メンタル

競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ

テニスの試合がどうも苦手、踏み切れないという方。

その理由の大きな部分としては、「人と競うことが苦手」という要素があると思います。

テニスに限らずだと思いますが、日常生活では競争、避けたいですもんね。

でも、ことテニスに関しては、私はこれこそが楽しさだと思いますよ。

上手く出来てます、テニスは。

 

競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ

 


 

1.競争は、正当なもの

試合って、勝つか負けるか。

強い人は負けることもあるし、その逆もあるでしょう。

だから楽しいし、成長を実感出来るからテニスは面白い。

競争って、私はすごく大事な要素だと思っています。

人と争うこと、は時にマイナスな要素を生んでしまうこと、もあるでしょう。

ですが、基本的には競争というのは正当なもの。

私たちの成長に、必要なものだと思います。

 

2.正しく努力すれば、上達するのがテニス

しっかり練習すれば、上手くなる。

でも、ただ打っているだけだと逆に試合は弱くなる、のがテニスです。

上手く出来ている、と私は思いますよ。

しっかり考えて戦えば、ベテランの選手が学生選手に勝つことだって出来る。

準備力と現場での対応力、がすごく差になる競技がテニスですから。

頑張りがいがある、と思いませんか?

テニスは他の競技よりも、私は努力と工夫で差を詰めやすい競技だと思います。

 

3.自分を一押し、してくれる「ライバル」はいるか?

みなさんも、ぜひ大事にして欲しい。

勝ちたい相手、負けたくない相手、が自分の背中を押してくれるはず。

ただ黙々と一人で練習、上手くなるとは思えないんですよね。

他人を上手く使って、競争していく。

その中に、自分で飛び込んでいけるかどうか、が大事だと思います。

負けるのは怖いですし、嫌ですし、億劫になる気持ちも分かります。

「自分はまだ、試合に出るレベルじゃ・・・」と、思うなら、それでも良い。

ですけど、やはり試合は楽しいですよ。

この緊張感、スリル、体験出来ること、を味わえないのはもったいない。

と、私は思います。

 

4.テニスを頑張る、ということ

社会人になって、ベテラン、シニアになって。

黄色いボールをひたすらに追いかける、ということ。

周りから見ると滑稽かも知れませんが、私はすごく、刺激的な人生だと思います。

勝負の世界にいたら、老いることは無い。

頭も身体もフルに使いますからね、ボケないですよ、実際。

テニスを頑張るということは、私は試合に出ること、と等しいと思います。

試合に出るなら、そこは競争の場。

努力しないといけないけど、最後にその努力は報われる。

私は、そんなみなさんの成功を、陰ながら支えていきたいと思っています。

 

競争は、嫌。

こういうご意見も、たくさん頂きます。

何も強制するつもりは無いですし、私はこれからも、試合に出続ける人を応援し続けるだけ。

そして、「テニスは、試合が楽しいよ」ということを、発信し続けていきます。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. メンタル

    「なぜアイツはいつも、強いのか‥?」と考えたときに、勝利への飢えが差になっている

    テニスの試合に勝ち続ける人、は何が違うのか。自分だって一生懸命…

  2. テニス 雑誌

    メンタル

    私が月一でオススメしたいこと、それは「テニスに全く関係無い本を読む」ことです

    テニスって、考えてみればすごく自由なスポーツ。と言うのも、ルー…

  3. メンタル

    「ネットインはラッキー?アンラッキー?」という発想は、テニスの試合では捨ててしまいましょう

    テニスの試合、ラリー戦の中ではネットインは有効。深く来る!と思…

  4. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で時間があり、「次の対戦相手の試合をチェックできる」ときは何を確認しておくと良い?

    テニスの試合では、特に初戦なんかは自分の試合が終わった後に、だいぶ時間…

  5. テニス ダブルス

    メンタル

    今すぐテニス選手としてのメンタルを強くする方法

    自分はメンタルが弱い、と感じているみなさん。結論、大丈夫です。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    格上の上位選手に対して、「このまま勝ってしまって良いのか?」という問いかけに、打ち勝てますか?

    テニスに限らず、学生スポーツでは特に、この問題を避けて通れない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる
  2. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージ…
  3. テニス メンタル

    戦術

    「ここ一番」で踏ん張れる人、崩れる人
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく
  5. テニス メンタル

    戦術

    敗退の責任の所在は、不明確
PAGE TOP