テニス サーブ

サーブ

コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ

セカンドサーブの重要性、試合に出ている方ならご理解頂けるはず。

強い相手は、ここで弱みを見せてしまうと一気にチャージされてキープが難しくなる。

セカンドサーブでの戦略、まずはしっかりとコーナーを突いてサーブを打っていきたい。

そのために必要な心がけ、意識をまとめてみました。

 

コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ

 


 

1.両コーナー、1メートル四方に「セカンドサーブコーナー」を作る

コーナーを突く・・・とは言え、セカンドサーブですからね。

厳し過ぎるコースを突いてフォルトになるのも怖い。

だからこそ、サービスエリアの両コーナーに、1メートル×1メートルの正方形のエリアを作って、そこを狙いましょう。

かなり広いエリアで、そこに入れば狙いはOK。

大事なのは、相手に「しっかり狙っているな」と思わせること。

厳しすぎるコースではなく、この1メートル×1メートル、の中を狙って打つイメージでいきましょう。

 

2.軌道を高く、深さを意識する

セカンドサーブ、コーナーを突く中で意識したいのは深さ。

深さを意識しないと、いつまで経っても相手に攻撃される「浅い」サーブを卒業できない。

軌道の高さを高くする、ネットの高い位置を通すことを意識すると、セカンドサーブでは良い深さが出ます。

コーナーを突く意識が低い人は、自然と入れることで精いっぱいなので浅いサーブの方がほとんど。

上のレベルの試合になったら、浅いサーブは必ず厳しく攻撃される、と思っておいて下さい。

 

3.しっかりとサーブで回転をかける

回転量が無いサーブは、そもそもコントロールが難しい。

この機会に、セカンドサーブでコーナーを突く為に回転系のサーブをしっかり振り切る技術、を磨いていきましょう。

セカンドサーブを安定させるイメージは、私は野球のピッチングで言うところの変化球でストライクを取る、というイメージ。

テニスボールの軌道を曲げていく、その軌道に乗せていく、のがセカンドサーブ。

このイメージ、最初は難しいと思いますがぜひ練習してみて下さい。

 

4.相手のリターンポジションをしっかり確認する

これは、まずサーブの大前提。

相手のポジションをしっかり確認して、空いているコーナーを狙うのは当たり前の話、ですよね。

きっと、アナタ自身セカンドサーブになると「無意識のうちに、入ればOK」になってはいませんか?

もちろん、それで勝てる相手もいると思いますが、そんな相手は限られている。

そしてアナタが倒したい、と思っている相手には、通用しないはずです。

 

狙うからミスになる、のではなく狙うから安定する、ということ。

この意識に切り替えることが出来れば、セカンドサーブはどんどん進歩していく。

コーナーを突く、というと難易度が高いと思いますが、しっかり取り組んでみて下さい。

取り組まない限り、成長もありませんので。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコースを空ける」ことを…

    ダブルスの試合、特に男性の試合ではサーバーが「どのコースにも打てる」と…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

    一般の草トーナメントや学生の大会で、試合前のウォーミングアップで一番多…

  3. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

    シングルスの試合では、カバーする範囲が広い。特にセカンドサーブ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「発想の整理」だけで、人は自信が持てるようになるはず

    リターンゲームの方が、サーブを打つより気楽で良いな・・・。と、…

  5. サーブ

    西岡選手おめでとう!でも、エルベ―ル選手も凄かった

    昨日は、台風の中でみなさん大変だったと思います・・・。ですがそ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ

    試合の中でサーブ&ボレーを入れていきたい、と考えているみなさんへ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    ネットに詰めたら、上段の構えが基本
  2. その他

    試合で相手に「打ち込まれる」態勢、取れてる?
  3. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう
  4. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」の…
  5. テニス サーブ

    戦術

    連続ポイント、は意図的に
PAGE TOP