テニス サーブ

サーブ

コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ

セカンドサーブの重要性、試合に出ている方ならご理解頂けるはず。

強い相手は、ここで弱みを見せてしまうと一気にチャージされてキープが難しくなる。

セカンドサーブでの戦略、まずはしっかりとコーナーを突いてサーブを打っていきたい。

そのために必要な心がけ、意識をまとめてみました。

 

コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ

 


 

1.両コーナー、1メートル四方に「セカンドサーブコーナー」を作る

コーナーを突く・・・とは言え、セカンドサーブですからね。

厳し過ぎるコースを突いてフォルトになるのも怖い。

だからこそ、サービスエリアの両コーナーに、1メートル×1メートルの正方形のエリアを作って、そこを狙いましょう。

かなり広いエリアで、そこに入れば狙いはOK。

大事なのは、相手に「しっかり狙っているな」と思わせること。

厳しすぎるコースではなく、この1メートル×1メートル、の中を狙って打つイメージでいきましょう。

 

2.軌道を高く、深さを意識する

セカンドサーブ、コーナーを突く中で意識したいのは深さ。

深さを意識しないと、いつまで経っても相手に攻撃される「浅い」サーブを卒業できない。

軌道の高さを高くする、ネットの高い位置を通すことを意識すると、セカンドサーブでは良い深さが出ます。

コーナーを突く意識が低い人は、自然と入れることで精いっぱいなので浅いサーブの方がほとんど。

上のレベルの試合になったら、浅いサーブは必ず厳しく攻撃される、と思っておいて下さい。

 

3.しっかりとサーブで回転をかける

回転量が無いサーブは、そもそもコントロールが難しい。

この機会に、セカンドサーブでコーナーを突く為に回転系のサーブをしっかり振り切る技術、を磨いていきましょう。

セカンドサーブを安定させるイメージは、私は野球のピッチングで言うところの変化球でストライクを取る、というイメージ。

テニスボールの軌道を曲げていく、その軌道に乗せていく、のがセカンドサーブ。

このイメージ、最初は難しいと思いますがぜひ練習してみて下さい。

 

4.相手のリターンポジションをしっかり確認する

これは、まずサーブの大前提。

相手のポジションをしっかり確認して、空いているコーナーを狙うのは当たり前の話、ですよね。

きっと、アナタ自身セカンドサーブになると「無意識のうちに、入ればOK」になってはいませんか?

もちろん、それで勝てる相手もいると思いますが、そんな相手は限られている。

そしてアナタが倒したい、と思っている相手には、通用しないはずです。

 

狙うからミスになる、のではなく狙うから安定する、ということ。

この意識に切り替えることが出来れば、セカンドサーブはどんどん進歩していく。

コーナーを突く、というと難易度が高いと思いますが、しっかり取り組んでみて下さい。

取り組まない限り、成長もありませんので。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    知っておけば強くなる、スピンサーブの基本5つ

    スピンサーブは、屈強な男性しか打てない。なんて話は、もう昔の話…

  2. サーブ

    強敵相手に、セカンドサーブになったら…?

    試合の中で、相手が強敵だと感じたら。そして、その相手にセカン…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!

    サーブはルーティン動作。同じ動作を繰り返すから安定するし、精神…

  4. サーブ

    「ビビった時のサーブってどうなってる」ポイントさえ押さえればテニスの試合は怖くない!

    サーブを打つ時にビビることってある?これは誰でもあると思う。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し後ろ」に設定して安定…

    サーブ&ボレーを試合で使いたいけど、ファーストボレーが安定しな…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします

    サービスゲームで、ガンガン押していってエースも欲しい。色々書い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    あのスプリットステップ、にも弱点はある
  2. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミング?
  3. 戦術

    テニスは練習から「混ぜる」のを癖にしよう
  4. テニス 部活

    その他

    「雨の日に、どうしてもテニスがしたい・・・」方に贈る、止んだらすぐできる水はけに…
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせ…
PAGE TOP