テニス サーブ

戦術

連続ポイント、は意図的に

テニスの試合は、1ポイントずつ。

プレーしては止まり、また結果が出て次のプレー、ポイントが始まりますよね。

ここぞというポイントでは、しっかり「連続奪取」を狙いたい。

求めなければ、狙わなければ取れない、それがテニスの連続ポイントです。

 

連続ポイント、は意図的に

 


 

1.何となく、だからシーソーゲーム

テニスの試合、取ったり取られたりは仕方がない。

ですが、何も考えないで漠然と試合を進めているだけだと、やはりポイントは交互に入りやすい。

実力が拮抗していると、そんな感じじゃないでしょうか?

強い人、勝てる人は、どこかで意図的に連続ポイントを取っていく。

その流れで、ゲームを取ってセットを取り、試合を決めていく。

「ここだ!」と思ったら、連続ポイントを奪取したい。

まずはしっかり狙う、準備するということが大事です。

 

2.パターンAと対極のBを用意する

私が「ここは連続ポイントが欲しい!」と思ったら、やる作戦。

まずAという作戦を実行して、相手を動かす。

浅いボールを使うこと、が多いです。

次のポイントでは、その対極のBという作戦をぶつける。

ドロップ系のショットの後ですから、ロブのような深い山なりのショット。

シンプルですが、こうやってAとBを両方つなげられると、相手は辛いんですよね。

前のポイントの印象は必ず残っているものですから。

シンプルですが、対極の作戦を繰り出していく、というのは試合で効果的です。

 

3.速いボールに頼るのは危険

これに頼るのは、危険です。

入るかどうか分からない、入っても自分のフットワークが付いていかないですからね。

しっかり、配球で攻めるから連続ポイント、になりやすいのがテニスです。

ですが、もし「たまたま速いショットが入ってしまった」という時には、これを活かしましょう。

次は、遅いボールで相手を泳がせる。

ナイスサーブが入ったら、次はあえて遅めのサーブを使ってみるのも良いでしょう。

結果的に、対極の作戦を使うことにつながりますから、効果的です。

 

4.同じことの繰り返し、にならないように

自分から変化を付ける、相手の考えに先回りする。

これが出来る人は、連続ポイントを意図的に作り出しやすい。

シーソーゲームの人は、結局プレーがずっと変わらないんですよね、試合の中で。

最初から最後まで同じリズム、テンポだから相手も慣れてしまう。

だから、ポイントの取得がコントロール出来ないんです。

試合をコントロールする、ここぞという場面では、しっかり連続でポイントを取る。

これが出来る人が、トーナメントを勝ち上がっていくのがテニスです。

 

もちろん、効くこと、効かないこと、出て来るでしょう。

アナタ自身に、意志があるのかどうか、が大事。

「ここは連続で取って、流れを変えるんだ」という意志があれば、取れます、絶対に。

そしてそのための作戦、技術も、自然と身に付いてくるはずです。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

  2. 戦術

    イレギュラーバウンドの多いコートで、必要な5つの意識

    テニスの試合、張り切って会場に到着してみると…。ボロボロのハ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?

    練習でも団体戦でも、「アイツに任せておけば大丈夫!」と思われている選手…

  4. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合では、精神的なプレッシャーはデュースサイドの方が少ないはず

    今回も、あくまで私の考え、です。異論反論、賛否両論あるでしょう…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスが上手くなるのに、センスは要らない

    テニスには、センスが必要。その思い込みは、損するだけと何度も書…

  6. テニス 客観視

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルに原因を求める人こそ、メンタルが弱い人
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?
  3. テニス 部活

    その他

    アナタのテニスを強くするヒントは、「実は対戦相手が持っている」ことに早く気付こう…
  4. テニス 戦術

    ダブルス

    相手のドロップショットをカウンターで切り返す、のは前衛の仕事
  5. テニス ボレー

    ストローク

    低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安…
PAGE TOP