テニス メンタル

その他

「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ

大会で、勝ち進んでいくということ。

みなさんにとって、これは目指しているべきところだと思います。

テニスの試合、個人戦が基本ですよね。

その個人戦で勝ち進んでいくということは、当たり前ですが自分に負けた人を増やしていく、ということ。

厳しいようですが、その覚悟、はアナタ自身にあるでしょうか?

 

「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ

 


 

1.時代は、変わった

私は、思うんです。

昔はインターネットも無かったから、実績を調べることなんてほとんど出来なかった。

試合会場で、手書きのトーナメント表、があるくらいでしたよね。

でも、今はどうでしょう。

「名前 テニス」で検索すると、面白いように試合結果はたくさん出て来ます。

勝った試合もあれば、負けた試合もある。

そして、自分が負かした相手だって、世の中に示されている。

考えなくても良いこと、なのかも知れませんが、私はそこに責任が生まれて来ると思っています。

 

2.自分が勝った相手、の想いまで背負っていこう

試合会場でも、そうだと思います。

自分が勝った相手が、自分の試合を応援してくれているようなこと、よくありますよね。

応援されないまでも、「自分に勝ったあの人、どこまでいったかな・・・」というのは、気になっているはず。

アナタ自身、自分の試合なんだし好きにやらせてくれ!と思うかも知れません。

それも、一つの考え方。

ですが、自分が強くなるための考え方としては、どうでしょう。

自分が負かした人の為に頑張る、というのも、悪くない考え方だと思いますよ。

 

3.恥ずかしくない試合をしたい、と思えたら強い

こういう人って、目が違う。

自分にとって、そして仲間や負かしてきた相手に恥ずかしくない試合をしたい、と思っている相手は、強い。

目線が落ち着いているし、メンタルも研ぎ澄まされているような雰囲気、を感じることが出来る。

勝ちたいのはもちろんだけど、「なんだ、アイツはこんな相手に負けたのか」と、対戦相手に思われたくない。

勝ち続けているアナタの背中には、そこまで倒して来た相手より強い、という称号がある訳ですから。

胸を張って、堂々と。

恥ずかしくない試合をする、ことに集中出来れば大丈夫。

気負う必要は無いですけど、アナタ自身が意識するべきところはそこ、だと思いますよ。

 

4.だから「アナタに勝ちたい!」と言われるようになろう

尊敬される、人から認められている人って、みなさんの周りのテニス仲間にもいると思います。

「この人に、勝ちたい!」と、思える人。

そういう人に、アナタ自身なって欲しい。

いや、気付かないだけでもうそ思われている人も、読者のみなさんの中にはたくさんいることでしょう。

人から目標にされる、ということは、アナタ自身の人生にとって財産でしかない。

テニスが上手い、下手、そういう問題じゃないと思うんですよね。

人の想いを背負って、目の前の試合を一生懸命、必死で頑張る、やり切る。

その先に、きっとアナタ自身がなりたい自分、大会を勝ち抜いていく選手、になれるはずです。

 

個人戦ですけど、ある意味団体戦。

私は、テニスの試合ってそういう要素もあると思うんですよね。

決勝戦がAという選手とBという選手の試合なら、Aに負けた人たち対Bに負けた人たち、の想いを背負った戦いでもある。

ちょっと大げさな考え方かもしれないですけど、それくらいの責任感があるから、試合は楽しい。

そう思いませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

    「後輩の態度が悪いので、何とかしたいのですが・・・」こういった…

  2. テニス 上達

    その他

    「あ、俺テニス上手くなってきたかも・・・」と感じる瞬間は、こんなときかも知れない

    今回は、私の経験則で。なかなかテニスが上手くならない、なった気…

  3. その他

    あるレベルからは、「自分の色を出していけないテニス選手」は淘汰される

    テニス選手は、千差万別。基本となる部分を身に付けた先は、アナタ…

  4. テニス センス

    その他

    「テニス中のBGM」は試合中に流れてますか?

    先日「試合中に音楽がずっと頭の中に流れるのですが、それっていいことです…

  5. テニス ダブルス

    その他

    「試合前の5分間のウォーミングアップ」で確認しておくべき、相手の特徴4つ

    試合前のウォーミングアップは、色々な形式がありますが主に2つ。…

  6. テニス 準備

    その他

    カウントに疑問を持ったら、必ずクリアしてから入ること

    セルフジャッジの試合、みなさんも絶対経験があるはず。「今、カウ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない
  2. テニス 部活

    練習メニュー

    「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは、無意味です
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ワンランク上、の前衛になろう
  4. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ
  5. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
PAGE TOP