テニス 練習

練習メニュー

テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る

独特なフォーム、戦術で、試合を勝っていける人。

みなさんの周りにもいると思います。

「なんであの人は、あの打ち方で入るんだろう」

と、疑問に思うこともありますよね。

きっと、それは本人の努力の結晶。

アナタが思う以上に、遠回りして来ている人が多いのがテニス、です。

 

テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る

1.一度基本、を通って来ている

私は、テニスではこれがすごく大事だと思っています。

独学、自己流、私はすごく良いことですし、そうじゃないと上手くならないと考えていますが・・・それだけ、だと厳しい。

自分で考えて打ち方を変えていく、でも一度、基本をしっかり通っておく、経験しておく。

これが出来る人は、テニスもどんどん上手くなる。

一見、型破りな打ち方をしている人も、実は数年前にしっかり基本を練習している。

土台を作っているからこそ、自己流な部分が強みになる。

意外と、ここをすっ飛ばしてしまう人、多いような気がします。

 

2.基本は「教わる」ものではない

「でも自分には指導者がいないし、スクールにも通っていない」という方も、大丈夫。

基本って、実は教わるより自分で学ぶ方が早い。

今ではいくらでも無料で動画が見れますし、本や雑誌もたくさん出ています。

色々な種類の「基本」がありますが、ほとんどの内容は被っていると思って良いでしょう。

勘の鋭い人なら、「同じことを言い方を変えているだけだな」と、気付くはず。

こうやって自分で気付くから、理解するから基本は身に付くし応用が効くようになる。

人から手取り足取り教わった基本なんて、脆いもの。

時間もかかるし、テニスから離れてしまうとすぐに忘れてしまうでしょう。

でも、自分で意志を持ってつかみ取った基本は、そう忘れたりはしないものなんです。

 

3.型を覚えるから、それを崩していける

型破りな打ち方も、型があっての打ち方。

試合に強い人は、どこかで自分なりの合理性を見出して、その打ち方になっているはず。

型を覚えているから、崩していけるんですよね。

本当に基本が無い、型が無い人の自己流のテニスって、見てて分かりますが勝てそうな雰囲気が無いですよ。

ただ、力が入りやすいように勝手に打っているだけ。

これでは上手くなれないし、試合にも勝てないからつまらなくてテニスが続かない。

しっかり、基本を自ら学ぶこと、がその後にも続く大事な要素になっていくんです。

 

4.「基本」を説明出来ますか?

アナタ自身、良い機会なので確認してみましょう。

テニスにおける基本、人に説明出来ますか?

「なぜ、スタンスは決まっているのか」

「なぜ、サーブに回転が必要なのか」

「なぜ、ストロークのスウィングは下から上が基本なのか」

こういう小さい基本、テニススクールの初級クラスで習ったことを、人に教えるつもりで見つめ直してみる。

そうすると、必要なことも見えて来ると思いますよ。

基本を見つめ直せば、自分の新しい基本、型を作ることが出来る。

それが結果的に、型破りなテニス、に進化していくかも知れません。

 

基本を踏んでおかないと上達しないし、基本だけでも試合は勝てない。

なんと、テニスは難しいのか・・・と思いますよね。

だからこそ、面白いし人と差が出やすいスポーツ、だと私は感じています。

自分が教わってきた基本、意識してきた基本。

見直してみると、新しい発見があると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう

    テニスを強くなりたいなら、ミスを減らさないといけない。でも、ミ…

  2. テニス 構え

    練習メニュー

    「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト

    効果的な練習方法ってないですか?よくそういう質問を受けるんだけ…

  3. 練習メニュー

    練習が変われば、テニスは変わる

    みなさんは普段、どういう練習をしてますか?部活やサークル、テ…

  4. テニス ミーティング

    練習メニュー

    本物のテニスの練習とは、「他人の上達にも、責任を負う」ということ

    みなさんは、普段の練習の時に、こういう意識はあるでしょうか。私…

  5. 練習メニュー

    テニスの試合では、「攻撃しながらでも相手の反撃に備える」心の準備が大事です

    テニスの攻守は、切り替えが激しい。そもそもサッカーやバスケのよ…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本

    そろそろ、新入生も固まってきて、部活にも活気が出て来るころ。親…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    シングルス

    パッシングショットを、ランニングショットで打たせよう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    浅くて低いストロークを「巻き込みながらワイパースィング」で打てるようになれば、テ…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で一番疲れるのは、セカンドサーブであることを証明する5つの事実
  4. メンタル

    ゲーム差が開いていけば、必ず集中力は切れるもの
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    右利きプレイヤー視点で、ダブルスのリターンサイドを考えてみると・・・?
PAGE TOP