その他

満たされないから、創造性は高まる

目次

これって、まさに自分自身のことだと思います。

テニスを始めた中学生のころから、ずっと感じて来ました。

満たされないからこそ、考える。

考えるから創造性が高まっていく。

テニスも、まさにそうだと思いますよ。

 
 

運動が苦手、だから考えることが出来る

テニスを続けている、または最近始めたみなさん。

きっと、運動は苦手という方も多いでしょう。

私自身、苦手ではありませんでしたが、身体能力が高い訳でも無いし、ここまでテニスを続けて来れるとも思っていませんでした。

中学で入ったテニス部はコートも無く、高校もコートが無いテニス部。

でも、だからこそ工夫出来たし、考えることで打破して来たように思います。

満たされない環境って、大事なんだと。

私自身、すごく経験で感じます。

「環境に恵まれない」が、チャンスになる

全ては、自分次第ですが。

よく、試合で勝てない人が「練習環境が悪いから・・・」と、愚痴っているのを目にします。

こういう人ほど、環境が良くても変わらないですよ。

現状を憂いているだけでは、何もテニスは変わらない。

むしろ、環境に恵まれていないからこそ、チャンスなんです。

私たちの一般テニス、ベテラン、シニア、女子連のテニスにおいては、恵まれない環境の中でしっかり考えてテニスをする、ことで強くなれる。

そうやって強くなった力は、本物ですしね。

アナタ自身の、大きな財産になるはずです。

試合で勝つには、技術以上に必要なものがある

何でしょう、上手く言葉で言えないのですが・・・。

自立心やたくましさ、のようなものが試合の現場では必要です。

私も長く審判の活動をしていましたが、ここで差が出るんですよね、テニスの試合って。

ジュニアでも大人、全日本レベルの選手でもそうです。

結果が出ない選手に限って、実は環境は恵まれていたりするんです。

恵まれているから、自分で考えたり、工夫したりという創造性が養えない。

本人は、環境は恵まれているのに・・・と焦ってしまう。

こういう人、結構テニス界で多いですよ。

   


創造性は、形にしよう

考えたこと、工夫したことはやってみる。

そうすれば、また新しい創造の種になります。

考えているだけ、ではダメですよ。

考えたことは、何かしら形にしないと。

書いたり、人に話したり、試合でやってみたり。

そうすることで、アナタ自身の満たされない心は、力になっていきます。

そうなれば、もうテニス選手としては充分、自立出来ていると言えるでしょう。



自分で工夫して、創造力を身に付けた人って、たくましい。

試合の結果を、周りのせいにもしないですからね。

私たちのテニスの練習、試合の強さの根源は、この飢餓感にある。

当たり前のことは、当たり前じゃない。

私たちは、常にテニスが出来ること、対戦相手がいることに感謝していかないと、ですね。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. テニス関連の記事は note へ
  3. 5/22(水) 土居コーチ 女子ダブルスレッスン&ゲーム会 inSEN…
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. その他

    Q&A「試合中に痙攣した相手に対して、どう攻めて良いか分からないのですが・・・」

    テニスの試合では、珍しい風景では無い「痙攣」という現象。自分もそう…

  2. テニス ダブルス

    その他

    絶対的なエース選手がいないチームが、「団体戦を勝ち抜いていく為」に必要な意識とオーダーとは?

    新学期、色々な学校で新しいチームが始動しています。新入生の受け…

  3. テニス セオリー

    その他

    万全でなくとも、試合に出ましょう

    冬の寒い時期、みなさんの中にも怪我に苦しんでいる方、多いと思います。…

  4. テニス イベント

    その他

    ダメダメテニスプレイヤーにならない為の、5つのチェックポイント

    試合会場を客観的に見ていると、色々な人がいます。そして、なかな…

  5. その他

    「今のはイレギュラーしたから、仕方ない・・・」と思っていては、そこで成長が止まってしまいます

    テニスの上達が遅い、試合で勝てない人にはある共通点があります。それ…

  6. テニス スマッシュ

    その他

    苦しいとき、調子が悪いときに6-4で勝つ為に必要なこと

    ふと、私も自分のテニスノートを見返してみました。そうすると、過…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. ボレー

    テニスの試合で、ネットプレー対ネットプレーになったときに求められる、「足元のボー…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    気持ちがこもったテニスとは、球際でも回転をかけられるテニス
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    味方のペアをカバーする、という概念がアナタを弱くする
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    試合で使える「回り込みフォアハンドストローク」を鍛える、クロスラリーの基本メニュ…
PAGE TOP