テニス メンタル

ロブ

テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ

試合で使うのに、テニススクールではなかなか教えてくれないこと。

それって、「ロブ」の技術は典型例。

特に、相手がスマッシュを打ってきたときにロブで返球する、凌ぐ、という場面は試合ではよくありますよね。

でも、テニススクールではそもそも生徒が生徒に向かってスマッシュを打つ、というのは危ないしなかなか教えられない。

インドアの天井も低いスクールもあるでしょうしね。

だからこそ、試合で使えないで負けていく・・・のが、悲しいテニススクール生・・・。

では、今日はとっておきのコツをご紹介したいと思います。

 

テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ

 

1.相手のスマッシュの癖を見極める

大きく分けて、2つあると思っています。

1つは、何でも「叩き付けたがる」タイプ。

男性に多いのですが、スマッシュを浅い場所に叩き付けて、高くバウンドさせて触らせないようなスマッシュ、を得意にしている相手。

もう1つは、「深く丁寧に打つ」タイプ。

女性の多く、ミックスダブルスが得意な選手でコントロール勝負。

まずは、試合の対戦相手を大きく分けてみる。

もちろん例外はあるでしょうが、相手が打つ前に予測して走る、うえではこういうタイプ分けは大事です!

 

2.相手が打つ前に、自分がどこで触るのかイメージ

1.である程度予測が付いたら、自分がどこでロブを返球するのかイメージしましょう。

下がるのか、それとも前に残るのか。

叩き付けるタイプの選手なら、下がってバウンドが落ちて来た地点で返球しやすい。

試合をしているコートの周囲の広さ、にも寄りますからしっかり確認しておくこと。

それから深くコントロールするタイプ、なら、もしかしたらボレーでの返球の方が有効かも知れない。

スマッシュと言っても、コントロールタイプは威力が低い。

だからボレーで返球出来る、プレッシャーをかけられる、と考えて動くのは悪くない選択です。

 

3.自分は低い態勢を取ってスプリットステップ

いざ、相手が打って来るときには、しっかり止まりましょう。

そして相手に身体を向けて、スプリットステップをいつもより深く、スタンスを広く。

これだけで、だいぶ守備範囲が拡がるはずです。

スプリットステップをしながら、「絶対に触るぞ!」という気持ちを、自分の中で高めておく。

そういう気迫って、相手にも伝わりますからね。

ぜひ、気迫充分で相手に相対してみて下さい。

 

4.ロブの軌道を先にイメージしておく

相手がスマッシュを打ってからイメージ、では遅い。

相手が打つ前から、ロブの軌道を先にイメージしておきましょう。

相手が打ったボールを、その軌道に乗せてあげる。

イメージとしては、「何回でもスマッシュを打たせよう!」作戦でOK。

ロブで抜こう、と思わず、「まぁ、3回くらい打たせればいつかミスするだろ・・・」くらいの感覚でOK。

スマッシュ対ロブ、になった時点で、相手スマッシュのミスを誘うことがロブ側の使命ですからね。

先に軌道をイメージ、それもコートのど真ん中くらいで良いと思いますよ。

 

5.相手バックハンド側にロブを打つチャンスを狙う

少し、自分がコントロール出来るスマッシュ、が飛んできたら・・・慌てずに相手の「バックハンド側」を狙うこと。

これが、きっと最高の反撃になります。

もちろん、厳しい状態には変わり無いですが、バックハンドのハイボレーを打たせることが出来た時点で、状況は五分五分、くらいに思って良いでしょう。

それくらい、いつもチャンスを狙う。

相手の利き腕を把握して、スマッシュを打たれながらも、「絶対にバック側にいつかロブを上げるぞ・・・」と思って、待ち構えておく。

ぜひ、実践してみて下さい。

 

コツ、といっても心構えですね。

コース取り、ポジション、意識が先に芽生えると、技術は必ずそれについて来ます。

逆に、技術はあっても正しく使えないと・・・それは試合では勝てない、ですよ。

テニススクールではなかなか教わる機会が無い、このスマッシュをロブで反撃する技術。

正直に言います。

これがしっかり打てる人は、自分と同等レベルの試合では必ず勝てます。

テニスではスマッシュを凌いで取ったポイントは、1ポイント以上の価値がありますからね。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に…

  2. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!

    毎日色んなショットを練習しているだろうが、ロブの練習はどれくらいやって…

  4. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

    高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようと…

  5. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

  6. ロブ

    風が強い中でのロブ、どうやって使おう?

    テニスコートって、高台に多い。そう感じるのは、私だけでしょうか…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. メンタル

    まだまだアナタ自身、試合では「出し惜しみをしている自分」に気付けていない
  2. シングルス

    粘り強いシコラー相手には、考える時間を与えてあげれば良い
  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスで自分のリターンが浮いてしまう人は、「低い目線をキープする」ことを意識す…
  4. ダブルス

    サーブ&ボレーの相手に、スライスでチップ&チャージ!
  5. テニス ロブ

    メンタル

    「もっと厳しくテニスを指導して欲しい!」と言う人ほど、きっと実際の厳しい指導には…
PAGE TOP