テニス ストローク

リターン

テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ

リターンが得意、苦手、というのは差が激しい。

特に一般や学生の皆さんの試合では、その差が顕著になる。

リターンは意外と、普段練習出来ていないケースが多くないですか?

強気に攻撃していくために、必要な練習方法をまとめてみました。

 

テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ

 


 

1.ポジションを前にする

ベースラインよりはっきり前、でリターンする習慣を身に付けたい。

そのために、普段から前でボールを捕らえられるように、練習から意識する。

テイクバックをしっかり小さくして、踏み込んでいく足を前に出す。

ポジションを前、とにかくボールに向かっていく習慣をしっかり身に付けましょう。

 

2.前からサーブを打ってもらう

リターン練習は、しっかり相手から前で打ってもらいたい。

通常の試合で楽になれるよう、練習ではすごく速いサーブになれておく。

サービスラインの少し後ろ、くらいから相手に打ってもらう。

最初は反応することすら、厳しいでしょう。

ですが、慣れてくるとまず反応出来るようになるし、何とかブロックで返球したいと思えるようになる。

きっと試合では、ほとんどのサーブが遅く、打ちやすく感じるでしょう。

 

3.高い場所からのサーブを返球する

2.のように前、から打ってもらうことも大事ですが、高い場所からのサーブにも対応したい。

すごく身長が高い相手、ビッグサーバーはサーブの角度が強烈。

いきなり試合本番では、対応出来ないでしょう。

台や椅子、の上に立ってもらって2メートル以上の身長、くらいになってもらってリターン練習をする。

これが出来ていれば、きっと大丈夫です。

 

4.的を作ってリターンのコースをコントロール

リターンのコース、はしっかり狙いたい。

セカンドサーブに対しては「攻撃」であるべき。

リターン練習でも的をしっかり置いて、狙う意識を高めましょう。

通常のストロークよりは、ラケットスウィングは小さく、合わせて相手の力を使う意識を高く持つ。

その為には、練習からコントロール意識を高めるために、明確な的、眼に見える形で用意しましょう。

 

5.ロブやドロップショットのバリエーション

リターンからの攻撃、は直線的なものばかりではない。

ロブ、やドロップショット、のようにいきなり意表を突いたリターン、もとても有効になります。

普段の練習、で試合を想定するとはこういうショットを打つ、ということ。

ドロップショットの的ロブの練習のためには「前衛」を用意して、しっかりバリエーションを増やす。

リターンからドロップ、ロブが打てると絶対に試合で有効です。

いきなり試合、ではなくしっかり練習からリターンの種類を増やしておきましょう。

 

リターン練習は、しっかり「種類を多く」していきたい。

リターン練習って、なんとなくサーブを打ってもらって、それを返球する、だけになっていませんか?

それでは試合でも、一本調子になってしまいがち。

練習から、速いサーブ、角度のあるサーブ、そしてバリエーションを自分から増やしていく。

ことに慣れておくための練習、にしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?

    正直なところ、試合の中で「このポイント、ダブってくれないかな・・・」と…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう

    バックハンドリターン、みなさん苦手意識を持っている方も多いと思います。…

  3. テニス 戦術

    リターン

    ボディへの深いサーブは、「身体を逃がしながら顔を残す」だけで楽に返ります

    ボディへのサーブ、皆さんはしっかりリターン出来ていますか?テニ…

  4. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

    昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。フェ…

  5. リターン

    セカンドサーブをコントロール出来る人は、実際ほとんどいない

    相手のセカンドサーブ、にどう対応するのか。これは、結構ハッキリ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに

    リターンをしっかり、返球したい。そう考えると、しっかり身体の向…

特集記事

  1. テニス 走力

    メンタル

    テクニックを嫌う人は、いつまで経っても勝者の側にはいけない
  2. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    アナタが考える「テニスのウィッシュリスト」を作ってみよう
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手として、「スタミナを武器にしたい」と考えているのであれば、1日8ゲーム…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し…
PAGE TOP