テニス ストローク

ダブルス

ダブルスでこそ使える!ドライブボレーの活用法5つ

ダブルスの試合でぜひ、使って欲しい技術。

それは、「ドライブボレー」です。

これは、学生の方はもちろんですが、ベテラン、シニアの方もぜひチャレンジして欲しい。

いや、チャレンジってほどハードルが高いモノで無いんです、現代のラケットを用いれば。

ドライブボレーは、プロ選手だけが使う技術じゃない。

一般のダブルスプレイヤーのみなさんにこそ、使える技術なんです。

 

ダブルスでこそ使える!ドライブボレーの活用法5つ

 

1.サービスライン前後のフワッとしたボールを打ち込む

普通は、スライスボレーでつなぐと思います。

でも、例えばフワフワーっと上がったボールって、スライスでボレー、打ち辛くないですか?

私だったら、そのままドライブボレー、で打ってしまいます。

特にフォアハンド、で打てるときですね。

ネットとも距離があるので、山なりで大きい軌道、で良いでしょう。

相手が下がっていれば、エースを狙う必要はなく、より後ろに下げる、追い込むようなイメージで。

しっかり振り切れば大丈夫。

山なりな中ロブ、はどんどんストロークに近い感じで打っていきましょう。

バックハンドのイメージ動画ですが、フォアハンドでも基本は一緒です。


 

2.バックハンドのハイボレーを、ドライブボレーに

これも、1.のように山なりで遅いボールのとき。

バックボレーを両手で打っている方は、高い打点ってすごく難しい、じゃないですか。

力が入り辛い、女性で悩んでいる方は、もうドライブボレーにしてしまいましょう。

打点を肩くらいの高さに設定して、振ってみる。

意外と、これが入るし攻撃的なボレーになる。

バックハンドのハイボレー、ハイボレーなんだけど攻撃出来ない・・・という悩みはこれで解決です。

技術的には練習が必要ですが、この発想は大事ですよ。

ぜひ練習から、大胆に変えて取り組んでみて下さい。

 

3.4アップの状態を、打破していくドライブボレー

ダブルスの試合でありがちな、4人全員がネットに出る、4アップのような状態。

ここから、女子ダブルスの試合ってなかなか「決め切れない」こと多くないですか?

全員がスライスボレーでつないで、決まらない・・・ような感じを打破ドライブボレー、です。

どこかで、自分の中で狙いを定めましょう。

フォアボレーに、ある程度高いボールで来るのが読めたら・・・グリップを変える。

変えてドライブボレーで仕留める、くらいの勇気、必要です。

突っつき合って終わらない、そんなボレーボレーは、中級者まで。

ぜひ、女性の方こそ振っていくドライブボレー、積極的に入れてみて下さい。

 

4.リターンダッシュからのファーストボレーに

スピン系のリターンで、そのまま前に行く。

そこで、相手が態勢が崩れてつないでくる感じだと・・・ファーストボレーをドライブボレー、で良いと思います。

いきなり相手の前衛にアタックしても良いし、グリップチェンジの必要も無し。

つないでくるリターンを、ボレーでつなぐなんてもったいないじゃないですか。

「緩いリターンは、許さないよ!」という姿勢、ドライブボレーで見せ付けていきましょう。

ファーストボレーの基本は、あくまでスライスボレー。

でも、それだけだと相手も慣れてしまいますからね。

一気にテンポを上げるドライブボレー、ぜひリターンダッシュから使ってみて下さい。

 

5.フォアハンドの逆クロスのボレーを、一気にパワーアップ!

これは、私のオススメです。

ドライブボレーって、逆クロスにも打ちやすい。

普通のスライスボレーって、なかなか逆クロス方向へパンチのあるボレー、打てないじゃないですか。

だからこそ、しっかりドライブボレーで打っていく。

フォアハンドの逆クロスのストローク、を大きく打つ感じで良いでしょう。

きっと、打ってみると簡単に感じるはずですよ。

フォアハンド側で回り込めるときには、ボレーだって回り込んで良い。

決断力、があれば出来るはず。

大事なのは、ドライブボレーをしっかり使っていくという姿勢そのものです。

 

実際に、書いてあることは技術的には難しいこと。

でも、まずはどんどん使ってみて下さい。

「ドライブボレーなんて、確率低いし腕力のある若者しか打てないでしょ?」と思っている方は、もったいない!

だって、本当に使える技術ですし、最近のラケットとガットなら私たちでも打てるんです。

これを使わない手、は無いですよ。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「意外と○○が原因かも…」アナタがダブルスペアと上手くいかない理由5つ

    ダブルスペアとして、完成度を高めたい。今年こそ・・・と考えてい…

  2. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます

    ミックスダブルスで、まず狙われるのは女性の頭上。これはどのレベ…

  3. ダブルス

    動きが少ないペアは、なぜ勝てないのか?

    ダブルスの試合で、「勝てないんです…」と悩んでいるペアの方から相談を…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点

    私自身、ダブルスの試合でロブはよく使います。でも、当然それは相…

  5. ダブルス

    前衛に必要な、「感じる力」

    ダブルスの試合、最近みなさんどうですか?ご自身が前衛の時に、…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    「ペアに任せる勇気」は、試合でなかなか持てない

    試合で自分のペアを、しっかりと信じ切る。これ、出来ているようで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    大事な試合でビビッてしまったときの、ストローク対応策4つ
  2. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう
  3. メンタル

    苦しんだ経験は、必ず誰かの助けになる
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    対戦相手を大声で威圧するより、味方であるパートナーを大声で褒めてみよう
  5. テニス ダブルス

    リターン

    リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ
PAGE TOP