壁打ち

メンタル

いくら打っても無駄だ…と、相手に思わせれば勝てる

「この試合は、勝ったな」と思える時。

もちろん油断は出来ないですが、ある程度勝利が見えるのはこんな感じの相手、じゃないでしょうか。

こっちが普通に返しているだけで、無理してミスしてくれる。

イメージは、こんな感じです。

 

いくら打っても無駄だ…と、相手に思わせれば勝てる

 


 

1.壁になるイメージ、でちょうど良い

私はいつも、ネットプレーではこんなイメージです。

壁になって、普通に返すだけ。

相手を追い込もうとして、無理なショットは打たない。

壁になる、だけで充分ですよ、試合では。

そこから相手の反応を見て、調整していけば良いんです。

 

2.壁になって入る、で充分

試合に入る時、これを意識したい。

まず、自分は壁になるんだと。

当然、やられるケースもあるでしょうが、やられたらそこから考えれば良い。

ほとんどの負け試合が、ちゃんとラリー出来ないままに、序盤から崩れていく感じじゃないでしょうか?

試合の序盤は、壁になって入る。

そこから、ラリーをしながら相手の特徴を見抜いて、色々と策を講じていく。

この意識だと、気負うことなく試合に入ることが出来るのでお勧めです。

 

3.相手に「無駄だ」と思わせるには、何が必要?

相手に絶望してもらうには、何が必要でしょうか?

まずは、壁になってひたすら返す。

と同時に、相手の厳しい攻撃も拾う、その1本を見せることが大事ですね。

相手のナイスショット、厳しいコースを突いたショットも、何とか走って拾う。

そうすると、相手は「もう、打っても無駄じゃないか・・・」と感じてくれる。

短気な相手なら、それだけで勝手に崩れてくれるでしょう。

どこかで、相手の厳しいショットを絶対に拾う、それが相手に絶望を誘う。

ここまで考えておけば、やる気も湧いて来ますよね。

 

4.スライスというショットは、欠かせない

相手に「打っても無駄」と思わせるのに、必要な球種。

それはやっぱり、スライスです。

打点が遅れても返球出来るし、やっと届いたボールでも山なりにコントロール出来る。

それから、何より自分が時間を作ることが出来ますからね。

しっかりポジションを戻すことが出来るので、ここでもまた、相手は「せっかく攻めても、戻られちゃうな・・・」と絶望してくれる。

スライスでの粘りは、相手にボディブローのようにジワジワ効いてくる。

こういうポイントを、出来れば序盤から相手に見せていきたいですね。

 

相手に、いかに試合を諦めてくれるように仕向けていくのか。

それには、技術とメンタルの準備が必要ですね。

壁になるって、なかなか簡単に出来ることじゃないですから。

毎日の練習から、スライスを使う、最初3往復くらいではミスしない。

日々の意識で、立派な壁は出来上がっていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 【大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~15時 にて…
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス 上達

    メンタル

    精神的に未熟な選手は、「緊張感がある場面では必ず無難な選択」しか出来ない

    試合に強い選手、それは「緊張した場面で、最高のプレーが引き出せる」よう…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「時間無制限!」テニスの試合はラストポイントまで続いてくという意識を持って

    テニスの試合に時間制限は無い。さくさく試合が進むと、3セットマ…

  3. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも

    「最近、テニスが楽しくないな・・・」と、感じている皆さん。すごく、…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    試合でリードしているときに新しいことをする、から成功体験を積める

    なかなか自信が持てない、試合で勝てるイメージが持てない人。そん…

  5. メンタル

    勝ちに執着しないと、次のステージは見えて来ない

    テニスの実力で、もう一歩、次のステージに進みたい。そう考えてい…

  6. テニス 練習

    メンタル

    自分で決められる人は、確実にテニスも強くなる

    テニスが強くなる人、それって特別な人?でしょうか?私はそうは思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    その他

    テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている
  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る
  3. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと…
  4. テニス シューズ

    テニス知識

    テニスシューズは、「しっかりメンテナンスすれば長持ちする」ので、しっかり意識して…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分の嘘は、試合でアナタの足を引っ張り続けることになる
PAGE TOP