テニス メモ

戦術

諦めて終わるのと、諦めないで終わる試合の違いについて

私は、この差はすごく大きいと感じています。

試合を最後まで諦めない、当たり前のようで何と難しいことでしょう。

みなさんも、試合をたくさん経験してきたはず。

その中で、自信を持って「最後まで諦めなかった」と言える試合、どの程度あるでしょうか?

これって、実は結果以上に大きな差になってるんです。

 

諦めて終わるのと、諦めないで終わる試合の違いについて

 


 

1.諦めない、のは根性論では無理

実際、そうだと思います。

「諦めるな!」と応援されても、「じゃあ、どうやって勝てって言うんだよ」となる。

諦めないで戦うには、その理由というか、根拠が必要なんですよね。

それは、ある意味成功体験。

「最後まで諦めなかったら、本当に良いことがある」ことを、経験しているかどうか。

一度経験すれば、諦めるのが本当にもったいなく感じる。

だって、テニスは大逆転が起きやすい、そんなルール構成になってますから。

 

2.サッカーで0-10、残り試合時間5分じゃ無理だけど

テニスは、違いますよね。

時間制限が無い、というのが何よりもミソ。

それに、各ゲームは0-0から開始なので、その都度リセットも出来る。

ゲーム数だけで諦めるなんて、本当にもったいない話。

それは、相手の希望をかなえてあげているようなもの、ですから。

でも、これも成功体験を積んでいないと難しいこと、なんですよ。

そりゃ、0-5のゲームカウントになったら、誰でも諦めたくもなる。

でも、6ゲーム目から何かを興すこと、は出来る。

その姿勢が、何かを変えていくうねりになっていくんです。

 

3.諦めない姿勢を貫いての負け、は絶対に次につながる

これが一番、今回のポイントです。

諦めない姿勢を、最後まで貫く。

その結果負けてしまうのは、仕方ないことです。

諦めてしまって、試合の後半を無力に戦うことは、アナタ自身を「弱く」していく。

最後まで試行錯誤して、相手に喰らい付いていけば、実際に勝つチャンスの芽は出て来るのがテニス。

これ、外から試合を観ていると本当に感じます。

「スコア差はあったけど、あのポイントを取られていたら危なかったな」と思える試合、勝ち試合でもあるじゃないですか。

それくらい、テニスの試合を分けるポイントって僅差なんです。

 

4.諦めないで終わる試合、を日々イメージしよう

実際、アナタ自身に何が出来るでしょうか。

とにかく、1球でも多く、相手コートに返す。

そのためには、スライスも打てないといけないし、相手の打つコースを予測しないといけない。

簡単なことじゃないですけど、これが出来ないから粘れない、んじゃないですか?

粘りに必要なのって、メンタルじゃない。

しっかりした技術と、それを磨こうとする意欲そのものですから。

 

諦めない試合を、自分で積み上げていく。

これを繰り返しているうちに、「絶対勝てないかも・・・」と思っていた相手との差が縮まっていくのがテニスです。

縮まらないのは、アナタがどこかで諦めているから。

テニスだけの話、じゃないと思いますけどね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 【初開催・先着順です!】T-PRESS 12月 インドアコート テニスキャンプを…

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という選択肢が有効

    試合の中で、こういう相手は結構多い。相手の攻撃を、「反撃する」…

  2. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースライン

    高校生の皆さんでも社会人、ベテランやシニアの皆さんでも、私が一貫してお…

  3. テニス 格上相手

    戦術

    粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人

    試合の中で、粘りが足りないで淡泊な試合が多い人は、なかなか勝てない人が…

  4. 戦術

    あっという間に、人は老いる

    テニスを頑張りたいと、アナタ自身が思っていても。時の流れは、…

  5. テニス スマッシュ

    戦術

    これは上級者のショット、なんて発想は逃げでしかない

    テニスには、色々なショットがあります。元々、ルール上ワンバウン…

  6. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる

    テニスのラリーの中で、意識して欲しいのは時間の奪い合い。ここに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    両手バックハンドストロークで、しっかりスピン回転をかける基本5つ
  2. リターン

    ブレイクポイントは、3本に1本取れれば上出来
  3. テニス メンタル

    その他

    「テニスの世界において、多数派で無いことは武器になる」アナタの個性を磨いていきま…
  4. テニス ストローク

    シングルス

    「アプローチショットを深く&ドロップショット」は、黄金パターン
  5. テニス ダブルス

    その他

    テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです…
PAGE TOP