テニス メンタル

ロブ

テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ

試合で使うのに、テニススクールではなかなか教えてくれないこと。

それって、「ロブ」の技術は典型例。

特に、相手がスマッシュを打ってきたときにロブで返球する、凌ぐ、という場面は試合ではよくありますよね。

でも、テニススクールではそもそも生徒が生徒に向かってスマッシュを打つ、というのは危ないしなかなか教えられない。

インドアの天井も低いスクールもあるでしょうしね。

だからこそ、試合で使えないで負けていく・・・のが、悲しいテニススクール生・・・。

では、今日はとっておきのコツをご紹介したいと思います。

 

テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ

 

1.相手のスマッシュの癖を見極める

大きく分けて、2つあると思っています。

1つは、何でも「叩き付けたがる」タイプ。

男性に多いのですが、スマッシュを浅い場所に叩き付けて、高くバウンドさせて触らせないようなスマッシュ、を得意にしている相手。

もう1つは、「深く丁寧に打つ」タイプ。

女性の多く、ミックスダブルスが得意な選手でコントロール勝負。

まずは、試合の対戦相手を大きく分けてみる。

もちろん例外はあるでしょうが、相手が打つ前に予測して走る、うえではこういうタイプ分けは大事です!

 

2.相手が打つ前に、自分がどこで触るのかイメージ

1.である程度予測が付いたら、自分がどこでロブを返球するのかイメージしましょう。

下がるのか、それとも前に残るのか。

叩き付けるタイプの選手なら、下がってバウンドが落ちて来た地点で返球しやすい。

試合をしているコートの周囲の広さ、にも寄りますからしっかり確認しておくこと。

それから深くコントロールするタイプ、なら、もしかしたらボレーでの返球の方が有効かも知れない。

スマッシュと言っても、コントロールタイプは威力が低い。

だからボレーで返球出来る、プレッシャーをかけられる、と考えて動くのは悪くない選択です。

 

3.自分は低い態勢を取ってスプリットステップ

いざ、相手が打って来るときには、しっかり止まりましょう。

そして相手に身体を向けて、スプリットステップをいつもより深く、スタンスを広く。

これだけで、だいぶ守備範囲が拡がるはずです。

スプリットステップをしながら、「絶対に触るぞ!」という気持ちを、自分の中で高めておく。

そういう気迫って、相手にも伝わりますからね。

ぜひ、気迫充分で相手に相対してみて下さい。

 

4.ロブの軌道を先にイメージしておく

相手がスマッシュを打ってからイメージ、では遅い。

相手が打つ前から、ロブの軌道を先にイメージしておきましょう。

相手が打ったボールを、その軌道に乗せてあげる。

イメージとしては、「何回でもスマッシュを打たせよう!」作戦でOK。

ロブで抜こう、と思わず、「まぁ、3回くらい打たせればいつかミスするだろ・・・」くらいの感覚でOK。

スマッシュ対ロブ、になった時点で、相手スマッシュのミスを誘うことがロブ側の使命ですからね。

先に軌道をイメージ、それもコートのど真ん中くらいで良いと思いますよ。

 

5.相手バックハンド側にロブを打つチャンスを狙う

少し、自分がコントロール出来るスマッシュ、が飛んできたら・・・慌てずに相手の「バックハンド側」を狙うこと。

これが、きっと最高の反撃になります。

もちろん、厳しい状態には変わり無いですが、バックハンドのハイボレーを打たせることが出来た時点で、状況は五分五分、くらいに思って良いでしょう。

それくらい、いつもチャンスを狙う。

相手の利き腕を把握して、スマッシュを打たれながらも、「絶対にバック側にいつかロブを上げるぞ・・・」と思って、待ち構えておく。

ぜひ、実践してみて下さい。

 

コツ、といっても心構えですね。

コース取り、ポジション、意識が先に芽生えると、技術は必ずそれについて来ます。

逆に、技術はあっても正しく使えないと・・・それは試合では勝てない、ですよ。

テニススクールではなかなか教わる機会が無い、このスマッシュをロブで反撃する技術。

正直に言います。

これがしっかり打てる人は、自分と同等レベルの試合では必ず勝てます。

テニスではスマッシュを凌いで取ったポイントは、1ポイント以上の価値がありますからね。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. テニス メンタル

    ロブ

    自分のロブが安定しない人は、ゆっくりラケットを振ってみよう

    ロブでの攻撃、ダブルスの試合では必須。女子ダブルスだけじゃない…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    ミックスダブルスの試合に勝てるペアの、ロブの使い方はココが違う!

    ミックスダブルスで、今年は結果を出していきたいみなさん。まず、…

  3. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!

    試合で使えるトップスピンロブ。今の自分の打ち方から、どこを変え…

  4. テニス ボレー

    ロブ

    相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

    特にダブルスの試合で、よく観る光景だと思います。相手が2人前で…

  5. テニス コントロール

    ロブ

    ロブを追いかけて一度落とす時には、並行して走ってると一生間に合わない

    「そんなの、誰だって知ってるよ・・・」という、テニスの基本。こ…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    1点をチーム全員で争う野球、ほどの怖さはテニスには無いはず
  2. テニス 準備

    その他

    「サザエさん、テニスNo.1は誰だ!?」テニスの試合で必要な要素から考えてみる
  3. テニス サイト

    戦術

    強気に前で勝負する、サッカー日本代表は私たちの未来
  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ
  5. テニス知識

    テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
PAGE TOP