その他

同じコースに打ち続ければ、相手も眼が慣れるのは当たり前

普段の練習、試合と何が違うのか。

それって、大前提としては「慣れている」ところだと思います。

環境、相手、それからその相手が打って来るボールの球筋。

眼が慣れているからこそ、身体が自然に反応出来る。

でも試合では、そうはいきませんよね。

 

同じコースに打ち続ければ、相手も眼が慣れるのは当たり前

 


 

1.相手の球筋に慣れる、ことが大事

初めて打ち合う相手と、しっかり試合をする、試合を作る。

そのために、必要なのは相手のボールの球筋に慣れることが大事。

打つ回数が少なくても、無理やり慣れるくらいの意識が大事ですよ。

私は試合中、相手の球筋を一回打たれたら、何度も頭の中で思い出す。

球筋をイメージしながら素振りをして、次に同じコースに来たらどうするのか、を決めておく。

打たれるコースは、そう多くないですからね。

 

2.サーブとリターン、こそ早く慣れよう

心配しなくても、相手もそう多くのコースを打てるわけじゃない。

セカンドサーブなんかは、特にそうですね。

眼を慣らす、ことが出来れば捕らえられる。

でもそれを、試合後半まで伸ばしてはいけない。

試合の序盤に慣れておく、慣れた状態までもっていくにはどうすれば良いのか、を本気で考える。

ダブルスの試合は、リターン出来る回数がシングルスの1/2ですからね。

しっかり打たれたコースをイメージして、返球まで考えておく。

これはテニスの試合での基本、です。

 

3.自分の球は慣れさせないために、何が出来るだろう?

では逆、はどうでしょうか。

自分のボールに相手が慣れない、ようにさせるためには・・・?

球種やコース、を増やすことも大事ですが、それ以上にプレー全体を変えてみる。

ダブルスなら雁行陣、並行陣、を両方バランス良く使う、サーブからもリターンからも前に出る。

ポジションを変えると、自然と球筋も変わります。

無理やりサーブのコースを変えよう!と思うと緊張しますが、サーブから前に出る、と思えば楽。

アナタが相手なら、どうですか?

毎回アグレッシブにポジションを変えて来る相手って、慣れないじゃないですか?

 

4.複数の選択肢を相手に示す、から相手は迷う

とにかく、相手に迷ってもらう。

球筋に慣れられたら、試合に勝つのは厳しいですからね。

複数の選択肢を示して、しっかり迷ってもらうことが出来れば、試合は楽に進められます。

アナタ自身、サービスゲームとリターンゲーム、で何が出来るのかを考えてみましょう。

その次に、サーブやリターンのコースも複数、準備出来るように考える。

球筋を増やすこと、の前にポジションを変えていくこと、からですね。

 

強い相手は、順応力も高い。

こういう相手、に勝つのは本当に大変です。

でも、勝とうと思って必死でもがいていると、アナタ自身も成長が早い。

自分のプレースタイルを拡げていく、良いきっかけになるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. その他

    「上級生について行けば良い」という考えは止めよう

    アナタ自身がもし一年生なら、練習メニューは上級生が決める?その…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はか…

    ご質問をたくさん頂く中で、一番多いのがストロークでお悩みの方が多いです…

  3. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見えてくる

    テニスはまず、相手としっかりラリーをしてからポイントゲットを狙うスポー…

  4. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる

    テニスラケットを、どう持つのか。これって、意外と難しい問題なの…

  5. テニス アクセス

    その他

    2017年1月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。今年も、気が付け…

  6. テニス ミス

    その他

    「思っていること、感じていることを言わない」という日本人らしさは、テニスコート上ではいらない

    「きっとこの感覚、感情は、分かってくれるだろう」私たちはどこか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    遅いサーブを自分の基本サーブ、に据えておくことをオススメします
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは腕を伸ばす、のではなく「しっかり胸を寄せて」いこう!
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルス、「男性のサービスゲーム」こそ実はチャンス!
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う
  5. テニス知識

    真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
PAGE TOP