テニス メンタル

ロブ

トップスピンロブに切り替えた人から、テニス上級者になれる

試合に強い人は、常に相手を追い込むことを考えている。

だからこそ、必要なのはロブを進化させていくという発想です。

「なんで、ロブを?」と思いますよね。

それはロブという技術にこそ、今のアナタ自身のテニスのレベルが反映されやすいからです。

 

トップスピンロブに切り替えた人から、テニス上級者になれる

 


 

1.スライスロブ、だけは中級者

ロブを試合で使うようになると、より実戦的になりますよね。

でも最初は、恐らく守備的なスライスロブだけを使う感じだと思います。

相手に走らされて、苦しいからスライスロブ。

これも、立派な技術ですし戦術です。

でも、それだけだとロブはいつまで経っても守りのショット。

守るだけでは中級者、なんですよね。

テニスの試合の世界では。

 

2.トップスピンロブを使う、勇気を持てるかどうか

ここが、分かれ目です。

ロブはスライス、だけじゃなくスピンでも使っていくという発想が持てるかどうか。

ネットにいる相手の頭上を、順回転のスピンで狙えるかどうか、が大事なんです。

何も、グリグリの回転をかけてノータッチエース、なんて必要無い。

いつものアナタ自身のストロークを、少し高い軌道で打つだけで良い。

その選択を、自分自身で出来るかどうかが試合で勝てるかどうか、の境目になります。

 

3.使い方を教えてくれないショット、それがロブ

実際に、テニススクールでも教えてくれることが少ないと思います。

ロブをどう使うのか、どこに打つのか、細かく教えてくれるコーチって少ないですよね。

でも実際の試合では、実に細かい狙いでロブは使われている。

そこに、トップスピンという要素を入れていく、ということが大事なんです。

使い方は、自分で考えて試していく、感じていくしかない。

ここが実に、難しいポイントなんです。

だからこそ、試合で差になって現れやすい。

みなさんも、身に覚えがありませんか?

 

4.「やられたら嫌だな」と思うロブは?

まず、書き出してみて下さい。

打たれて嫌なロブって、どんなロブでしょう?

順回転で、低くて速い、触れるけど弾かれそうなロブって、嫌じゃないですか?

このイメージが湧けば、あとはアナタ自身がどうやってそれを打つのか、です。

難しくないでしょう、普通のストロークをロブに使えば良いだけの話。

ロブはスライス、という発想を卒業して、強くなりましょう。

私からのメッセージは、それだけです。

 

トップスピンロブを、アナタ自身が良い態勢から打つ。

これだけで、かなり世界は変わりますよ。

良い態勢からロブ、を打つ発想が持てるかどうか。

つい、クロスに強打したくなりますけどね。

ダブルスは、良い態勢の時にこそトップスピンロブを使ってみる。

きっと、脱中級者を実感出来るはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    テニスの試合で「背後のボール」を追いかけて返球するときに、必要なコツ5つ

    あまり意識されていませんが、実はテニスの試合で多い場面。それっ…

  2. テニス ボレー
  3. ロブ

    仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている

    いかに、相手にロブを隠すか。これって、特にダブルスでは勝つため…

  4. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミックスダブルス

    ミックスダブルスの試合に出ている方は、これを決めておきましょう。…

  5. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

    皆さん胸に手を当てて、聞いてみて下さい。シングルスでも、ダブル…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い

    試合でロブを打って、浅くなってスマッシュで決められる。こういう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 日々の雑記

    球数制限、テニス選手にも必要
  2. テニス 客観視

    その他

    30歳からのテニスは、「衰えを受け入れてこそ」試合に勝てる技術が身に付いていく
  3. テニス ボレー

    メンタル

    試合中に「良い時の自分」と、比べてはいけない
  4. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう
  5. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「ボールの落下点真下」に入ると、意外とスマッシュは打ち辛い
PAGE TOP