テニス ダブルス

戦術

「基本はこうだけど、自分はこう考える」を増やしていこう

テニスで怖いのって、自分で考えなくなるということ。

教わること、に慣れてしまうと、どうしても頭を使うことから遠ざかってしまいますよね。

テニスに限らず、だと思いますが、もっとアナタ自身の感覚を大事にして欲しい。

その感覚、こそアナタの成長の種になる。

大事に大事に、育てていく感覚が大事です。

 

「基本はこうだけど、自分はこう考える」を増やしていこう

 

1.まずは基本、を知っておこう

基本やセオリー、もちろん大事です。

テニスにおいて、まずはこれをしっかり知っておく、アナタ自身が説明出来るくらい、にしておく。

雁行陣や並行陣、ショットの打ち方、パッと言葉に出来ますか?

大事なのは、言葉にするということ。

それが出来ていれば、アナタ自身の広がりがどんどん出来て来る。

長くテニスをやっている人も、実は「知っているようで知らない」ことも多いはず。

でもそれって、要は言葉に出来ないから、だと思いますよ。

 

2.基本を知るからこそ、外れることも出来る

基本を知ったうえで、自分の感覚で変えていく。

「基本はこうだよ、でも私は・・・」という意識、みなさんにはありますか?

これって、すごく大事な部分だと私は思います。

基本だけに執着しても試合には勝てないし、だからと言って、自己流だけなら穴だらけ。

基本を通った後の自己流、だと相手の基本的なプレーに対抗出来るんですよね。

自分なりに考えて、あえて基本から外れる。

だからこそ、試合に強いオリジナリティが磨かれていくんです。

 

3.「なぜそう考えるのか?」を、大事にしよう

アナタ自身が、しっかり考える、結論を出す。

そこに「なぜ?」が欲しいんです。

私が毎日書いているT-PRESSの記事は、このなぜ?を紐解いているのがほとんど。

書きながら整理させてもらっている、ような機会も多いですけどね。

なぜ?を自分の言葉にしておくこと、が大事。

そこに、アナタのテニスに対する根拠のようなもの、があるはずですから。

なぜ、基本から外れてそうしているのか?

これを繰り返していけば、どんどんテニスは上達していくはずです。

 

4.勝った負けた、だけで判断して欲しくない

当然、アナタらしいテニスで負けることもある。

でも、だからと言って全てが否定される訳じゃない・・・ということだけは、覚えておいてください。

一度の失敗、で落ち込んでいるなんてもったいないですからね。

基本から離れたその時には、きっとやられる相手も増えるでしょうから。

でも、そこでめげてはダメ。

強くなるには、結果が伴わない時、期間も必ずある。

勝敗だけで判断しないで、相手の反応や自分の手応え、もしっかり確認しておきましょう。

感想とか聞けると、最高ですけどね。

ぜひ、アナタ自身の日々の練習の中で意識してみて下さい。

 

基本だけ、をやっている方が楽なんですよ。

誰から何を言われても、負けても、「基本をやってるだけだから」で済まされますからね。

でも、そういう相手は試合で弱いじゃないですか。

アナタらしい、基本と違う考え方。

そのヒントになれるように、私も頑張ります!

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス 序盤

    戦術

    格上相手のテニスの試合では、「序盤の相手の様子見」を見逃してはいけない!

    序盤の大切さ、はこのサイトでも何度か書いてきました。それはアナ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう

    ダブルスの試合、相手をチェックしていると見えて来るものがある。…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう

    試合は毎回、対戦相手も調子も変わる。でも、試合をするアナタ自身…

  4. テニス コントロール

    戦術

    セオリー通りで勝てるのは、自分と同レベルか少し上の相手まで

    セオリー通りのテニス、皆さん意識出来てますか?もちろん、フォー…

  5. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける

    みなさんが試合で、失点するとき。それって、「何となく」でプレー…

  6. テニス ストローク

    戦術

    センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと

    ダブルスのセンターセオリー、相手2人の間を狙うこと。これは、何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    コースを変えるときにミスが増えるのは、なぜ?
  2. テニス ダブルス

    その他

    「たくさんのテニスを観て、触れること」が、アナタのテニス人生にとって大きな財産に…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    上手いテニス選手は、相手が打つ瞬間に空きコースの確認を終えている
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・
  5. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない
PAGE TOP