テニス メンタル

ロブ

トップスピンロブに切り替えた人から、テニス上級者になれる

試合に強い人は、常に相手を追い込むことを考えている。

だからこそ、必要なのはロブを進化させていくという発想です。

「なんで、ロブを?」と思いますよね。

それはロブという技術にこそ、今のアナタ自身のテニスのレベルが反映されやすいからです。

 

トップスピンロブに切り替えた人から、テニス上級者になれる

 


 

1.スライスロブ、だけは中級者

ロブを試合で使うようになると、より実戦的になりますよね。

でも最初は、恐らく守備的なスライスロブだけを使う感じだと思います。

相手に走らされて、苦しいからスライスロブ。

これも、立派な技術ですし戦術です。

でも、それだけだとロブはいつまで経っても守りのショット。

守るだけでは中級者、なんですよね。

テニスの試合の世界では。

 

2.トップスピンロブを使う、勇気を持てるかどうか

ここが、分かれ目です。

ロブはスライス、だけじゃなくスピンでも使っていくという発想が持てるかどうか。

ネットにいる相手の頭上を、順回転のスピンで狙えるかどうか、が大事なんです。

何も、グリグリの回転をかけてノータッチエース、なんて必要無い。

いつものアナタ自身のストロークを、少し高い軌道で打つだけで良い。

その選択を、自分自身で出来るかどうかが試合で勝てるかどうか、の境目になります。

 

3.使い方を教えてくれないショット、それがロブ

実際に、テニススクールでも教えてくれることが少ないと思います。

ロブをどう使うのか、どこに打つのか、細かく教えてくれるコーチって少ないですよね。

でも実際の試合では、実に細かい狙いでロブは使われている。

そこに、トップスピンという要素を入れていく、ということが大事なんです。

使い方は、自分で考えて試していく、感じていくしかない。

ここが実に、難しいポイントなんです。

だからこそ、試合で差になって現れやすい。

みなさんも、身に覚えがありませんか?

 

4.「やられたら嫌だな」と思うロブは?

まず、書き出してみて下さい。

打たれて嫌なロブって、どんなロブでしょう?

順回転で、低くて速い、触れるけど弾かれそうなロブって、嫌じゃないですか?

このイメージが湧けば、あとはアナタ自身がどうやってそれを打つのか、です。

難しくないでしょう、普通のストロークをロブに使えば良いだけの話。

ロブはスライス、という発想を卒業して、強くなりましょう。

私からのメッセージは、それだけです。

 

トップスピンロブを、アナタ自身が良い態勢から打つ。

これだけで、かなり世界は変わりますよ。

良い態勢からロブ、を打つ発想が持てるかどうか。

つい、クロスに強打したくなりますけどね。

ダブルスは、良い態勢の時にこそトップスピンロブを使ってみる。

きっと、脱中級者を実感出来るはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. ロブ

    ロブの精度の見極め、職人技にまで極めよう

    自分、または自分のパートナーが打ったロブ。このロブが、良いのか…

  2. テニス ダブルス

    ロブ

    ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?

    ダブルスの試合で、ロブは基本ストレート?確かに、前衛が正面にい…

  3. ロブ

    ミックスダブルスで、「男性サーブを女性がどう返すのか?」について

    ミックスダブルスの試合で、一番考えておくべきポイント。それは、…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイントが獲れる

    試合に有効な「ロブ」という選択。ダブルスではもはや必須、シング…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    つなぐ、攻めるをハッキリさせれば、並行陣は強くなる
  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能にな…
  4. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ…
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    相手が足下のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決ま…
PAGE TOP