テニス メンタル

戦術

粘りが身上のシコラープレイヤーでも、試合の最初から最後まで粘っていては結果勝てない

今回アンケートにお答え頂いた方の、ご自身のプレースタイルを拝見していると・・・結構、粘りが身上のシコラータイプの選手が多いように感じました。

「でも、粘り切れないんです・・・」というお悩みも多く、どうすれば良いのか教えて欲しいとのこと。

私自身、周りから言われることにヒントがあるような気がしましたので、今回書いてみたいと思います。

「君、シコラーだけど要所では出てくるよね?」と、試合の後に言われることが多い私。

きっと、粘り強い選手のみなさんにも、良いヒントになるんじゃないでしょうか。

 

粘りが身上のシコラープレイヤーでも、試合の最初から最後まで粘っていては結果勝てない

 

1.試合の序盤は徹底して粘る!

まず、これが大事。

試合の序盤から相手に、「今日の相手は、簡単にミスしないよ!」というメッセージを与える。

ちょっと気が弱い選手だと、これでもう折れてくれます。

「うわっ、シコいな・・・」と、気持ちが折れてくれると、すごく戦いやすい。

でも、シングルスでもダブルスでも、強い相手はしっかりラリーを続けてくる、お互いがミスが少ない試合も増えてくる。

試合の序盤に自分が決められる、相手のナイスショットはOK。

自分からは、どちらかと言えば相手のミスを待つ、というスタンスをあえて見せ付ける、くらいで良いでしょう。

 

2.相手の印象付けが終わったら、ネットプレーを入れていく

相手が自分のことを、「シコラー認証」してくれたら、そこからプレーを変えていく。

ネットダッシュ、ネットプレーを入れて相手を揺さぶります。

それも、ラリーの中からと、サービス、リターン、それぞれから入れていく。

「粘るんじゃなかったの・・・?」と思わせるポイントを、少しずつ増やしていく。

そして相手がネットプレーを警戒し出したら、また下がってみる。

こうやって自分からポジションで強弱をつけると、何が起きてくると思いますか?

アナタの動きに、相手が合わせる。

つまりは試合の主導権を、アナタ自身で握れるようになってくるんです。

 

3.相手のミスが増えるとき、それは考え過ぎてくれるとき

要はコレですよね。

粘り勝ちって、よほどの体力が無いと難しい。

シコラー相手にミスを連発するときって、こうやって考え過ぎて結論が出ないとき。

迷い無く打って来られると、どんなに足が速くてスタミナがある選手でも辛いですよ。

相手のミスを増やしていくには、自分が主導権を握ってどんどん迷いの種を撒いていくこと。

ただ粘るだけ、のプレイヤーは、結局相手任せですからね。

それで崩れてくれる相手なら良いですけど、そうじゃないケースは打ち込まれて負けるだけ。

いかに、粘りの中にアクセントを入れていくか、です。

 

4.序盤、中盤、終盤の3つに分けて考えよう!

これは粘るスタイル、以外のどんな選手にも言えると思います。

自分の中で、試合を序盤、中盤、終盤で分けて考える。

そして大まかに、自分がどういう方針でプレーしていくのか、どこで何を入れていくのか、は決めておきましょう。

ダブルスの試合も、細かい部分はさておき全体像を決めておく。

序盤に粘る、またはたくさんの手数を見せておく。

手数を見せるなら、リードしたポイントで、が基本ですよね。

序盤に大きくリードされるのだけは、辛い。

しっかり追い付いていきながら、一進一退。

でも中盤につながるような意識付け、をしっかりしていきましょう!

 

シングルスの試合、ダブルスの試合、ミックスダブルスの試合。

きっと、粘るだけじゃ勝てない試合がほとんどでしょう。

強い相手には、まず守備力が大事。

ですが、攻撃というアクセントを入れないと、ただの受け身になってしまうことは覚えておいて下さい。

アナタがいつも負けているシコラーの選手、きっとこんな感じで考えて試合しているんじゃないですかね。

粘り勝ちって、実は攻勢に出ている勝ち、の試合も多いはずです。

 

【読者のみなさんへ】

お時間のある方は、ぜひ3ヶ月に1回実施させて頂いておりますアンケートにご協力下さい。

(※数分で終わる内容です!)

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. 戦術

    試合では、いかに相手に「良い形でプレーさせないか」を考えよう

    当たり前に思うこと、でもなかなか出来ないこと。自分がどんなに良…

  2. テニス サーブ

    戦術

    自分が認識しているテニスと、周りから見られているテニスは違う

    ふと昨日、テレビを観ていた中で感じたこと。自分のプロフィール写…

  3. テニス 上達

    戦術

    テニスのラリーでは、追い付いてから考えるんじゃなくて、「走りながら考えて結論を出す」ことが大事

    試合慣れしているかどうかって、こういう部分に出ます。決断が早い…

  4. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

  5. テニス スライス

    戦術

    中途半端に浅いボールが、テニスでは一番攻撃されやすいから注意!

    相手に攻撃されやすい人は、それなりの理由がある。自分では一生懸…

  6. 戦術

    コードボールを返球する、その意欲が大事

    この反応一つで、絶対に変わる。試合の中で、1回あるかないか、の…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスはなぜ、残酷な競技なのか?
  2. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」よ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    威力はあるけど安定感が無いストロークは、「ラケットダウン」が出来てない
  4. テニス サーブ

    日々の雑記

    「初心者を大切にしない」テニス界って、最高にダサいと思う
  5. 練習メニュー

    逆転出来る選手になる、とっておきの練習法
PAGE TOP