テニス ストローク

ストローク

バックハンドのストロークでスピンがかからない人は、〇〇で打つと効果的!

バックハンドストローク、皆さんしっかりスピン回転かかってますか?

フォアハンドと違って、中途半端な「フラット気味」なショットになっている可能性が高い方も、多いんじゃないでしょうか?

そんな方には、ラケットの当たる場所、から変えていきたい。

そう、真ん中よりも少し下側、で打てるとスピンはかかりやすいと思いますよ!

 

バックハンドのストロークでスピンがかからない人は、〇〇で打つと効果的!

 


 

1.常識を、疑おう!

私は何度も書いてきましたが、ラケットの真ん中で打つのがテニスの常識・・・でしょうか?

ラケットの真ん中、よりもスピン回転は私はラケットの下側、でボールを捕らえるくらいがちょうど良い、と思っています。

片手バックハンドの方は、ラケットの下側のエッジでボールをひっかける、くらいの感覚です。

皆さん・・・イメージ出来ますか?

ラケットの上側で打つとボールの勢いに負けてしまいますし、上手くいかない。

下側で引っ掛ける、くらいの感覚、私はスピン系のストロークで大事だと思いますよ。

テニスの常識、をまずは疑ってみること、大事です。

 

2.擦り上げる、のではなく擦りながら前に出していこう

スピン系の回転でも、皆さんが目指しているのは「重く、ボールを潰すようなスピン」なはず。

バックハンドは、力も入り辛いので難しいですよね・・・。

だからこそ、擦り上げる、よりも擦りながら前に出していくようなイメージでちょうど良い。

両手バックハンドストロークの方は、利き腕でない方の腕で前に押し出していく。

擦り上げる感覚だと、なかなか潰すような感覚には育っていかない。

前に押し出していく、ことをぜひ意識してみて下さい。

 

3.片手バックハンドの方は・・・どうしましょう?

問題は、この片手バックハンドの方ですね。

結構難しい、と思います、実際。

コツとしては、先ほども書きましたがラケットの下側のエッジにひっかけるイメージで、しっかり振り切ることが大事です。

ラケットを握っていない腕、を使って胸を張って横向きキープ、は今のウィンブルドンではフェデラー選手が良いお手本ですよね。

あともう一つ、ラケットの先端、を使うイメージだと片手バックハンドは上手くいくケースも多いです。

片手で力が伝え辛い分、遠心力をしっかり使えるよう意識していきましょう!

 

スピン系のストローク、バックハンドで安定感を出すならラケットの「どこで打つのか?」を意識してみて下さい。

「そんなの、真ん中に決まってるじゃん!」という方は・・・少し下側、を使う意識で打ってみて下さい。

思わぬ発見、あるかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークの弱点である、「低く短いボール」への対処法は基本を徹底しよう!

    バックハンドストロークを両手で打っている方は、硬式テニスには多いはず。…

  2. ストローク

    「グリップを使い分けよう」テニスのストロークの調整は自分自身でカスタマイズ

    グリップの持ち方って、一応それぞれのショットに対して主流はあるけど、人…

  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでラケットを振り抜くのが怖い人は、ゆったり振り抜くことを覚えよう

    試合になると、怖くてストロークが振れなくなる。これは、誰でも何…

  4. テニス サーブ

    ストローク

    シンプルにクロスへ深く、振り切るストロークが打てるようになると試合に活かせる

    ストロークの強化を意識する人は、部活の中でどういった練習をしていますか…

  5. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ

    シングルスの試合で、苦戦するショットの代表格。それは、バックハ…

  6. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう

    試合で上手く、ドロップショットを使っていきたい方へ。私は何度も…

コメント

    • よしくん
    • 2017年 7月 14日

    うーん,納得です.

    ちなみにサーブの場合は
    ラケット中心よりの上側(上空側)でしょうか
    下側(地面側)でしょうか?

    ラケットの同じ面を使ってサーブ練習をすると
    フェルトの跡が,いつも中心より上側についています.

    何故なんだろうと,ずっと疑問に思ってます.

      • tomita
      • 2017年 7月 14日

      サーブは少しだけ上側、だと思います。
      ラケットの先を使いたいので、あえて私は小指を余らせるようにグリップを握ってみたりして、なるべくラケットの先に当たるように意識したりしています。
      あまり下側を使って打つ、のは特に回転系のサーブの場合難しいかも知れませんね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットをしっかり決めるコツは、〇〇に有り!
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    練習から「相手のいない場所に落とす」が、出来るかどうか
  3. テニス サーブ

    ストローク

    普段のテニスの練習の中で、「スライス限定ラリー」を行うことでコートを前後に扱う感…
  4. テニス スライス

    ロブ

    なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します
  5. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく
PAGE TOP