戦術

なぜ、打った後の反応が遅れるのか?

良いショットが打てるのに、なかなか試合では勝てない。

そういう方は、ココを改善していきましょう。

テニスは、相手ありきの競技。

ですから、アナタが打ったショットはまず返される、と覚悟しておく。

そこへの反応速度、精度を上げていくには何が必要でしょうか。

予測?経験?もちろん、それも大事ですが、今日からすぐに実践出来る「切り替え方法」があります。

本当に、ちょっとしたことでプレーが格段に変わりますよ。

打ったボールは、凝視しない

ジャッジは相手に、任せよう

自分が打ったボール、それが相手コートに入るのかどうか。

みなさん、興味津々じゃないですかね。

でも、そもそもテニスはセルフジャッジ。

ですから、そのジャッジはアナタ自身が下すことは出来ません。

もう、そこは相手に任せましょう。

打った後のボールの行方が気になってしょうがない、だから反応が遅れてしまう。

じゃあ、どこを見るのか。

それはもちろん、相手です。

ボールではなく、相手を見る!

試合慣れしている人は、これを自然にやっています。

自分が打った後は、そこに反応して来る相手を見ている。

どういうラケット面か、余裕はあるのか、表情はどうか。

ここまで見るだけの、余裕と時間があるんですよね。

相手を見るから、それに対して身体が反応する。

相手が攻めて来そうなら守備、余裕が無さそうなら攻撃する準備を瞬時に行う。

だから打った後の反応、が早いんです。

相手は必ず、ヒントをくれる

私は、こう考えています。

相手は打つ前に、どういうコースにどういうボールを打つのか、必ずヒントをくれます。

スピンならラケットが下から出るし、ボレーのコースはラケット面を見れば反応出来る。

もちろん、それでもナイスコースは取れないことが多いですよ。

でも、ヒントをくれているなら、そこを読み解けばプレーはしやすい。

反応が速い人は、こういうところを意識しているはずです。

自分が打ったボールは、もうその後は操作出来ない。

あとは、相手をしっかり見ることですね。

勝手に結論、出してない?

良いショット、悪いショット、決めつけ過ぎ

試合に勝てない人は、こういう傾向にあります。

自分が打った瞬間に、勝手に判断してるんですよね。

打った瞬間の打感、飛んだコース、それで「今のは、良い!」と判断してしまう。

それって、勝てない人の頭の中の典型例。

アナタ自身がナイスショットと思っても、相手はそこで待ち構えているかもしれない。

自分が打ったボールがコートの隅に入る前に、相手はネットでボレーするかもしれない。

自分の感覚だけで決めつけている人は、結局反応も遅くなるんですよね。

当たり損ないからの、切り替えが出来る?

ミスヒット、当たり損ない、テニスでは有ります。

でも、それに対して自分でガッカリしている時間は、ムダですよね。

これも、反応が遅い人の典型例です。

当たり損ないのボレーが前に落ちる、そこで素早く切り替えて相手を見れば、どうでしょう。

必死で走って追いかけて来る中で、グリップまで見えますよね。

そうすれば、相手がどういうショットを繰り出して来るのか、予測が立てやすい。

そう思いませんか?

相手を見ても、分からない…

「でも、結局相手を見ても、どこに打って来るのか分からない」

「何も、ヒントにならない…」という方も、いると思います。

そりゃ、最初はそうです。

でも必死で見て、そこから何かを感じて、毎回反省を活かしていく。

まずは、自分の視点を変えることが大事ですから。

これが、ほとんどの人は出来ないんです。

今まで自分が打っていたボールを見ているだけだったのを、相手の動きに視点を移す。

でも、これは大きなチャレンジです。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

相手を恐れる、ことが無くなっていく

よく見ると、そうです。

相手に視点を移すと、何かこう、楽になるんですよね。

強い相手だって、「何だか余裕無さそうだな」と思えるヒントをくれる。

相手を見ないから、いつまでも恐怖が付いて回るだけ。

どうでしょう、少しだけ希望が見えてきませんか?

自分が打って、そのボールがネットを越える前までに、相手に視点を移してみる。

ぜひ、意識してみて下さい。

相手の打つ前の準備、反応の精度が大きく変わるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要

    テニスのスタイル、「繋ぎ」と「攻め」があるでしょ?どっちがいや…

  2. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう

    試合の中で、ぜひ意識して欲しいポイント。ポイントが終わった時に…

  3. テニス サーブ

    戦術

    浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない

    これもアンケートからのご質問、への回答となります。「浅くなった…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない

    テニスの試合で必要なセオリー、「それはどこまで覚えれば良いの?」という…

  5. 戦術

    戦術

    ダブルスの後に、すぐシングルスの試合に入る時の心構えについて

    学生のみなさんのテニスの大会は、きっと大忙し。ダブルスの試合の…

  6. テニス 練習

    戦術

    テニス選手は、ラリー5往復目から「個性」が出て来る

    試合の中で、「その選手の個性」を掴むと、試合でも強い。でも、な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ
  2. テニス 準備

    その他

    アナタの今のテニス、1年前と何が変わりましたか?
  3. テニス メンタル

    戦術

    プレーに波がある人は、「上の部分」をコントロールしていこう
  4. ボレー

    「ボレー、多方向へ打てるかい?」テニスの試合では、人のいないコースを狙おう!
  5. テニス ミス

    ストローク

    グリグリなストロークのボールに圧力を感じるのは、備えが無いから
PAGE TOP