練習メニュー

練習や試合で、ラスト10分のパフォーマンスを上げよう

これ、みなさんぜひ意識してみて下さい。

疲れたとき、苦しいとき、相手の手の内が分かった後。

そこから、どういうプレーが出来るのか、がテニスでは大事。

試合に勝ちたいなら、最後のひと踏ん張り。

これが出来れば、勝機は見出せます。

 
 

疲れて来てからが、本当の勝負

テニスの試合、まさにそうじゃないですか。

1セットマッチの試合でも、何試合か勝ち上がった後の試合でも、同じ。

試合の後半、本当の勝負どころでしっかり戦えるかどうか、が大事なんです。

「疲れたし、もう良いか・・・」となる人は、普通の人。

だから勝てないし、シード選手の椅子を奪えない。

最後、ラスト10分。

ここで、良いプレーが出来るかどうか、をぜひ意識してみて下さい。

全ては、練習から

変えていきましょう、全て。

あと少しで、練習が終わるというまさにその時。

自分にエンジンをかけて、闘志を燃やす。

しっかりと、最高のプレーを練習の最後に、締めとして出来るように。

何となくダラダラと終わる練習、レッスンって多くないですか?

それでは、ただの作業ですよ。

せっかく疲労度も溜まって、精神も研ぎ澄まされているような場面。

試合を想定して、最後しっかり上げていきましょう!

最後の最後は、アグレッシブに

私は、これを意識しています。

最後の10分、試合ならタイブレークのような場面でしょうか。

アグレッシブに、やり切る。

ダブルスならポーチに出る、しっかり前に出て勝負をかける。

つい、守りに入りがちですからね、競ったゲームの最後の方は。

精度の高いプレー、とはつまりアグレッシブにいくプレー、だと私は考えています。

こういう小さい覚悟、準備で試合結果は変わる。

そう思いませんか?

接戦に強い自分、を作っていこう

こうやって、ラストの10分を強化していく。

強化していけば、自然と接戦に強いと思えるようになるんですよ。

ラスト10分、ここで自分は頑張れるんだと。

試合でも練習でも、そういう癖が身に付いていることが強みになります。

もう、習慣というか、癖みたいなもの、ですから。

寝る前に歯を磨くように、試合が終わる前に手中力を高める。

簡単なことじゃない?だからこそ、練習からの意識が大事なんです。

   

お勧めの練習法

最後の10分、のプレーを記録する。

テニススクールのレッスンなら、ゲーム形式ですかね。

仲間とコートを取って練習するときも、最後の10分は自分がどんなプレーだったのか。

しっかり、記録してみると面白いですよ。

自分が伸びていく、のも確認出来ますからね。

テニスノート、に数行書いておくだけでも違うと思います。



試合の序盤も大事、後半も大事・・・って、全部じゃん!と思いますよね。

両方大事ですが、より集中力が問われるのは試合の終盤、ラスト10分でしょう。

相手も気力充分、お互いに情報を持った状態での真剣勝負ですからね。

その中で勝ち切った時の喜び、たまりませんから。

普段の練習から、ラスト10分!

自分で声掛けしていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである

    意識しないと、気付かないこと。毎回同じような風景だと、私たちは…

  2. テニス 部活
  3. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ

    今年の4月から大学生、テニスをサークルで始めた・・・という方も、読者の…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ

    夏休みや長期のお休みの期間は、チームでしっかり練習するチャンス!…

  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    試合で使える「回り込みフォアハンドストローク」を鍛える、クロスラリーの基本メニュー

    試合で一番使うショット、皆さんは何でしょう?サーブ、リターン、…

  6. 練習メニュー

    武器を作る、1つに集中してみよう

    本気で自分の武器を作りたい、そう考えているみなさん。私から、一…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ドロップショット

    ボレー

    どんなに強烈なストロークでも、ネット近くで触れば「ポトッ」と落ちて得点になるのが…
  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「遅れてないか?軸足の使い分け判断」テニスの試合、フットワークは判断のスピードが…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークを強力にしたいなら、「相手に背中を早く見せる意識…
  5. その他

    「スペインの古城でストレス発散」できるのも、テニス選手の実力のうち
PAGE TOP