テニス メンタル

メンタル

テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう

今年も始まりました、全豪オープン!

遠くオーストラリアの地から、早速嬉しいニュースが飛び込んで来ましたね。

復帰した西岡選手が、シード選手であるコールシュライバー選手をフルセットの末に下すという、本当に嬉しいニュースです!

なぜ、これが嬉しいニュースなのか。

その答えに、実はテニスという競技の特性、大会の雰囲気作り、の秘訣があるんです。

これはぜひ、みなさんの部活やサークルでも、参考にして欲しいところ。

個人戦こそ、実は団体戦、なんです!

 

テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう

 

1.個人戦こそ、「最初の人」が大事!

みなさんも、きっと経験あると思うんですよね。

個人戦こそ、実は団体戦に近い。

最初に試合に入る、結果を出す選手、が非常に大事。

今回で言えば、日本チームの西岡選手ですね。

この結果によって、日本チーム全体が活気づくし、勢い付くのは、想像出来ると思います。

毎回、日本チームを引っ張っていた錦織選手、がその代表格ですが、やっぱり「別格感」があるじゃないですか。

でも、今回のように格上相手に西岡選手が勝利、しかも怪我からの復帰戦で、となると・・・チームは嫌でも盛り上がる。

「アイツが出来るなら、俺だって・・・!」と、嫌でも昂って来ますよね。

個人戦、とはいえ実は団体戦。

テニスの大会って、そういうものですよ。

2.ぜひ、アナタ自身が口火を切れる選手になって欲しい

もし、アナタ自身もこういう立場、になったら考えて欲しい。

「これは、自分だけの試合じゃないんだ」と。

他のメンバーを勇気づける、そういうプレーと結果でチームに貢献したい、と考えて欲しい。

その方が、より勝負に燃えることが出来ますしね。

自分の為だけ・・・と思うと、個人戦でも甘えが出てしまう。

でも、個人戦だって、団体戦のようなもの。

周りの仲間を勇気づけるプレーは、必ず出来るはず。

こういう意識を少し持っているだけで、きっと試合結果は変わってくるはずです。

 

3.刺激を与え、与え合う仲間こそ大事にしよう

みなさんも、試合に出ていて個人戦の応援、する機会があると思います。

その時には、ぜひ本気で仲間を応援して欲しい。

なぜなら、その応援はそのまま、アナタ自身に返ってくるからです。

「アイツがあそこまで応援してくれてるなら、変なプレーは出来ないな・・・」と、仲間に思わせるくらい、本気でしっかり伝える。

刺激を与える応援って、良いですよね。

今回の西岡選手は、プレーと結果でその強い意志を見せてくれました。

実力が無いと出来ない?

そんなことはありません。

個人戦で自分を出し切ること、がいかに大変か・・・みなさんはまだ、気付いていないかも知れませんね。

 

4.使命感を持たないと、個人戦で結果は出せない

だって、すぐに諦めてしまうじゃないですか。

辛い、しんどいと、どうしても「もう良いか・・・どうで個人戦だし、自分だけの結果だし・・・」と思ってしまう。

以前にも書きましたが、こうやって負けても良い理由を作った時点で、もうアナタ自身の負けは確定です。

個人戦で力を出し切るのって、本当に難しいんですよ。

強いチーム、学校、サークルは、個人戦の中でも各選手の責任感が違う。

「変な負け方は、絶対に出来ない」と考えている。

こういうイメージ、アナタ自身も持てるかどうかです。

チームやサークルで個人戦に出ているみなさんは、ちょっと意識してみても良いと思います。

 

それにしても、西岡選手凄いですね!

まだプレーの動画を見てはいませんが、怪我で苦しんだものを全て、相手にぶつけていっているような感じ、じゃないでしょうか。

テニスを離れたからこそ、分かるテニスをプレー出来る歓び、自信や楽しさ。

彼の真骨頂は、これからですね!

ぜひそれに続く、日本選手の活躍にも注目していきましょう。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    自分が我慢して保たれる世界は、きっと幻想

    テニスは、一人では出来ない。相手と打ち合い、切磋琢磨し、成長…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    良い出来だった前半、格上相手ならチェンジコートで忘れよう

    格上相手の試合って、みなさんどうでしょう。リードしても落ち着か…

  3. メンタル

    褒められて伸びる、それは一時凌ぎに過ぎない

    今、時間があるので自分のYouTubeの動画を見直しています。…

  4. メンタル

    動いて来ない前衛を、気にする必要は一切無し

    ダブルスの試合で、この意識があると楽。割り切ってしまえば、試合…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「綺麗に美しく勝ちたい」と誰もが思いながら、負けていくという事実

    皆さん、今年はどんなテニスで一年を戦いましたか?色々チャレンジ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ちに徹するテニスが、楽しいと思えない」のは、自分が本気になるのが怖いから

    今回アンケートを実施させて頂く中で、厳しいご意見もたくさん頂きました。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 練習メニュー

    ラリーを楽しみたい?甘えるんじゃないよ
  2. テニス ダブルス

    リターン

    ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ
  3. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することに…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    大事な場面、スピン系のストロークがガシャってしまう人に共通する、5つの悪い癖
  5. テニス ストローク

    ストローク

    せっかくサーバーの相手を追い詰めているのに、「セカンドサーブを強打してミス」する…
PAGE TOP