メンタル

競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ

テニスの試合がどうも苦手、踏み切れないという方。

その理由の大きな部分としては、「人と競うことが苦手」という要素があると思います。

テニスに限らずだと思いますが、日常生活では競争、避けたいですもんね。

でも、ことテニスに関しては、私はこれこそが楽しさだと思いますよ。

上手く出来てます、テニスは。

 

競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ

 


 

1.競争は、正当なもの

試合って、勝つか負けるか。

強い人は負けることもあるし、その逆もあるでしょう。

だから楽しいし、成長を実感出来るからテニスは面白い。

競争って、私はすごく大事な要素だと思っています。

人と争うこと、は時にマイナスな要素を生んでしまうこと、もあるでしょう。

ですが、基本的には競争というのは正当なもの。

私たちの成長に、必要なものだと思います。

 

2.正しく努力すれば、上達するのがテニス

しっかり練習すれば、上手くなる。

でも、ただ打っているだけだと逆に試合は弱くなる、のがテニスです。

上手く出来ている、と私は思いますよ。

しっかり考えて戦えば、ベテランの選手が学生選手に勝つことだって出来る。

準備力と現場での対応力、がすごく差になる競技がテニスですから。

頑張りがいがある、と思いませんか?

テニスは他の競技よりも、私は努力と工夫で差を詰めやすい競技だと思います。

 

3.自分を一押し、してくれる「ライバル」はいるか?

みなさんも、ぜひ大事にして欲しい。

勝ちたい相手、負けたくない相手、が自分の背中を押してくれるはず。

ただ黙々と一人で練習、上手くなるとは思えないんですよね。

他人を上手く使って、競争していく。

その中に、自分で飛び込んでいけるかどうか、が大事だと思います。

負けるのは怖いですし、嫌ですし、億劫になる気持ちも分かります。

「自分はまだ、試合に出るレベルじゃ・・・」と、思うなら、それでも良い。

ですけど、やはり試合は楽しいですよ。

この緊張感、スリル、体験出来ること、を味わえないのはもったいない。

と、私は思います。

 

4.テニスを頑張る、ということ

社会人になって、ベテラン、シニアになって。

黄色いボールをひたすらに追いかける、ということ。

周りから見ると滑稽かも知れませんが、私はすごく、刺激的な人生だと思います。

勝負の世界にいたら、老いることは無い。

頭も身体もフルに使いますからね、ボケないですよ、実際。

テニスを頑張るということは、私は試合に出ること、と等しいと思います。

試合に出るなら、そこは競争の場。

努力しないといけないけど、最後にその努力は報われる。

私は、そんなみなさんの成功を、陰ながら支えていきたいと思っています。

 

競争は、嫌。

こういうご意見も、たくさん頂きます。

何も強制するつもりは無いですし、私はこれからも、試合に出続ける人を応援し続けるだけ。

そして、「テニスは、試合が楽しいよ」ということを、発信し続けていきます。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. メンタル

    大きな声でカウントコール、迷いは消える

    試合で緊張したら、何をすれば良いのか。私は、大きな声でカウント…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスの試合、初戦は戦い辛いのか?

    初戦の戦いの、難しさ。これは、テニスの試合だけでは無いでしょう…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う

    「色々チャレンジしてるんだけど、何も身に付かない・・・」と、悩んでいる…

  4. テニス 指導

    メンタル

    自分の失敗を本気で活かせる人は、実はすごく少ない

    試合に出続けていると・・・つい、「何が失敗なんだか、分からなくなる」よ…

  5. テニス 雨

    メンタル

    雨の日でも試合がある!「雨のオムニコート」で戦う為の心得え4つ

    関東では今日も雨が降り、急に寒くなってきましたね・・・。オムニ…

  6. テニス ダブルス

    メンタル

    人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理

    すごく極端な話ですけど・・・みなさんも毎回試合に出て、負けることは多い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    テニス部のみんながやる気にならないのは、個人ではなく仕組みの問題です
  2. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる
  3. テニス 準備

    フットワーク

    ストロークのスライスの滞空時間を甘く見ていると、アナタはいつまで経っても相手を攻…
  4. テニス ボレー

    メンタル

    誰かに言われてやってきたことを、「努力」とは呼べない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク戦で相手のボールに押されていると感じるのは、「自分の打つ場所と打点がギ…
PAGE TOP