テニス ダブルス

その他

「たくさんのテニスを観て、触れること」が、アナタのテニス人生にとって大きな財産になっていく

皆さんは、こんな経験無いですか?

自分の親くらいの年齢の人とテニスの試合をして、普段全く慣れないプレースタイルにとまどったこと。

並行陣で粘られて、迷いながら試合が終わってしまったこと。

私は、今でも良い経験として覚えています。

「こんなテニスもあるんだ・・・」と、負けた悔しさよりもどこか発見した嬉しさの方が勝ったような記憶があります。

 

「たくさんのテニスを観て、触れること」が、アナタのテニス人生にとって大きな財産になっていく

 


 

■「おじさんテニス・おばさんテニス」とバカにしている若者へ

実は私も昔、少しその気持ちがありました。

「年を取ったら、あんな感じのテニスになるのか・・・」と。

今ではとても、恥ずかしいことだったと、それからもったいないことだったと思うんです。

年齢が違う人たちとテニスをすると、まず自分たちの弱点が分かる。

並行陣について知らなかったがゆえに負けてしまいましたが、高校生も上のレベルになるとみんな男子は並行陣ですよね。

経験を活かせていれば、並行陣への対策も出来ていたかも知れない。

せっかくのチャンスを、自分で手放してしまったように思います。

 

■まだ観ぬテニスに、どんどん触れていこう

アナタ自身、普段観ているテニスはどんなテニスですか?

恐らく学生の方は、自分たちの参加する大会と錦織選手の試合をテレビで少し・・・という感じじゃないでしょうか。

悪くないと思いますが、それではもったいない。

年齢層が違う大会や、プロの試合でも下部の大会を生で観る機会があれば、ぜひ会場まで行って欲しい。

「田舎に住んでいて、どこにも行けない」という方は、親に志願してでも交通費をもらっていくべき。

その交通費分の元を取れるかどうかは、アナタ次第です。

 

■テニスの試合は、基本的に「初見」の相手になる

たくさんのテニスに触れていると、初見の相手に強くなる。

初めて見た対戦相手に、いかに冷静に対応出来て勝ちを拾えるか。

しっかり色々なテニスに触れる、その絶対的な経験は量がものを言います。

自分のテニスを練習することだけに偏っていると、試合でも自分のことだけで頭がいっぱいになる。

もっと対戦相手、テニス界全体に興味関心を強く持ってみましょう。

きっと新しい世界が、拡がっていくはずです。

 

テニスに強くなる、ということは確かに技術力が向上するということもある。

体力も大事。

ですが同じくらい、経験も大事です。

経験とは、実際の試合で対戦した経験だけじゃない。

ラリーしたりその選手と会話したり、テニスを観戦したり・・・アナタ次第でいくらでも増やせる部分でもあります。

どんな経験が詰めるか、一度書き出してみませんか?

技術は向上しているのに勝てない、伸び悩んでいる人にとっては、思わぬヒントになるかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない

    「テニスについて、自分でも考えるようになりました」というお声を…

  2. テニス メンタル

    その他

    「役割の変化は、必ず成長につながる」後輩の指導で自分の練習が出来ない君へ

    私は高校時代、自分の学校にテニスコートがありませんでした。正確…

  3. テニス ミス

    その他

    テニスの成長の過程では、「立ち止まっているときにしか見つからないもの」が絶対にある

    テニスの練習、試合を繰り返していると必ず成長出来るか?と言われ…

  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおいて、どんな部分に「癖」は付きやすいのか?

    相手の「癖」を見抜くこと。これは、これからのアナタに絶対に必要…

  5. テニス 練習

    その他

    テニスの試合では、「ミスは責めないで、プロセスを責める」ことで失敗を繰り返さない選手になれる

    試合を通じて、色々な反省や課題が出てくる。ですが、ここで問題な…

  6. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないとダメ

    「いやー今日はたくさん打てたから、良かった良かった」「今日のス…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    コンパクトなボレーの打ち方は、「ラケットが収まる場所」を作ることで完成します
  2. サーブ

    テニスの実力差、が一番出る数値
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点
  4. テニス 雨

    メンタル

    「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を…
  5. 素振り

    テニス知識

    「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
PAGE TOP