テニス サーブ

サーブ

「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善できる!

ジョコビッチ選手のサーブ、正直地味ですけど抜群の安定感がありますよね。

スピードも基本は180km前後でも、しっかりコースを突いてエースを奪える、奪えなくても次のボールから確実に展開できる。

そのポイントを紐解いてみると、足元のスタンスから特徴が見えてきます。

両足を、最初のスタンスからそのまま動かさない形で、トスアップからフォロースルーまでを終える形。

実際にこの形で打っている選手は、一般の選手の皆さんではほとんどいないように思います。

改めて、その利点と難しい部分を検証してみましょう。

 

「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善できる!

 


 

■バランス重視で考えれば、動かさないのが一番

体重移動を行うことが、力強いサーブには求められます。

後ろ足から前足のほうに体重を移動していく中で、多いのが後ろ足を前足方向にトスアップ後に近づけていく動きを入れるパターン。

ですがこの動き、何げなく行っている方が多いですが、実際はすごく難しい技術。

重心が左右に動く訳で、さらにそこから膝を曲げて沈み込んで、上にキックしていくのはかなりのコーディネーション能力が求められる。

テニスの技術の中でも、サーブが難しいと言われる所以になっています。

やはり、体重移動がしっかり出来るのであれば、スタンスは動かさない方がベストなのかも知れません。

フットフォルトも無くなりますし、トスアップも安定するはずです。

 

■課題の体重移動はスタンスを狭くすることでカバーできる

体重移動、実際にトスアップをしないで一度練習してみましょう。

後ろ足に体重を乗せて、トスアップから膝を曲げてコートを蹴っていく。

スタンスを肩幅と同じか少し狭くしてみると、この移動がスムーズに行えるかも知れません。

スタンスが広いと、上に力を上手く伝えることが難しくなります。

「前に勢いが付けにくいんじゃ・・・」と思った方は、しっかりトスの位置を前、コート内30cmくらいに落ちるようなトスにしてみて下さい。

きっとこれで充分、前に力を伝えられるサーブが打てるようになるはずです。

 

■左腕から前足の左足まで、1本の線を作ることで安定感がアップ!

右利きの方であれば、左腕でトスアップしてその状態をキープ。

そのまま左手の先、左腰、左足のつま先が、1本の線のように直線的になっているかどうか。

膝が少し落ちた状態をキープすれば、サーブの安定感は格段に増します。

トスの位置を少し前にしていますので、この直線は、コートに対して垂直ではありません。

少しだけ傾いた状態で、打った後にコートの中に自然に入っていくように意識してみましょう。

きっとスタンスを動かさないこの形でも、力強いサーブが打てるはずです。

 

ジョコビッチ選手のサーブは、非常にシンプルで参考にしやすい。

軌道もしっかりネットの高い位置を通過して、コート内に入ってから伸びていく、試合で使えるサーブのお手本です。

ぜひそのイメージをしっかり持って、普段の練習からイメージして打つようにしていきましょう。

まずは何度も、何度も動画を観て目に焼き付けて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス 環境

    サーブ

    私たちのサービスエースは、「前衛が決めること」である

    ダブルスの試合での、サービスゲーム。みなさんはサービスエースっ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「回転系サーブを覚えよう」テニスの試合で使うにはグリップと身体の向きの調整を!

    サーブを最初に覚える時、とにかくコントロールを優先して、当てるだけのサ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーのトスアップは、もっとリターンの選手に向かって上げて良い

    サーブ&ボレーに迫力がある人って、トスアップが違う。私はそう思…

  4. サーブ

    サーブを今すぐ力強く、安定させるには…?

    意外と忘れがちな、サーブの基本。ラケットの振り方の前に、持ち方…

  5. テニス 指導

    サーブ

    サーブの打ちっ放し練習こそ、アナタのチームを弱くしている要因かも

    サーブ練習、皆さんどんな感じでやってますか?部活でもテニススク…

  6. サーブ

    苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合

    これもまた、一つのテニスの試合の中でのあるある、でしょう。サー…

特集記事

  1. ダブルス

    並行陣で上を攻撃されるのが怖いペアは、後衛のポジションで調整しよう
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「女ダブはこういうもの」が、アナタを弱くする
  4. テニス ストローク

    リターン

    マレー選手に見る「リターンで大きくコート内に入って打つ」ことで相手にプレッシャー…
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュは「構えながら相手の選手のポジションも確認する」ことで、コース勝負に持…
PAGE TOP