テニス 予測

ロブ

自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。

そのロブを、相手が追わない、どうやらアウトだと思っているような雰囲気。

このとき、アナタはどうしますか?

この小さい部分に、アナタのテニス選手としての資質、強い意志が問われている。

私はそう思いますよ。

 

自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

 


 

1.相手の雰囲気に、惑わされてはいけない!

セルフジャッジの試合、確かに相手コートをジャッジするのは相手です。

でも、その雰囲気を勝手に判断して良い、ことは絶対にない。

アナタ自身、もっと自分が打ったボールを信じないと。

絶対に入る、入るから前に詰めて隙を見せない、というフットワークで動く。

これが出来る人って、意外と少ないんですよ。

相手がウォッチする雰囲気、になると、自分まで諦めムードになる。

そんな選手には、テニスの神様も振り向かないでしょう。

 

2.ロブは入る、絶対に入ると思って走ろう!

良いんです、結果的にアウトでも。

大事なのは、アナタ自身が信じて走ること。

そうしないと、諦め癖が付くんですよね。

入ったら、「入ったの!?」となって、結果的に相手に返球されてそれを仕留めきれない。

絶対に入る、という信念のもとで走っていれば、ボールは入ってくれますよ。

それに、相手も「入るかも・・・」と不安になる。

セルフジャッジの結果だって、私は変わってくると思いますよ。

 

3.諦めた相手に、セルフジャッジは厳しくなる

セルフジャッジは、人が行うもの。

アナタだって、身に覚えがあるはずです。

対戦相手が諦めてくれたら、多少「自分に優位」な判定だって出来る。

相手が諦めない感じで、走って来る、前に詰めてくる感じだと・・・どうでしょう。

「変なジャッジは、出来ないな」と思いますよね。

それが自然です。

アナタ自身、こういう部分でも、自分が打ったロブが入ると信じて前に走る。

それは、相手のジャッジに対しても、プレッシャーをかけることにつながるんです。

 

4.自分の打ったボールを信じる癖、は行動でしか身に付かない

私は、こう考えます。

実力が伴ってくるんじゃない。

まずは行動が変わる。

自分のショットを信じて走る、こういう行為を繰り返すからこそ、自分のボールを信じれるようになるんです。

100%入ると思ったら、誰だって走る、相手を追い詰める。

でも、多少打った感触が悪くても、信じて走る癖を付けておくこと、が実力につながっていくんです。

毎回走っていれば、嫌でも信じたくなりますからね。

これが出来る人は、意外と少ない。

つい、私たちは自分の打ったボールを、すぐに諦めてしまいますからね。

 

今回のテーマ、実は重いと思いますよ。

私も書いていて、「お前、自分出来てんのかよ」と何度も思いました。

自分が打ったボールを、信じ切ること。

これが出来れば、きっと試合でも強い。

出来るように、私たちは心を強くしていかないといけませんね。

厳しいようですが、これもテニスの厳しさであり、楽しさでしょう。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

    ロブの重要性、何度も書いてきましたが・・・なかなか試合で使えない。…

  2. ロブ

    ミックスダブルスで、勝てるロブの考え方5つ

    今回は、ミックスダブルスについて。出場した経験のある方、今ま…

  3. ロブ

    ミックスダブルスで、「男性サーブを女性がどう返すのか?」について

    ミックスダブルスの試合で、一番考えておくべきポイント。それは、…

  4. ロブ

    ミックスダブルスで女性の上にロブ、を打つことは勝つための大前提です

    ミックスダブルスの試合、常套手段なのに・・・。意外とやる人、少…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い

    試合でロブを打って、浅くなってスマッシュで決められる。こういう…

  6. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

    相手がロブを打って来て、とっさに判断出来るかどうか。ネットプレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前…
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り
  3. テニス ダブルス

    ストローク

    ドロップショットの目的を、もう一度確認しよう
  4. テニス ボレー

    戦術

    格下相手こそ、焦らずチャンスを待とう
  5. テニス メンタル

    戦術

    いつでもどこでも、「反撃コース」を想定しておこう
PAGE TOP