テニス メモ

戦術

諦めて終わるのと、諦めないで終わる試合の違いについて

私は、この差はすごく大きいと感じています。

試合を最後まで諦めない、当たり前のようで何と難しいことでしょう。

みなさんも、試合をたくさん経験してきたはず。

その中で、自信を持って「最後まで諦めなかった」と言える試合、どの程度あるでしょうか?

これって、実は結果以上に大きな差になってるんです。

 

諦めて終わるのと、諦めないで終わる試合の違いについて

 


 

1.諦めない、のは根性論では無理

実際、そうだと思います。

「諦めるな!」と応援されても、「じゃあ、どうやって勝てって言うんだよ」となる。

諦めないで戦うには、その理由というか、根拠が必要なんですよね。

それは、ある意味成功体験。

「最後まで諦めなかったら、本当に良いことがある」ことを、経験しているかどうか。

一度経験すれば、諦めるのが本当にもったいなく感じる。

だって、テニスは大逆転が起きやすい、そんなルール構成になってますから。

 

2.サッカーで0-10、残り試合時間5分じゃ無理だけど

テニスは、違いますよね。

時間制限が無い、というのが何よりもミソ。

それに、各ゲームは0-0から開始なので、その都度リセットも出来る。

ゲーム数だけで諦めるなんて、本当にもったいない話。

それは、相手の希望をかなえてあげているようなもの、ですから。

でも、これも成功体験を積んでいないと難しいこと、なんですよ。

そりゃ、0-5のゲームカウントになったら、誰でも諦めたくもなる。

でも、6ゲーム目から何かを興すこと、は出来る。

その姿勢が、何かを変えていくうねりになっていくんです。

 

3.諦めない姿勢を貫いての負け、は絶対に次につながる

これが一番、今回のポイントです。

諦めない姿勢を、最後まで貫く。

その結果負けてしまうのは、仕方ないことです。

諦めてしまって、試合の後半を無力に戦うことは、アナタ自身を「弱く」していく。

最後まで試行錯誤して、相手に喰らい付いていけば、実際に勝つチャンスの芽は出て来るのがテニス。

これ、外から試合を観ていると本当に感じます。

「スコア差はあったけど、あのポイントを取られていたら危なかったな」と思える試合、勝ち試合でもあるじゃないですか。

それくらい、テニスの試合を分けるポイントって僅差なんです。

 

4.諦めないで終わる試合、を日々イメージしよう

実際、アナタ自身に何が出来るでしょうか。

とにかく、1球でも多く、相手コートに返す。

そのためには、スライスも打てないといけないし、相手の打つコースを予測しないといけない。

簡単なことじゃないですけど、これが出来ないから粘れない、んじゃないですか?

粘りに必要なのって、メンタルじゃない。

しっかりした技術と、それを磨こうとする意欲そのものですから。

 

諦めない試合を、自分で積み上げていく。

これを繰り返しているうちに、「絶対勝てないかも・・・」と思っていた相手との差が縮まっていくのがテニスです。

縮まらないのは、アナタがどこかで諦めているから。

テニスだけの話、じゃないと思いますけどね。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. 戦術

    足し算から、引き算へ

    テニス歴が、長いみなさんへ。色々なことを経験し、吸収して来た…

  2. テニス ボレー

    戦術

    イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる

    試合の中で、カウントが進んでいく。このカウントについて、しっか…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手として、「スタミナを武器にしたい」と考えているのであれば、1日8ゲームマッチ4試合をイメー…

    体力なら誰にも負けない、という猛者とは、なかなか試合をしたくないもの。…

  4. テニス チャンス

    戦術

    スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの

    「今の試合、長かった・・・」と感じること、ありますよね。また、…

  5. 戦術

    綺麗でないポイントにこそ、本質がある

    自分のテニスの、本質的な部分。これに気付けるかどうか、がこれ…

  6. 戦術

    挑戦企画を通じて、感じること

    すっかり更新が滞ってまして、失礼致しました…。今回は、先日の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる…
  2. 戦術

    基本ポジションは、ラリーの中でどんどん変わる
  3. ボレー

    テニスのプレーで大事なのは、攻撃の勢いを止めないこと
  4. テニス メンタル

    戦術

    崩して満足、だから試合に勝てない
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショッ…
PAGE TOP