テニス ストローク

シングルス

全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

昨日の錦織選手の試合を観て、感じたこと。

ドロップショットの処理って、本当にプロ選手でも難しいんだな・・・と。

前に走って、ドロップショットをドロップショットで返すのは基本、ですが、やっぱり力加減が難しい。

だからこそ、私は打つコースに余裕を持つこと、が大事だと思いますよ。

 

全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

 


 

1.シングルスの試合は、ドロップ処理は必須の技術

みなさんも、試合に出れば分かります。

上手い相手は、必ず前を使って来る。

アナタのストロークが強力だったり、後ろでの粘りが効いてくると、相手も嫌なんですよね。

前に引っ張り出して、勝負したくなる。

そんな時に、アナタ自身前に走って、どうボールを処理するのか、が求められるのがシングルスの試合。

ただ叩き付けるだけ、だと甘いボールしか処理出来ないですからね。

 

2.ネットより低いボールを、どう処理するのか

全力で前に走って、ラケットを伸ばしたけどギリギリ触れるかどうか、の場面。

ここで、打ち込むことは出来ないですよね。

深く打つのか、またはドロップで返すのか。

相手が前に来ていたら、フワッとロブも有りでしょう。

でも基本は、前に落としてドロップショット返し、で切り返したいところ。

でも、前に走っている推進力がありますから、手加減して目の前に落とすのはかなり難しいでしょう。

だからこそ、必要なのは「角度を付ける」という発想です。

 

3.前に走って、角度を付けたドロップショットで切り返そう!

これは、そこまで難しくありません。

前に走りながら、ラケットをボールの横に入れる準備、をしておきましょう。

そして、アングル気味に、自分がいる反対側のサイドラインを狙ってネット際に落とす。

ある程度、ボールは飛ばす距離がありますから、目の前にちょん、と落とすよりも楽なはず。

打ったらすぐに、その打った方向へカバーに走る。

相手が追い付くまでに、自分は良いポジション、守備堅めをしておく意識が大事です。

この一連の動きを、ボールを追いかけながらイメージすること、が必要ですね。

 

4.ドロップはいつ打たれても、「良し来た!」でいこう

相手に打たれても、待ってましたとばかりに前に行きたい。

自分でしっかり処理するイメージが出来ていれば、怖く無いですよね。

アングルに切り返して、更にそちら側にポジションを移す。

これだけで、相手はかなり嫌だと思いますよ。

深く返す、のも悪くない戦術ですが、ちょんと目の前に落とすのが難しいように、ベースライン手前に落とすのもかなり難易度が高いでしょう。

アングルへのドロップショットなら、目標物がある程度近いし、ネットの一番低い場所、センターを通せるから気持ちも楽。

ぜひ、シングルスに試合で実践してみて下さい。

 

クレーコートの戦いでは、この応酬が激しいですよね。

ドロップは、打ってからが勝負。

そこからの切り返し、駆け引き、全仏オープンでもぜひ注目してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

    シングルスの試合での攻めるポイント。これは、まず基本の形から決…

  2. テニス シングルス
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、フォアハンドの切り返しクロスショットのコツとは?

    シングルスの試合で、武器が欲しい。そんな方には、最近のプロ選手…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ

    シングルスの試合、自分で自由に出来るようで、実際は何をやったら良いのか…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事

    テニスの試合で負け続けて、精神的に滅入ってしまう。そんなとき、…

  6. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です

    人それぞれ、試合ではプレースタイルがある。パッと見てまずはっき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーでミス、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないだけ
  2. サーブ

    テニスの試合、「自分のセカンドサーブがいつも打ち込まれる・・・」と悩む人は、バウ…
  3. テニス 戦術

    ストローク

    「回転掛けて、安定感」テニスの試合で使えるストロークにするために
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「チャンスで後はストロークで決めるだけ‥」な場面でミスしない為に、大事なのは回転…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手のショートクロスを潰したいなら、「ネットプレーでセンター」に詰めないと
PAGE TOP