メンタル

「全部取ろう」、「全部入れよう」とするから、試合で自分を苦しめてしまう

テニスの試合、みなさんはどんなポイントの獲得意識で入ってますか?

技術はあるのに、試合に勝てない、崩れていく人は、もっと楽になって良い。

今回は、私が普段意識していること、を書いてみたいと思います。

テニスは、ゲーム。

最後に勝てば良いんですから。

 

「全部取ろう」、「全部入れよう」とするから、試合で自分を苦しめてしまう

 


 

1.総得点数、の勝負じゃない

よくプロ選手の試合でも、ポイント数と獲得ゲーム数、セット数等が数値で出ていますよね。

勝った選手と負けた選手、実は総得点数が近いような試合も多い。

テニスでは、たくさんポイントを取った選手が勝ち、という訳じゃない。

あくまで、1セットマッチならセットを取った方が勝ち、なゲーム。

だから、大事なのは「勝負所のポイント」を取ること。

試合の中で上手くメリハリが付けられること。

そういう選手が、試合でも強いんです。

 

2.全部のポイントを取る、なんて無理

そもそも、この意欲は必要無い。

分かってはいても、真面目な人ほどこれをやってしまうんですよね。

全力で、全ポイントを取りにいく。

いや、この姿勢は大事だと思いますよ。

でも、結果的に取れなかった時に、どうするのか、何を感じるのか。

「しまった・・・落とした・・・」と、いちいち落ち込んでいては話にならない。

「落としても、良かったんだ」と思えないと試合では勝てない、辛いだけ。

全てのポイントを取ること、をどこかで求めているような潔癖の人は、テニス選手としては結果を出すのは難しい。

私は、そう思いますよ。

 

3.ファーストサーブも、3/4入れば充分

私はいつも、この意識でサーブを打ちます。

4本中3本入れる、ことが出来るサーブしか打たない。

実は、セカンドサーブもほぼこんな感じなんです。

3/4入る確率のサーブが、2回連続でミスする可能性は低い。

1/4×1/4、ですから、1/16になります。

テニスの試合、16回に1回のダブルフォルトなら、まぁそう悪くないかなと。

大事なのは、「自分はミスをする人間だ」ということを受け入れているかどうか、です。

 



 

4.自分を苦しめるのは、いつも自分自身

強い対戦相手、じゃないですよ。

自分を苦しめる、追い込んでいくのは、いつも自分自身です。

自分自身が、自分を追い込んで苦しくしていく、だからメンタルが弱いと感じてしまう。

本番に弱い人って、私はこういう完璧主義者だと思います。

試合に強い人は、自分を良く知り、弱みを受け入れている人。

だからこそ、全ての得点、サーブの入りを求めない。

それで良い、と思いませんか?

 

試合に強い人は、ある意味少し適当なところを残している。

私自身、そうかも知れません。

このサイトも・・・気を付けてはいますが誤字もあり、細かいミスはあります。

でも、まず前に進むこと、を第一にしている。

自分を知り、数値で具体化しておく、それで勝てると考える。

どうでしょう、少しでもみなさんの参考になれば嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分のことを疑うのは、試合前まで

    準備、の大切さ。何度も書いて来ましたし、その中で「自分への疑い…

  2. テニス 不安

    メンタル

    試合を好きになることが出来ない、全ての方へのメッセージ

    以前実施したアンケートの中で、3名の方から頂いたご質問・・・よりもお悩…

  3. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなのか?

    テニスの試合、誰でもまくられた経験はあるはず。リードしていても…

  4. テニス 練習

    メンタル

    自分のテニスを見つめ直して「変えていく時期」は、多くの失敗を受け入れて我慢する時期です

    テニスは難しいスポーツ。これほど、見た目では簡単に見えて、実際…

  5. メンタル

    「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと

    寒い冬、どうしてもテニスのモチベーションが上がらない・・・日はあります…

  6. テニス 気付き

    メンタル

    テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?

    テニスの試合は、必ず勝敗がつく。あの全豪オープン決勝、フェデラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    角度を付けたアングルボレーを打ちたければ、「ラケットヘッドを立ててボールの横」を…
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーにおいて、「ハイボレーはいつでもウォッチ!」が出来るように準備してお…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンをストレートに展開する」メリット5つ
  4. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れる…
PAGE TOP