テニス サーブ

戦術

連続ポイント、は意図的に

テニスの試合は、1ポイントずつ。

プレーしては止まり、また結果が出て次のプレー、ポイントが始まりますよね。

ここぞというポイントでは、しっかり「連続奪取」を狙いたい。

求めなければ、狙わなければ取れない、それがテニスの連続ポイントです。

 

連続ポイント、は意図的に

 


 

1.何となく、だからシーソーゲーム

テニスの試合、取ったり取られたりは仕方がない。

ですが、何も考えないで漠然と試合を進めているだけだと、やはりポイントは交互に入りやすい。

実力が拮抗していると、そんな感じじゃないでしょうか?

強い人、勝てる人は、どこかで意図的に連続ポイントを取っていく。

その流れで、ゲームを取ってセットを取り、試合を決めていく。

「ここだ!」と思ったら、連続ポイントを奪取したい。

まずはしっかり狙う、準備するということが大事です。

 

2.パターンAと対極のBを用意する

私が「ここは連続ポイントが欲しい!」と思ったら、やる作戦。

まずAという作戦を実行して、相手を動かす。

浅いボールを使うこと、が多いです。

次のポイントでは、その対極のBという作戦をぶつける。

ドロップ系のショットの後ですから、ロブのような深い山なりのショット。

シンプルですが、こうやってAとBを両方つなげられると、相手は辛いんですよね。

前のポイントの印象は必ず残っているものですから。

シンプルですが、対極の作戦を繰り出していく、というのは試合で効果的です。

 

3.速いボールに頼るのは危険

これに頼るのは、危険です。

入るかどうか分からない、入っても自分のフットワークが付いていかないですからね。

しっかり、配球で攻めるから連続ポイント、になりやすいのがテニスです。

ですが、もし「たまたま速いショットが入ってしまった」という時には、これを活かしましょう。

次は、遅いボールで相手を泳がせる。

ナイスサーブが入ったら、次はあえて遅めのサーブを使ってみるのも良いでしょう。

結果的に、対極の作戦を使うことにつながりますから、効果的です。

 

4.同じことの繰り返し、にならないように

自分から変化を付ける、相手の考えに先回りする。

これが出来る人は、連続ポイントを意図的に作り出しやすい。

シーソーゲームの人は、結局プレーがずっと変わらないんですよね、試合の中で。

最初から最後まで同じリズム、テンポだから相手も慣れてしまう。

だから、ポイントの取得がコントロール出来ないんです。

試合をコントロールする、ここぞという場面では、しっかり連続でポイントを取る。

これが出来る人が、トーナメントを勝ち上がっていくのがテニスです。

 

もちろん、効くこと、効かないこと、出て来るでしょう。

アナタ自身に、意志があるのかどうか、が大事。

「ここは連続で取って、流れを変えるんだ」という意志があれば、取れます、絶対に。

そしてそのための作戦、技術も、自然と身に付いてくるはずです。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっていく

    ダブルスペアとして、試合で結果を出していきたいなら、意識して欲しいポイ…

  2. 戦術

    相手は強いんじゃない、合っているだけ

    試合で対戦したときに、強さを感じる相手。自分が必要以上にプレ…

  3. テニス 目

    戦術

    テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている

    試合が強い選手は、まず目が鋭い。すごく何かを狙っている雰囲気、…

  4. 戦術

    「あれを、盗もう」と、本気になれるかどうか

    最近、どうも上達が感じられない…。そう感じている方も、多いと…

  5. テニス 練習

    戦術

    相手に向かって打つ、のは2往復までで良い

    試合でも練習でも、ここを意識して欲しい。テニスの試合では、実際…

  6. 戦術

    テニスの試合で洞察力を鍛えるには、「まずは相手のグリップにあるヒント」を見逃さないことが大事!

    テニスの試合で洞察力が鋭い選手は、どこをまず見ているのか。相手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ダブルスで「アングルボレーが打てる」ようになると、セオリーとは違う戦術でポイント…
  2. テニス メンタル

    戦術

    「今日の対戦相手は、自分より少し上」と考えて試合に入ろう
  3. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる
  4. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ
  5. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおいて、どんな部分に「癖」は付きやすいのか?
PAGE TOP