テニス 壁打ち

メンタル

いくら打っても無駄だ…と、相手に思わせれば勝てる

「この試合は、勝ったな」と思える時。

もちろん油断は出来ないですが、ある程度勝利が見えるのはこんな感じの相手、じゃないでしょうか。

こっちが普通に返しているだけで、無理してミスしてくれる。

イメージは、こんな感じです。

 

いくら打っても無駄だ…と、相手に思わせれば勝てる

 


 

1.壁になるイメージ、でちょうど良い

私はいつも、ネットプレーではこんなイメージです。

壁になって、普通に返すだけ。

相手を追い込もうとして、無理なショットは打たない。

壁になる、だけで充分ですよ、試合では。

そこから相手の反応を見て、調整していけば良いんです。

 

2.壁になって入る、で充分

試合に入る時、これを意識したい。

まず、自分は壁になるんだと。

当然、やられるケースもあるでしょうが、やられたらそこから考えれば良い。

ほとんどの負け試合が、ちゃんとラリー出来ないままに、序盤から崩れていく感じじゃないでしょうか?

試合の序盤は、壁になって入る。

そこから、ラリーをしながら相手の特徴を見抜いて、色々と策を講じていく。

この意識だと、気負うことなく試合に入ることが出来るのでお勧めです。

 

3.相手に「無駄だ」と思わせるには、何が必要?

相手に絶望してもらうには、何が必要でしょうか?

まずは、壁になってひたすら返す。

と同時に、相手の厳しい攻撃も拾う、その1本を見せることが大事ですね。

相手のナイスショット、厳しいコースを突いたショットも、何とか走って拾う。

そうすると、相手は「もう、打っても無駄じゃないか・・・」と感じてくれる。

短気な相手なら、それだけで勝手に崩れてくれるでしょう。

どこかで、相手の厳しいショットを絶対に拾う、それが相手に絶望を誘う。

ここまで考えておけば、やる気も湧いて来ますよね。

 

4.スライスというショットは、欠かせない

相手に「打っても無駄」と思わせるのに、必要な球種。

それはやっぱり、スライスです。

打点が遅れても返球出来るし、やっと届いたボールでも山なりにコントロール出来る。

それから、何より自分が時間を作ることが出来ますからね。

しっかりポジションを戻すことが出来るので、ここでもまた、相手は「せっかく攻めても、戻られちゃうな・・・」と絶望してくれる。

スライスでの粘りは、相手にボディブローのようにジワジワ効いてくる。

こういうポイントを、出来れば序盤から相手に見せていきたいですね。

 

相手に、いかに試合を諦めてくれるように仕向けていくのか。

それには、技術とメンタルの準備が必要ですね。

壁になるって、なかなか簡単に出来ることじゃないですから。

毎日の練習から、スライスを使う、最初3往復くらいではミスしない。

日々の意識で、立派な壁は出来上がっていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    もう一度、みなさんの強みは何か?

    最近、色々と新しい取り組みを開始させて頂きました。いくつか、…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?

    絶対獲りたい1本、試合の中でありますよね。4-4、30-30 …

  3. テニス フェデラー

    メンタル

    「長いラリーのポイントを獲った後」には、声を出して鼓舞していこう

    テニスの試合は、孤独。コートの上では、基本的に一人で戦っていか…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    冬の時期に意識したい「気温が低い時期のテニスの試合」で、気を付けておきたい4つのこと

    今年は暖かい冬と言われていますが、まだまだ寒い時期でのテニスの試合は多…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分のことを疑うのは、試合前まで

    準備、の大切さ。何度も書いて来ましたし、その中で「自分への疑い…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    人から盛り上げてもらえないと動けない、そんなテニス選手は強くなれない

    テニススクールで、よく見ていて思うんですが。コーチが一生懸命、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる…
  2. テニス ミス

    ダブルス

    「ミックスダブルスでは、女性狙いだけでOK?」だと、手堅いベテランペアには試合で…
  3. テニス 名著

    テニス知識

    テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレー強化!」一番力は入らないショットの対策とは?
  5. ストローク

    ストロークで横に流れながら打つ人は、「最後で調節する癖」を無くそう
PAGE TOP