テニス ストローク

リターン

テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ

目次

リターンが得意、苦手、というのは差が激しい。

特に一般や学生の皆さんの試合では、その差が顕著になる。

リターンは意外と、普段練習出来ていないケースが多くないですか?

強気に攻撃していくために、必要な練習方法をまとめてみました。

 

テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ

 


 

1.ポジションを前にする

ベースラインよりはっきり前、でリターンする習慣を身に付けたい。

そのために、普段から前でボールを捕らえられるように、練習から意識する。

テイクバックをしっかり小さくして、踏み込んでいく足を前に出す。

ポジションを前、とにかくボールに向かっていく習慣をしっかり身に付けましょう。

 

2.前からサーブを打ってもらう

リターン練習は、しっかり相手から前で打ってもらいたい。

通常の試合で楽になれるよう、練習ではすごく速いサーブになれておく。

サービスラインの少し後ろ、くらいから相手に打ってもらう。

最初は反応することすら、厳しいでしょう。

ですが、慣れてくるとまず反応出来るようになるし、何とかブロックで返球したいと思えるようになる。

きっと試合では、ほとんどのサーブが遅く、打ちやすく感じるでしょう。

 

3.高い場所からのサーブを返球する

2.のように前、から打ってもらうことも大事ですが、高い場所からのサーブにも対応したい。

すごく身長が高い相手、ビッグサーバーはサーブの角度が強烈。

いきなり試合本番では、対応出来ないでしょう。

台や椅子、の上に立ってもらって2メートル以上の身長、くらいになってもらってリターン練習をする。

これが出来ていれば、きっと大丈夫です。

 

4.的を作ってリターンのコースをコントロール

リターンのコース、はしっかり狙いたい。

セカンドサーブに対しては「攻撃」であるべき。

リターン練習でも的をしっかり置いて、狙う意識を高めましょう。

通常のストロークよりは、ラケットスウィングは小さく、合わせて相手の力を使う意識を高く持つ。

その為には、練習からコントロール意識を高めるために、明確な的、眼に見える形で用意しましょう。

 

5.ロブやドロップショットのバリエーション

リターンからの攻撃、は直線的なものばかりではない。

ロブ、やドロップショット、のようにいきなり意表を突いたリターン、もとても有効になります。

普段の練習、で試合を想定するとはこういうショットを打つ、ということ。

ドロップショットの的ロブの練習のためには「前衛」を用意して、しっかりバリエーションを増やす。

リターンからドロップ、ロブが打てると絶対に試合で有効です。

いきなり試合、ではなくしっかり練習からリターンの種類を増やしておきましょう。

 

リターン練習は、しっかり「種類を多く」していきたい。

リターン練習って、なんとなくサーブを打ってもらって、それを返球する、だけになっていませんか?

それでは試合でも、一本調子になってしまいがち。

練習から、速いサーブ、角度のあるサーブ、そしてバリエーションを自分から増やしていく。

ことに慣れておくための練習、にしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. リターン

    相手のサーブを予測する、ことに貪欲になろう

    もっともっと、貪欲になって欲しいポイント。それは、みなさんの…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!

    リターンミスを減らしたい、減らせばブレイクのチャンスが拡がる。…

  4. テニス 戦術

    リターン

    セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう

    ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ。リターンの場面で、ここ…

  5. リターン

    リターンで踏み込んで満足、してない?

    前に踏み込んで、ナイスリターン!これ、だけで満足してはいませ…

  6. リターン

    リターンで攻撃していく時も、軸足作りを徹底しよう

    攻撃的なリターンで相手を追い込んでいくとき。つい、前がかりにな…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばOK
  2. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わ…
  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で知っておいて損は無い、「風下コートでの戦い方」について
  5. その他

    明けましておめでとうございます、そして…
PAGE TOP