テニス サーブ

サーブ

ファーストサーブが入ったときには、「コートの内側に1歩」入って攻撃態勢を整えよう

サービスゲームに自信が持てない人、それはもしかしたらポジショニングも大きく影響しているかも知れません。

自信が無ければ、自信がある風なポジションに立つことで、変わってくるかも知れない。

思い切って、サーブの後のポジションを少し前に上げてみる。

ことで何かが変わるかも知れません。

ファーストサーブが入ったときには、「コートの内側に1歩」入って攻撃態勢を整えよう

 


 

■コート深くにリターンが来る可能性は低い

アナタのファーストサーブが入ったときに、コート深くにリターンが返ってくる可能性は低い。

よぼどの実力差があれば別ですが、まずこの大前提で考えましょう。

むしろ、相手も意図せず浅くなってしまう、当たり損ないのようなショットが怖い。

シングルスでは、前衛はいないので浅いチャンスボールも自分の足で打ちにいかないといけない。

と考えると、ファーストサーブを打った後のポジションは1歩前、ですね。

■打点前のサーブが打てれば、自然とコートの中で着地する

この機会に、打点を前にしてコートの内側に着地するサーブ、をしっかり練習していきましょう。

打った後に前に入る、のではなく自然に打ち終わって着地すると、コートの内側に入っている。

この状態が身体に染み付けば、そのままサーブ&ボレーにもスムーズに入っていけます。

打点をしかっり前に取って、前足でコートをキックしてジャンプしていくサーブを磨いていきましょう。

結果的にリターンされたボールから、攻撃していきやすいはずです。

 

■ファーストサーブが入ったら攻撃、を身体に染み込ませる

ベースラインでのプレーにつなげるにしても、ファーストサーブが入ったらしっかり攻撃していきたい。

ここでつないでしまうような選手は、セカンドサーブになるともっと消極的になるし、そもそもファーストサーブの利点を活かせていない。

相手もプレッシャーに感じないので、リターンから強気に攻撃されてどちらのサービスゲームだか分からなくなってしまいます。

しっかりファーストサーブ、から攻撃していく。

そのままネットプレーにつなげるような動きも、意識していきましょう!

このマインドを磨くためにも、サーブを打った後のポジションは大事なのです。

たった1歩、の違いですが、この違いは大きい。

1メートルでも前にいれば、浅いボールはチャンスになる。

後ろのままだと、テニスの試合ではチャンスはチャンスになってくれない。

ファーストサーブを打ったら少し前に、を徹底してみましょう。

きっと自然に自信もついてくると思います。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップが安定しない人は、「水の入ったコップ」を持つようにボールを軽く握ってみよう

    サーブのトスアップ、皆さん安定して出来ていますか?トスが安定し…

  2. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

    サーブはセンターに。テニスの試合に出ていると、いかにこれが有効…

  3. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識

    皆さんは、ダブルスの試合とシングルスの試合、何かサーブを変えていますか…

  4. テニス コート

    サーブ

    「頼むからサーブ、入れてくれ!」と思う前に・・・アナタには出来ることがあります

    ダブルスの試合で、険悪なムードになる。まぁ、サーブが入らないと…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのスライスサーブ」を磨いておいておけば、絶対に有効です

    打てそうで打てない、しっかり練習している人が少ない。その技術の…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合は、「4回に1回は自分のサーブ」だから・・・?

    ダブルスの試合、自分のサービスゲーム。これは、4回に1回、必ず…

特集記事

  1. テニス 戦術

    ストローク

    スライスストロークで相手を追い込むには、「相手に背中を向けて肩を入れる」くらいの…
  2. ロブ

    ロブを追いかける瞬間に、人は本性を現す
  3. テニス 錦織圭

    ストローク

    シングルスの試合で有効な「相手を深く、えぐるストローク」を身に付けるためには…?…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    イレギュラーバウンドが多いテニスコートでは、「意識してオープンスタンス」を多めに…
  5. テニス 粘り

    メンタル

    テニスは試合自体が楽しいんじゃなくて、試合を通じて自分が成長出来ることが楽しいん…
PAGE TOP