テニス ダブルス

戦術

「基本はこうだけど、自分はこう考える」を増やしていこう

テニスで怖いのって、自分で考えなくなるということ。

教わること、に慣れてしまうと、どうしても頭を使うことから遠ざかってしまいますよね。

テニスに限らず、だと思いますが、もっとアナタ自身の感覚を大事にして欲しい。

その感覚、こそアナタの成長の種になる。

大事に大事に、育てていく感覚が大事です。

 

「基本はこうだけど、自分はこう考える」を増やしていこう

 

1.まずは基本、を知っておこう

基本やセオリー、もちろん大事です。

テニスにおいて、まずはこれをしっかり知っておく、アナタ自身が説明出来るくらい、にしておく。

雁行陣や並行陣、ショットの打ち方、パッと言葉に出来ますか?

大事なのは、言葉にするということ。

それが出来ていれば、アナタ自身の広がりがどんどん出来て来る。

長くテニスをやっている人も、実は「知っているようで知らない」ことも多いはず。

でもそれって、要は言葉に出来ないから、だと思いますよ。

 

2.基本を知るからこそ、外れることも出来る

基本を知ったうえで、自分の感覚で変えていく。

「基本はこうだよ、でも私は・・・」という意識、みなさんにはありますか?

これって、すごく大事な部分だと私は思います。

基本だけに執着しても試合には勝てないし、だからと言って、自己流だけなら穴だらけ。

基本を通った後の自己流、だと相手の基本的なプレーに対抗出来るんですよね。

自分なりに考えて、あえて基本から外れる。

だからこそ、試合に強いオリジナリティが磨かれていくんです。

 

3.「なぜそう考えるのか?」を、大事にしよう

アナタ自身が、しっかり考える、結論を出す。

そこに「なぜ?」が欲しいんです。

私が毎日書いているT-PRESSの記事は、このなぜ?を紐解いているのがほとんど。

書きながら整理させてもらっている、ような機会も多いですけどね。

なぜ?を自分の言葉にしておくこと、が大事。

そこに、アナタのテニスに対する根拠のようなもの、があるはずですから。

なぜ、基本から外れてそうしているのか?

これを繰り返していけば、どんどんテニスは上達していくはずです。

 

4.勝った負けた、だけで判断して欲しくない

当然、アナタらしいテニスで負けることもある。

でも、だからと言って全てが否定される訳じゃない・・・ということだけは、覚えておいてください。

一度の失敗、で落ち込んでいるなんてもったいないですからね。

基本から離れたその時には、きっとやられる相手も増えるでしょうから。

でも、そこでめげてはダメ。

強くなるには、結果が伴わない時、期間も必ずある。

勝敗だけで判断しないで、相手の反応や自分の手応え、もしっかり確認しておきましょう。

感想とか聞けると、最高ですけどね。

ぜひ、アナタ自身の日々の練習の中で意識してみて下さい。

 

基本だけ、をやっている方が楽なんですよ。

誰から何を言われても、負けても、「基本をやってるだけだから」で済まされますからね。

でも、そういう相手は試合で弱いじゃないですか。

アナタらしい、基本と違う考え方。

そのヒントになれるように、私も頑張ります!

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である

    実力はあるのに、試合で結果が出ない。それを、「何となくメンタル…

  2. テニス 武器

    戦術

    勝ち続けたければ、アンチを取り込もう

    試合に勝つ、強くなるということ。それは、すごく言い方は悪いです…

  3. 戦術

    「自分の中から見付けだせ!」テニスの試合で使える技術を磨くには、確率重視で

    俺のプレーはテニスを始めた高校生の頃に比べると随分と上達する事が出来た…

  4. テニス メンタル

    戦術

    試合中のプレーに波がある人は、「上の部分」を抑えてコントロールしていこう

    試合中に良いとき、悪いときがハッキリしている人。なかなか試合で…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、チャンスボールこそ「いつものレベルのショット」で打てば良い

    不思議と、テニスの試合では多くこんな場面を観る。チャンスになっ…

  6. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる

    対戦相手の足が速い・・・なんて言うのは面倒。がら空きの状態で「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスした失点はなぜ引きずってしまうのか?」を考えて準備してお…
  2. テニス ダブルス

    テニス知識

    「リラックスして正五角形」が、テニスの試合で基本の構え
  3. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツでは…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    冬の時期に意識したい「気温が低い時期のテニスの試合」で、気を付けておきたい4つの…
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの…
PAGE TOP