テニス 練習

練習メニュー

テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る

独特なフォーム、戦術で、試合を勝っていける人。

みなさんの周りにもいると思います。

「なんであの人は、あの打ち方で入るんだろう」

と、疑問に思うこともありますよね。

きっと、それは本人の努力の結晶。

アナタが思う以上に、遠回りして来ている人が多いのがテニス、です。

 

テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る

1.一度基本、を通って来ている

私は、テニスではこれがすごく大事だと思っています。

独学、自己流、私はすごく良いことですし、そうじゃないと上手くならないと考えていますが・・・それだけ、だと厳しい。

自分で考えて打ち方を変えていく、でも一度、基本をしっかり通っておく、経験しておく。

これが出来る人は、テニスもどんどん上手くなる。

一見、型破りな打ち方をしている人も、実は数年前にしっかり基本を練習している。

土台を作っているからこそ、自己流な部分が強みになる。

意外と、ここをすっ飛ばしてしまう人、多いような気がします。

 

2.基本は「教わる」ものではない

「でも自分には指導者がいないし、スクールにも通っていない」という方も、大丈夫。

基本って、実は教わるより自分で学ぶ方が早い。

今ではいくらでも無料で動画が見れますし、本や雑誌もたくさん出ています。

色々な種類の「基本」がありますが、ほとんどの内容は被っていると思って良いでしょう。

勘の鋭い人なら、「同じことを言い方を変えているだけだな」と、気付くはず。

こうやって自分で気付くから、理解するから基本は身に付くし応用が効くようになる。

人から手取り足取り教わった基本なんて、脆いもの。

時間もかかるし、テニスから離れてしまうとすぐに忘れてしまうでしょう。

でも、自分で意志を持ってつかみ取った基本は、そう忘れたりはしないものなんです。

 

3.型を覚えるから、それを崩していける

型破りな打ち方も、型があっての打ち方。

試合に強い人は、どこかで自分なりの合理性を見出して、その打ち方になっているはず。

型を覚えているから、崩していけるんですよね。

本当に基本が無い、型が無い人の自己流のテニスって、見てて分かりますが勝てそうな雰囲気が無いですよ。

ただ、力が入りやすいように勝手に打っているだけ。

これでは上手くなれないし、試合にも勝てないからつまらなくてテニスが続かない。

しっかり、基本を自ら学ぶこと、がその後にも続く大事な要素になっていくんです。

 

4.「基本」を説明出来ますか?

アナタ自身、良い機会なので確認してみましょう。

テニスにおける基本、人に説明出来ますか?

「なぜ、スタンスは決まっているのか」

「なぜ、サーブに回転が必要なのか」

「なぜ、ストロークのスウィングは下から上が基本なのか」

こういう小さい基本、テニススクールの初級クラスで習ったことを、人に教えるつもりで見つめ直してみる。

そうすると、必要なことも見えて来ると思いますよ。

基本を見つめ直せば、自分の新しい基本、型を作ることが出来る。

それが結果的に、型破りなテニス、に進化していくかも知れません。

 

基本を踏んでおかないと上達しないし、基本だけでも試合は勝てない。

なんと、テニスは難しいのか・・・と思いますよね。

だからこそ、面白いし人と差が出やすいスポーツ、だと私は感じています。

自分が教わってきた基本、意識してきた基本。

見直してみると、新しい発見があると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. 練習メニュー

    「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!

    高校生の頃、トレーニングと言えばランニングを思い出す。それ以外…

  2. 練習メニュー

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている

    現代テニスは、オールラウンドが基本。それこそ、弱点があればそこ…

  3. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「1日5分でテニスの試合に強くなる!」自宅でできる簡単トレーニング5つ

    テニスの練習は、オンコートだけとは限りません。特に学生の皆さ…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で出し切った選手じゃないと、練習で新しいことは身に付かない

    練習に対して意識が低い人。それは、試合の中でどこか出し惜しみし…

  5. テニス 準備

    練習メニュー

    「ノーバウンド限定」のボレー対ストロークの練習は、ロブを混ぜながらハードにやってみよう!

    ダブルスの試合で多くなる、ロブを打ったりそのロブをカットしたりする場面…

  6. テニス 雨

    練習メニュー

    雨の日に練習がオフ!はもったいないからミーティング日和に

    雨、雨、雨・・・。テニス部やサークルにとって、悩ましい問題です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ち上がる気、あるのかっ?」テニスのトーナメントを勝ち抜くために
  2. テニス メンタル

    戦術

    攻略出来ない相手の武器は、諦めることも大事
  3. テニス シューズ

    その他

    「呼吸法からテニスのショットを考える」と、試合の中でもリラックスして良いリズムで…
  4. 戦術

    「テニスの数え方」試合の中でどう戦うかをスコアの中で考えてみる
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットプレーに苦手意識がある人は、下半身を身軽にする意識が大事
PAGE TOP