その他

満たされないから、創造性は高まる

これって、まさに自分自身のことだと思います。

テニスを始めた中学生のころから、ずっと感じて来ました。

満たされないからこそ、考える。

考えるから創造性が高まっていく。

テニスも、まさにそうだと思いますよ。

 
 

運動が苦手、だから考えることが出来る

テニスを続けている、または最近始めたみなさん。

きっと、運動は苦手という方も多いでしょう。

私自身、苦手ではありませんでしたが、身体能力が高い訳でも無いし、ここまでテニスを続けて来れるとも思っていませんでした。

中学で入ったテニス部はコートも無く、高校もコートが無いテニス部。

でも、だからこそ工夫出来たし、考えることで打破して来たように思います。

満たされない環境って、大事なんだと。

私自身、すごく経験で感じます。

「環境に恵まれない」が、チャンスになる

全ては、自分次第ですが。

よく、試合で勝てない人が「練習環境が悪いから・・・」と、愚痴っているのを目にします。

こういう人ほど、環境が良くても変わらないですよ。

現状を憂いているだけでは、何もテニスは変わらない。

むしろ、環境に恵まれていないからこそ、チャンスなんです。

私たちの一般テニス、ベテラン、シニア、女子連のテニスにおいては、恵まれない環境の中でしっかり考えてテニスをする、ことで強くなれる。

そうやって強くなった力は、本物ですしね。

アナタ自身の、大きな財産になるはずです。

試合で勝つには、技術以上に必要なものがある

何でしょう、上手く言葉で言えないのですが・・・。

自立心やたくましさ、のようなものが試合の現場では必要です。

私も長く審判の活動をしていましたが、ここで差が出るんですよね、テニスの試合って。

ジュニアでも大人、全日本レベルの選手でもそうです。

結果が出ない選手に限って、実は環境は恵まれていたりするんです。

恵まれているから、自分で考えたり、工夫したりという創造性が養えない。

本人は、環境は恵まれているのに・・・と焦ってしまう。

こういう人、結構テニス界で多いですよ。

   


創造性は、形にしよう

考えたこと、工夫したことはやってみる。

そうすれば、また新しい創造の種になります。

考えているだけ、ではダメですよ。

考えたことは、何かしら形にしないと。

書いたり、人に話したり、試合でやってみたり。

そうすることで、アナタ自身の満たされない心は、力になっていきます。

そうなれば、もうテニス選手としては充分、自立出来ていると言えるでしょう。



自分で工夫して、創造力を身に付けた人って、たくましい。

試合の結果を、周りのせいにもしないですからね。

私たちのテニスの練習、試合の強さの根源は、この飢餓感にある。

当たり前のことは、当たり前じゃない。

私たちは、常にテニスが出来ること、対戦相手がいることに感謝していかないと、ですね。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス 準備

    その他

    テニスの試合、「見ていて気持ちの良い選手」は、コードボールに対する振る舞いが秀逸

    私は以前、テニスを始める前にはバレーボールをやっていました。今…

  3. テニス アップ

    その他

    試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオススメです

    試合前のウォーミングアップ、皆さんはどんな感じで行ってますか?…

  4. その他

    【学生限定 先着順! 】1,000円で3試合保証 T-PRESS CUP 2022年8月 シングルス…

    テニスを頑張っている現役学生の皆さんに試合経験を積んでもらう大会、T…

  5. テニス メンタル

    その他

    「役割の変化は、必ず成長につながる」後輩の指導で自分の練習が出来ない君へ

    私は高校時代、自分の学校にテニスコートがありませんでした。正確…

  6. その他

    読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

    来週にて実施させて頂く、読者ミーティングのイベント。第1回とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識
  2. ストローク

    「グリップを使い分けよう」テニスのストロークの調整は自分自身でカスタマイズ
  3. 日々の雑記

    他の人の考え方は否定せずに、自分の糧にした方が10倍強くなれる
  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割
  5. テニススクール

    「テニススクールの通い方」本当に試合で強くなるには生徒自身の主体性が不可欠
PAGE TOP