リターン

両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう

両手バックハンドリターンで、コントロール良く攻撃していく。

その時に、この意識は欠かせません。

身体を開かないように、しっかり自分の肩をぶつけていくようなイメージで。

錦織選手得意の、踏み込んでダウンザラインへのショット、もこの基本が大事です。

 

両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう

 


 

1.右利きの方なら、右肩をぶつけていこう!

両手バックハンド、でしっかり早い準備で入る。

右利きの方なら、右肩が前にしてぶつけていく。

この、ぶつけていく、というのがコツになります。

ぶつけていくという意識があれば、前に入りながら打つことが出来る。

ボールがバウンドしているとこと、に近づいていけますからね。

このフットワーク、を身に付けていくことが大事になっていきます。

 

2.ぶつけていく、からラケットワークがコンパクトになる

リターンでは、実際にラケットはほとんど動かさない。

前に入るような動き、でボールにパワーを与えていきますから。

ぶつけていく、くらいボールにしっかり身体をぶつけていく。

そうすれば、ラケットなんてほとんど振らなくても大丈夫。

しっかり力のあるリターン、を打つことが出来るようになります。

両手バックハンドなら、特に両手で打っている分、力を入れ過ぎてしまうことに注意が必要です。

 

3.前を向くのは、必死で我慢する

どうしても、前を向きたくなります。

でも、ここは必死で我慢する。

リターンを攻撃的に安定させたかったら、このコツは絶対に必要です。

前を向くと、もう肩の向きが変わってしまいますからね。

肩の位置をキープして、リターンをしっかり打ち終わるまでは、横向きをキープ。

肩をぶつけるけど、その態勢はずっと維持する。

身体の向きは、横向きのままを意識しましょう。

 

4.腰の高さで打てるリターン、を増やせば試合には勝てる!

攻撃的に、しっかりコントロールしていくなら腰の高さ。

相手のサーブをよく見て、どこに入れば腰の高さで打てるのか。

肩をぶつけて、打点は腰の高さで打つ。

この基本となるポジション、を試合が始まったらなるべく早く探して見つけるようにしていきましょう。

腰の高さ、で打てるリターンを増やせば、それだけで相手はプレッシャーに感じるはず。

試合に勝てる、最高のリターンが打てるはずです。

 

前に入ることがなかなか出来ない人は、まだこのぶつける意識が甘い。

ボールに向かっていく、には良い型を作って自分から寄っていくこと、が大事です。

最初は、ちょっと怖いと思いますが。

慣れれば、セカンドサーブなんて待っている方が打ち辛い、という風になると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

  2. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

    みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。3回戦く…

  3. テニス 戦術

    リターン

    試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

    試合の流れは悪い、リズムを変えたい時。そんな時は、スライスリタ…

  4. テニス 戦術

    リターン

    ボディへの深いサーブは、「身体を逃がしながら顔を残す」だけで楽に返ります

    ボディへのサーブ、皆さんはしっかりリターン出来ていますか?テニ…

  5. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由

    リターンゲームで、アナタは何か違いを作れる選手でしょうか。つい…

  6. リターン

    リターンダッシュから前に詰めて、どうする?

    リターンダッシュ、を試合で使っていきたいというみなさん。あくま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 感覚

    その他

    10年20年続けていても、テニスには「この感覚、つかんだ!」という瞬間があるから…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    相手がネットに出て来ているのに、「後ろ足体重でベースラインからストローク」で粘る…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実
  5. テニス 不安

    戦術

    結果オーライ、だから勝てないんです
PAGE TOP