テニス メンタル

戦術

粘りが身上のシコラープレイヤーでも、試合の最初から最後まで粘っていては結果勝てない

今回アンケートにお答え頂いた方の、ご自身のプレースタイルを拝見していると・・・結構、粘りが身上のシコラータイプの選手が多いように感じました。

「でも、粘り切れないんです・・・」というお悩みも多く、どうすれば良いのか教えて欲しいとのこと。

私自身、周りから言われることにヒントがあるような気がしましたので、今回書いてみたいと思います。

「君、シコラーだけど要所では出てくるよね?」と、試合の後に言われることが多い私。

きっと、粘り強い選手のみなさんにも、良いヒントになるんじゃないでしょうか。

粘りが身上のシコラープレイヤーでも、試合の最初から最後まで粘っていては結果勝てない

1.試合の序盤は徹底して粘る!

まず、これが大事。

試合の序盤から相手に、「今日の相手は、簡単にミスしないよ!」というメッセージを与える。

ちょっと気が弱い選手だと、これでもう折れてくれます。

「うわっ、シコいな・・・」と、気持ちが折れてくれると、すごく戦いやすい。

でも、シングルスでもダブルスでも、強い相手はしっかりラリーを続けてくる、お互いがミスが少ない試合も増えてくる。

試合の序盤に自分が決められる、相手のナイスショットはOK。

自分からは、どちらかと言えば相手のミスを待つ、というスタンスをあえて見せ付ける、くらいで良いでしょう。

2.相手の印象付けが終わったら、ネットプレーを入れていく

相手が自分のことを、「シコラー認証」してくれたら、そこからプレーを変えていく。

ネットダッシュ、ネットプレーを入れて相手を揺さぶります。

それも、ラリーの中からと、サービス、リターン、それぞれから入れていく。

「粘るんじゃなかったの・・・?」と思わせるポイントを、少しずつ増やしていく。

そして相手がネットプレーを警戒し出したら、また下がってみる。

こうやって自分からポジションで強弱をつけると、何が起きてくると思いますか?

アナタの動きに、相手が合わせる。

つまりは試合の主導権を、アナタ自身で握れるようになってくるんです。

3.相手のミスが増えるとき、それは考え過ぎてくれるとき

要はコレですよね。

粘り勝ちって、よほどの体力が無いと難しい。

シコラー相手にミスを連発するときって、こうやって考え過ぎて結論が出ないとき。

迷い無く打って来られると、どんなに足が速くてスタミナがある選手でも辛いですよ。

相手のミスを増やしていくには、自分が主導権を握ってどんどん迷いの種を撒いていくこと。

ただ粘るだけ、のプレイヤーは、結局相手任せですからね。

それで崩れてくれる相手なら良いですけど、そうじゃないケースは打ち込まれて負けるだけ。

いかに、粘りの中にアクセントを入れていくか、です。

4.序盤、中盤、終盤の3つに分けて考えよう!

これは粘るスタイル、以外のどんな選手にも言えると思います。

自分の中で、試合を序盤、中盤、終盤で分けて考える。

そして大まかに、自分がどういう方針でプレーしていくのか、どこで何を入れていくのか、は決めておきましょう。

ダブルスの試合も、細かい部分はさておき全体像を決めておく。

序盤に粘る、またはたくさんの手数を見せておく。

手数を見せるなら、リードしたポイントで、が基本ですよね。

序盤に大きくリードされるのだけは、辛い。

しっかり追い付いていきながら、一進一退。

でも中盤につながるような意識付け、をしっかりしていきましょう!

シングルスの試合、ダブルスの試合、ミックスダブルスの試合。

きっと、粘るだけじゃ勝てない試合がほとんどでしょう。

強い相手には、まず守備力が大事。

ですが、攻撃というアクセントを入れないと、ただの受け身になってしまうことは覚えておいて下さい。

アナタがいつも負けているシコラーの選手、きっとこんな感じで考えて試合しているんじゃないですかね。

粘り勝ちって、実は攻勢に出ている勝ち、の試合も多いはずです。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. 戦術

    ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう

    ダブルスの試合で、相手のペースが速い時。攻撃されて苦しい時には…

  2. テニス 準備

    戦術

    意外と大事な試合で多い、「8ゲームマッチ」の戦い方について意識したいこと4つ

    学生の皆さんの大会でも、一般の市民大会でも意外と多いのが8ゲームマッチ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩

    テニスの試合会場でよく聞く言葉。ダブルスの試合で、ペアと一番掛…

  4. 戦術

    コードボールを返球する、その意欲が大事

    この反応一つで、絶対に変わる。試合の中で、1回あるかないか、の…

  5. テニス ストローク

    戦術

    アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ

    アプローチショット、打って前に出るショット。ネットプレーにつな…

  6. テニス ミス

    戦術

    相手との差を受け入れて、そこからがテニスの試合は勝負開始

    テニスの試合では、どうしようも無く強い相手、と試合をする機会もあります…

特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも、下半身が使えるようになると変わ…
  2. テニス 練習メニュー

    練習メニュー

    リターンダッシュの駆け引きを身に付ける、実戦的な練習メニュー
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    「なぜアナタの前衛のプレーが、サービスキープに繋がらないのか」テニスのダブルスで…
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスにおいて、「仲良しチームから勝てるチームになる」為に必要な、週に一度のミー…
  5. テニス 戦術

    ストローク

    スライスストロークで相手を追い込むには、「相手に背中を向けて肩を入れる」くらいの…
PAGE TOP