テニス Q&A

メンタル

ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう

目次

サーブ、ストローク、ボレー・・・。

皆さんの周りにも、いませんか?

ノータッチエース、相手に触られないでポイントを獲ることに美学を求める人。

そんな人は、そもそも性格がテニスに向いていないと思うんですよね。

 

ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう

 


 

1.テニススクール?バッティングセンター?

部活でもサークルでも、テニススクールでも。

生徒同士のラリーが続かないこと、よくありますよね。

観ていると、まずは速いボールを打ちたくてウズウズしている人が、多い。

相手を打ち負かす、触られないようにエースを狙う・・・。

もちろん、テニスでは相手がいない場所に打つのが基本、ですよ。

でもそれは、しっかり相手を動かしてコートにスペースを作ってから。

いきなりエースを狙う、そのスピードって・・・必要ですか?

誰かが測ってる?

バッティングセンターみたいに、上の方に「ホームラン」の看板でもあるんですかね?

ハッキリ言って、競技が違うレベル、の人がたくさんいるような気がします。

 

2.3ポイントシュート、のルールがあれば話は別ですが

そりゃ私も、エースが獲れるテニスがしたい。

でもその実力が無いし、やる理由が無い。

ノータッチで終われば3ポイント、0からいきなり40、になるなら話は別ですよ。

このサイトのコンセプトも変わってきます。

ですが、テニスのルールはそうじゃない。

相手に触られても、ノータッチでエースになっても、得点は一緒。

だったら確率重視でどんどん、相手に触らせて試合を進めていく方が良いと思いませんか?

エースが欲しい人って、本当は・・・実は「怖い」だけなんじゃないですか?

 

3.「反撃恐怖症」の根は深い

テニスをしていると、実は臆病がゆえに「ノータッチエース狙い」になっている人がたくさんいる。

これは、新しい発見でした。

つまり、相手に触られるのが怖い、だからエース狙い、なんですよね。

ミスしても、それで相手がビビッてくれる、そのうち入るようになると思っている人もいるでしょう。

そんな人、試合で勝てますかね?

周りからの評価と、相手からの反撃を恐れているだけ・・・じゃないですか?

心配しなくても、今のアナタの実力で、しっかりコートに入るショットを打っていれば大丈夫だと思いますよ。

そんなに、怯えなくても・・・・。

 

こう感じるようになったのは、テニススクールでアルバイトコーチをするようになってからです。

特に、大人の男性に多い。

自分を大きく見せたい・・・想いが、おかしな方向にいっているだけ。

高校生、大学生の皆さんも、自分の胸に手を当ててみて下さい。

ノータッチ狙いのテニス、がしたいなら深夜のバッティングセンターにでも行きましょう。

そこなら、自分一人で誰にも迷惑をかけませんので。

 

今回のまとめ

強引なノータッチエース狙いは、自分が臆病なことをさらけ出しているだけ

 

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス

    メンタル

    「嘘情報を流してみよう」テニスに必要な相手との駆け引きとは?

    相手と向き合い、相手と戦うのがテニスというスポーツ。自分自身と…

  2. メンタル

    緊張した場面ほど、ポジションを動かす

    私が以前に、試合で意識していたことを改めて書いてみたいと思います。…

  3. メンタル

    「今日もスランプ、明日もスランプ」と口ずさむテニス選手は・・・?

    皆さんの周りでも、こんな人はいませんか?周りに「自分のテニスは…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?

    試合の序盤に、自分の調子が悪いと感じる。問題は、そこからです。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実

    皆さんも、「勝って本当に嬉しかった試合」って、いくつかあるはず。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    試合中の絶体絶命の場面で、笑うこと

    人は、何かの大きな壁にぶつかったときに、その人の「生き方」が分かれるよ…

特集記事

  1. テニス ステップ

    サーブ

    テニスの試合で、「相手サーブをブレイクした後のゲーム」にて意識したいポイント4つ…
  2. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ
  3. ストローク

    テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つ…
  4. ダブルス

    後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの練習でストレスを溜めない」為に必要な4つの考え方
PAGE TOP