ストローク

今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちらが試合で有効ですか?

試合では相手にとって、「嫌」なことを繰り返していくのがスポーツでありテニス。

自分が打ちたいショットを打って満足しているようでは、それって独りよがりの勝てないテニスになってしまいます。

仲間内で遊んだり、試合結果に関係無くただ楽しむだけのテニスであれば、それでも良いのかも知れませんが・・・。

ストロークの基本的な考え方一つにしても、特に学生の皆さんには考えて欲しい問題がこれです。

相手にやられて「嫌」なのは、どっちですか?

 

今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちらが試合で有効ですか?

 


 

■低くて速いストロークは、プロ選手だってあまり打たない

テニスのようなネットを挟んだスポーツでは、どうしても障害物であるネットミスは避けられない。

ですが、それが頻繁に起こるようだと、それはミスではなくアナタの実力です。

ストロークの軌道そのものを改善しなければいけないのですが、私も昔・・・実は結構勘違いしていました。

ネットすれすれを通るボールが、ナイスショット、であるという大きな勘違いをしていました。

 

■相手がネットにいれば話は別ですが・・・

対戦相手がネットにいる、ボレーヤーに対抗するのであれば低さは必要です。

ですがベースラインにいる相手に向かってネットの近く、すれすれを通す必要があるでしょうか?

しかもそこから深いボールとなると、少しのずれでネットにかかったり、アウトになったりすることが頻発します。

この事実に目をそむけては、試合に強い選手にはなれません。

改めてアナタ自身に問いかけてみて下さい。

試合に勝ちたいのか、勝てるストロークになれているのかということを。

 

■高くて深いボールは、意識一つでいくらでも改善できる

皆さんは恐らく、打とうと思えば高く、深く打つことが出来る。

ですが、つい速くて低いボールを打ちたいと考えがち。

その原因としては、やっぱりストロークをかっこよく打ちたい、エースを獲りたいと思っているからだと思います。

試合でそんな場面、たくさんありますか?

きっとしぶとく深く返して、相手のミスを誘ったりするケースの方が多いはずです。

その中で、ポイントに余裕があったり、「見せ球」として速く低いボールを混ぜていく方が相手はきっと嫌。

自分に置き換えて、考えてみましょう。

 

プロ選手の試合、上からのカメラで撮影しているのである誤解が生じている気がします。

彼ら、彼女たちのストローク、実はすごくネットの高い位置を通過していることに、気付いていますか?

直線的なように見えて、ストロークはしっかり山なりな軌道になっています。

バウンド後の伸びが凄いので、つい直線的なボールと見えがちですが・・・。

今後試合を観るときには、その部分をより注意して見てみると、とっても勉強になると思います!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスで「ストロークをクロス方向にしっかり打つ」なら、ボールの外側を捕らえよう!

    クロス方向へのストローク、テニスの基本。硬式テニスでは、シング…

  2. ストローク

    「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ

    テニスの基本、ストロークのフォーム。ここで、こういうアドバイス…

  3. ストローク

    タイミングだけで、打ってない?

    練習では良い感じ、だけど試合で勝てない人。結構、こういう人が…

  4. テニス 打点

    ストローク

    「チャンスボールが来たっ!」テニスの試合でありがちなミスを減らす考え方

    チャンスが来たぁ!!!相手のショットが短い!!ネットよ…

  5. ストローク

    パッシングショット、ボールに集中するコツとは?

    相手が前に出て来て、その横をスパ―ン!と抜いていくショット。シ…

特集記事

  1. リターン

    リターンを前に入って打つ、本当の理由
  2. テニス コート

    ストローク

    自分のコートが後ろにどれくらい下がれるか、はしっかり確認
  3. テニス 怪我

    テニス知識

    急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニス 守備

    ストローク

    ボレーヤーに対してストロークが浮いてしまうのは、「アナタのストロークの回転量」が…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「何でも後衛にお任せ」になっている前衛は、責任感が無さ過ぎる
PAGE TOP