テニス ストローク

ストローク

相手のストロークのボールが速く深いときは、「慌てず後ろ足で壁を作る」ことで精神的に楽に返球出来る

格上相手に対して、何が怖いのか。

やっぱり速くて深いストロークで、左右に振り回されるのが怖いですよね。

これは、具体的な対応策が見えないから、怖い。

視点を変えて、実は「やりやすい」と思えるように変えてみませんか?

 

相手のストロークのボールが速く深いときは、「慌てず後ろ足で壁を作る」ことで精神的に楽に返球出来る

 


 

■速くて深いボール、「やり辛い」ですか?

少し発想を変えてみましょう。

速くて深いボール、確かに脅威ではありますが、逆に言えば「相手の力を利用出来る」とも言える。

ボールは深い訳ですから、前には動かなくて良い、さらにボールが速いということはボール自体に力を持っている。

つまりその力を利用出来るのが、速くて深いボール、ということ。

遅くて浅いボールより、速くて深いボールの方が、実は対応しやすいとも言えるのです。

 

■後ろ足でボールの後ろに入れれば、返球は出来る!

ストロークでも、何も恐れることはありません。

しっかり後ろに入ることが出来れば、現代テニスのラケットでは返球が出来る。

ただし打点はしっかり前、力の入るポイントで捕らえること。

ここさえ整理出来ておけば、頭の中は冷静に対応出来るはずです。

後ろ足をしっかりスライドさせて、ボールの後ろに入れること、だけを意識していきましょう。

 

■左右に振られても、精神的な優位性は相手に渡さない

左右に振られたときに、苦しくても「精神的な優位性」はアナタ側が持っておきたい。

走らされているのではなく、打たせて走っている。

その中で、厳しいときにはスライスを使う、滞空時間を稼ぐ。

精神的に落ち着いてさえいれば、打ち込まれていても相手が見えるはず。

見えていれば、結構試合って楽に戦えるはずです。

速く深いストロークに、しっかり対応策を準備しておくことが大事です。

 

ストロークの打ち合いを、しっかり格上に対しても挑んでいく。

挑んでいくことで、まず最初のステップです。

攻撃されて左右に振られ、精神的に崩れていく・・・から勝てないだけ。

この事実に、速く気付きましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. ストローク

    ストロークのラリー戦で、「どのエリアにバウンドしたボールから攻撃していくか?」は試合前に決めておきま…

    シングルスでもダブルスでも、ストロークの展開の中で攻撃的にプレーしてい…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ

    シングルスでもダブルスでも、テニスの醍醐味の一つはストローク。…

  3. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ

    重たいスライス。テニスの試合で、これほど厄介なモノは無いでしょ…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

    試合の中で、意外と多いのがボディ近くのボールの処理。ボレーでも…

  5. ストローク

    「両手から片手へ」テニスのストロークを改造するうえで注意したいこととは?

    テニスを始めたばかりの時、あまりにパワーが無かったから両手でフォアもバ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合のラリーでは、自分が打った後は「ボールでは無く相手」を集中して見よう!

    初心者の方と、試合慣れしている方。一番の違いは、打った後の意識…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    自分の武器は、「徹底的に試合で使う」くらいの強引さで
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレ…
  3. メンタル

    格上選手が負ける時は、力でねじ伏せることに固執した時
  4. ボレー

    ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?
  5. サーブ

    40-0で、とっておきのサーブを
PAGE TOP