テニス 読書

戦術

「自分のやりたいテニスは何か?」を、定期的に考えてみることは大事

試合に勝ちたい。

そういう想いを強く持つと、どうしても「やらないといけないこと」に自分が支配されていく。

それでも、なかなか結果が伴ってこないと・・・もうテニス自体、嫌になりますよね。

どんなときでも、定期的に「自分が本当にやりたいテニス」については、考える。

これって、大事です。

 

「自分のやりたいテニスは何か?」を、定期的に考えてみることは大事

 


 

1.自分自身について、考える時間を作ろう

私は何度もこのサイトで、「テニスは相手ありきのスポーツ」と書いてきました。

だからこそ、試合では相手中心。

その中で、自分のテニスを決めていくことが、試合に勝つために必要なこと、であることは確かです。

でも、それだけだと・・・どうですか?

凡庸なオールラウンドプレイヤー、にしかなれない可能性も高い。

アナタらしい、自分のテニスというのは自分で探していくしかない。

それにはまず、「自分がやりたいテニスって?」と、定期的に考えることから始まるのです。

 

2.テニスのヒントは、日常生活にこそ潜んでいる

テニスコート以外の、アナタらしさ、自分らしさ。

それは、少なからずテニスに影響してくるはずです。

何かをコツコツやるのが好き、どんどん新しいことをやるのが好き・・・不思議と、人はそれぞれに好きなことや得意なことが違いますからね。

テニスについて、「勝てるかどうかは分からないけど、こういうプレーが自分は好きだな・・・」というのを、いくつか書き出してみる。

出来る、出来ないは関係ありません。

そしてもっと意識したいのは、周りの目を気にしない、ということなんです。

 

3.「周りと同じ自分」を良しとしては強くなれない

特に、学生で部活やサークルを頑張っている人に、少しだけアドバイスを。

周りの人、上手な先輩やそのプレースタイルは、あくまで参考程度で良い。

必ず自分がそこを目指す必要は無いんです。

なぜか、狭い世界や環境にいると「その中にいる人」の強さが見本になってしまう。

もっともっと、アナタが出来るテニスは無限にあるし、外の世界を知って欲しい。

周りの目も、気にする必要はありません。

「こんなテニスがあるのか!自分もやってみたい!」という感覚、最近ありましたか?

無いのであれば、求めていかないといけませんね。

 

色々なテニスを、生で観ること。

これは、テニスを強くなりたい、試合で勝ちたいと考えている人には必須のテーマです。

外を知って、自分を知ることが出来る。

限られた環境、地方でなかなかテニスの試合も観ることが出来ない方も、たくさんいるでしょう。

だからこそ、今年の夏は飛び出してみませんか?

自分の「本当にやりたい」テニス、を知る為に。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「リードしたら大胆に動く」ことが大前提

    テニスの試合、序盤のリードをいかに離せるのか。これって、そのま…

  3. テニス 準備

    戦術

    「攻めなきゃ、攻めなきゃ・・・」って、何を焦ってるの?

    試合が始まって、何もしないままに負けてしまう・・・。0-6であ…

  4. テニス ボレー

    戦術

    イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる

    試合の中で、カウントが進んでいく。このカウントについて、しっか…

  5. テニス 前衛

    戦術

    40-30でのサーブ、ノーアドバンテージ形式は「2本中1本で良い」と思えたら楽になる

    今回も、私が実際の試合で使っている「言葉」について。試合形式が…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「遠くのボールを追う気配が無い選手」に対しては、ライン際のショットは必要無い

    大会に出ていると、色々な選手がいる。よく観察してみると、アナタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ボレー

    ストロークの強打をブロックボレーで返すのは、簡単です
  2. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!
  3. テニス 知識

    練習メニュー

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと
  4. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で、前衛がドロップボレーから攻める方法
PAGE TOP