テニス サーブ

リターン

しっかり肩が入ったサーブのフォームからは、センター狙いの可能性大

これは最近、私が意識しているポイントなんですが・・・リターンのときの、サーブのコースの予測。

男子ダブルスだと、もうこれが出来ないと結構キツイ試合が多い。

サーブが上手い選手のゲームをブレイクするには、早めにコースの傾向をしっかり読んで、ポジションも調整しないと1セットマッチなんてあっという間に終わりますよね。

今回は最近私が意識している、ある特徴について。

例外もあると思いますが、結構使えると思いますよ。

 

しっかり肩が入ったサーブのフォームからは、センター狙いの可能性大

 

1.相手サーバーの「肩の入り具合」に注目!

意識するのは、このポイントです。

相手のサーバーが、どの程度肩が入った状態でトスアップからキープ出来ているか。

背中がどれくらい、リターン側の自分から見えるのか、を確認しておく。

例えばプロ選手だと、フェデラー選手なんかはすごく肩が入った感じですよね。

錦織選手は少し開き気味・・・でしょうか、あくまで感覚でOKです。

そして一般的には、肩がしっかり入っているとセンターへのスピン系のサーブが打ちやすい。

この傾向を掴んでおくと、試合で楽ですよ。

 

2.センター寄りのポジションから打って来れば、間違い無い

後は、打ってくるポジションですね。

センター寄り、からは当然センターへのサーブが打ちやすい。

きっとしっかり肩を入れてセンターを狙って来る相手は、センター寄りからサーブを打ちたいと考えるはず。

相手をよくみて、「あぁ、きっとこういうサーブを打ちたいんだな・・・」というのを悟る。

予測が外れても良い、漠然と待つよりは全然良いと思います。

デュースサイドなんて、右利きの方はバックハンドリターンになりますからね。

まともにやっていたら、辛いのは当たり前。

コースを予測して、バックハンド寄りにポジションを変えることも有りだと思いますよ。

 

3.ポジション変更は、バレないように!

どうせポジションを変えるなら、相手がトスアップした後、がベスト。

バックハンドで待っている、ことを悟られないように工夫するのが有効です。

相手がトスアップしたらもうこちらの時間。

少しだけバックハンド寄りに立って、グリップもバックハンドで準備。

前に踏み込んで、センターへのスピンサーブをケアしていく。

このちょっとした工夫だけで、ブレイクの確率はかなり高めることが出来ると思いますよ。

 

4.逆に、身体が開いているような感じだと・・・?

もう、お分かりだと思います。

ワイド、方向へのサーブが嫌でも増えますよね。

こういうタイプのサーバーは、初心者の方や初中級の方に多い。

力が入りやすいサーブの打ち方、を自然に実践すれば身体は開くんです。

そしてクロス、ワイド方向に飛んでいきやすい。

このことを覚えておけば、リターン側も楽ですよね。

もちろん、例外もあります。

あくまで傾向ですので、タイプにはまらない相手との試合でも慌てないようにしましょう。

 

5.得意コースを塞ぐことは、勝ち試合への第一歩

さて、とにかく厳しい男性のセンターへのサーブ。

スピンもしっかりかかって、バックハンドリターンを力が入らない高い打点で打たされるとき・・・は、まず予測して前に入りましょう。

何とか触って、ロブでも良いので返す。

相手の得意サーブから、ラリーに持ち込んでみましょう。

とにかく、この得意ショットを攻略しないと話にならない。

相手が、「そろそろワイドに打たないとな・・・」と思ってくれるように、アナタ自身が工夫していかないとダメ。

「センターにいつも通り打っておけば、この相手は大丈夫だな・・・」と思われているうちは、ブレイクポイントも作れないですからね。

 

大胆に、動いていきましょう。

相手サーブが強力なら、それ相応のリスクを覚悟で動いていく。

その結果、相手がリズムを崩すことだって多いでしょうから。

何も策が無いと、普通にやって普通に負ける・・・のって、アナタ自身の成長にもならない。

男性の厳しいセンターへのサーブ、打つフォームから感じられるように。

リターン側のチャンスは、まずそこからです。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ

    リターンが得意、苦手、というのは差が激しい。特に一般や学生の皆…

  2. リターン

    リターンダッシュから前に詰めて、どうする?

    リターンダッシュ、を試合で使っていきたいというみなさん。あくま…

  3. リターン

    「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

    ダブルスのレシーブの時に、ストレートを抜くというのはそう気軽に出来るも…

  4. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう

    両手バックハンドリターンで、コントロール良く攻撃していく。その…

  5. リターン

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に見せていこう

    ダブルスの試合、「リターンをポーチに出る」という作戦を実践しているペア…

  6. テニス テイクバック

    リターン

    リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツとは?

    セカンドサーブをアタックしたいと考えていても、レベルが高い相手はそうも…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「ダブルスでスマッシュが重なりそう!」なときには、前衛優先の考えでシンプルに
  2. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと
  3. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨…
  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一…
  5. 戦術

    セオリーだけでは、脅威に成り得ない
PAGE TOP