テニス 夜

メンタル

自分自身が、「無能な選手に見られたくない」と思っているから、テニスでも一歩が踏み出せないんじゃない?

「いや、出ようと思ったんですけどね・・・」

ダブルスの試合、スクールのゲーム形式の最後のプレー、前衛で「何も出来なかった・・・」と思って悔やんでいる人は多い。

そろそろ、こういう方は真剣に自分がなぜ動けなかったのか、を考える時期でしょう。

出ようと思っている、前に、根本的な意識が潜んでいる。

ココを払拭しない限り、同じ問題はいつまでも付いて回りますよ。

 

自分自身が、「無能な選手に見られたくない」と思っているから、テニスでも一歩が踏み出せないんじゃない?

 

1.「失敗したらどうしよう・・・」と思って動けない、という失敗

何度も書いて来ましたが、「動けない人」はテニスの試合で怖く無い。

試合でも結果は出せない、強くなれない。

自分の打てる範囲にボールが来るのを待っているような受動的な選手は、失敗を怖がってポジションを変えることが出来ないんです。

これって、致命的。

どんなに技術を磨いても、戦術を覚えても試合では使えない。

「失敗したらどうしよう」と思って動けない、モジモジしていること自体が、失敗ということに気付かないとダメです。

 

2.失敗したら「無能な選手」って、誰が決めた?

周囲からこういう視線、を意識し過ぎじゃないですか?

「あの人出しゃばって、またミスしてるよ・・・」と思われると、勝手に考えている。

自分を守ろうとして、何もしないこと・・・で、何となくテニスを続けている方を、否定はしません。

ただしそれは、「試合に出たいと思っていない」人に限ります。

試合に出たい、勝ちたいと考えているなら話は別です。

失敗を繰り返して、多少周りからなんと言われようとも自分の成長を信じないと。

この大前提、皆さん再度思い出してみて下さい。

 

3.「異色の存在」はいつだって否定される

大丈夫、きっと無能なのは周りです。

アナタ自身は失敗しても、気にする必要は無いですよ。

「アイツはダメだな・・・」と言って疎外して来るのは、ある種集団の本能でもあります。

ちょっと変わった人、存在は、いつだって最初は否定されます。

でも、これも結果を出し始めると変わるんですよね。

アナタ自身、多少周りと違っても自分で考えて、行動に興して、結果を出して欲しい。

ポーチに積極的に出たり、リターンのコースを変える、練習を提案してみる。

出来ることは、たくさんあるはずですよ。

 

大それたこと、を想定する必要はありません。

周囲に影響されず、まずはしっかり自分の視点、意見を持つことです。

そしてどんどん、行動に興して失敗もしていく。

これで良い、じゃないですか。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの練習中に、「何気無く2バウンドで返球する」癖は、絶対に直しましょう

    練習の中で、フッと気が抜けてつい「走れない」ようなとき、ありませんか?…

  2. テニス メンタル
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪い

    「はまると強い人」って、いますよね。テニス界にも、ビッグサーバ…

  4. テニス メンタル
  5. テニス 客観視

    メンタル

    自分の敗戦と正面から向き合える人は、実はすごく少ない

    この連休でテニスの試合で出た、またはこれから出る方も多いと思います。…

  6. テニス 部活

    メンタル

    5分で覚える、大事な「テニスの試合前の過ごし方」について

    試合前、緊張する待ち時間・・・。ココをどう自分の中で過ごすのか…

特集記事

  1. テニス ミス

    その他

    小さな一つ一つのミスを真摯にとらえることが出来なければ、どんな練習をしてもテニス…
  2. テニス 計算

    戦術

    相手が打てるコースは、必ず限られている
  3. テニス 戦術

    その他

    テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い
  4. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    試合で必要な「相手バックハンドに高く弾むスピン」に対応する為に、必要な4つのポイ…
PAGE TOP