テニス メンタル

メンタル

テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう

今年も始まりました、全豪オープン!

遠くオーストラリアの地から、早速嬉しいニュースが飛び込んで来ましたね。

復帰した西岡選手が、シード選手であるコールシュライバー選手をフルセットの末に下すという、本当に嬉しいニュースです!

なぜ、これが嬉しいニュースなのか。

その答えに、実はテニスという競技の特性、大会の雰囲気作り、の秘訣があるんです。

これはぜひ、みなさんの部活やサークルでも、参考にして欲しいところ。

個人戦こそ、実は団体戦、なんです!

 

テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう

 

1.個人戦こそ、「最初の人」が大事!

みなさんも、きっと経験あると思うんですよね。

個人戦こそ、実は団体戦に近い。

最初に試合に入る、結果を出す選手、が非常に大事。

今回で言えば、日本チームの西岡選手ですね。

この結果によって、日本チーム全体が活気づくし、勢い付くのは、想像出来ると思います。

毎回、日本チームを引っ張っていた錦織選手、がその代表格ですが、やっぱり「別格感」があるじゃないですか。

でも、今回のように格上相手に西岡選手が勝利、しかも怪我からの復帰戦で、となると・・・チームは嫌でも盛り上がる。

「アイツが出来るなら、俺だって・・・!」と、嫌でも昂って来ますよね。

個人戦、とはいえ実は団体戦。

テニスの大会って、そういうものですよ。

2.ぜひ、アナタ自身が口火を切れる選手になって欲しい

もし、アナタ自身もこういう立場、になったら考えて欲しい。

「これは、自分だけの試合じゃないんだ」と。

他のメンバーを勇気づける、そういうプレーと結果でチームに貢献したい、と考えて欲しい。

その方が、より勝負に燃えることが出来ますしね。

自分の為だけ・・・と思うと、個人戦でも甘えが出てしまう。

でも、個人戦だって、団体戦のようなもの。

周りの仲間を勇気づけるプレーは、必ず出来るはず。

こういう意識を少し持っているだけで、きっと試合結果は変わってくるはずです。

 

3.刺激を与え、与え合う仲間こそ大事にしよう

みなさんも、試合に出ていて個人戦の応援、する機会があると思います。

その時には、ぜひ本気で仲間を応援して欲しい。

なぜなら、その応援はそのまま、アナタ自身に返ってくるからです。

「アイツがあそこまで応援してくれてるなら、変なプレーは出来ないな・・・」と、仲間に思わせるくらい、本気でしっかり伝える。

刺激を与える応援って、良いですよね。

今回の西岡選手は、プレーと結果でその強い意志を見せてくれました。

実力が無いと出来ない?

そんなことはありません。

個人戦で自分を出し切ること、がいかに大変か・・・みなさんはまだ、気付いていないかも知れませんね。

 

4.使命感を持たないと、個人戦で結果は出せない

だって、すぐに諦めてしまうじゃないですか。

辛い、しんどいと、どうしても「もう良いか・・・どうで個人戦だし、自分だけの結果だし・・・」と思ってしまう。

以前にも書きましたが、こうやって負けても良い理由を作った時点で、もうアナタ自身の負けは確定です。

個人戦で力を出し切るのって、本当に難しいんですよ。

強いチーム、学校、サークルは、個人戦の中でも各選手の責任感が違う。

「変な負け方は、絶対に出来ない」と考えている。

こういうイメージ、アナタ自身も持てるかどうかです。

チームやサークルで個人戦に出ているみなさんは、ちょっと意識してみても良いと思います。

 

それにしても、西岡選手凄いですね!

まだプレーの動画を見てはいませんが、怪我で苦しんだものを全て、相手にぶつけていっているような感じ、じゃないでしょうか。

テニスを離れたからこそ、分かるテニスをプレー出来る歓び、自信や楽しさ。

彼の真骨頂は、これからですね!

ぜひそれに続く、日本選手の活躍にも注目していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合が終わっても、アナタのテニス選手としての仕事は終わってはいない

    私はすごく、感じることがあります。テニスの試合で、「あ、この人…

  2. メンタル

    テニスで変わりたいなら、モノと環境に頼れ

    テニスが強くなりたい、過去の自分から変わりたい。そう考えてい…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    スコア差があっても無くても、集中力に差が生まれてはいけない

    すごく、難しい話です。普通の人は、まずできない。でも、…

  4. テニス リターン

    メンタル

    出る杭を伸ばすチームと、自分自身の心を

    テニスをプレーしていると、仲間でも対戦相手でも、「この人、ちょっと変わ…

  5. メンタル

    代表して生きることの意義

    「代表」と聞くと、みなさんは何を想像しますか?サッカーの日本…

  6. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考…

    練習、試合、練習・・・を繰り返していると、その繰り返し自体に慣れてしま…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバラ…
  2. テニス 格上相手

    メンタル

    テニス界では、意外と「努力を周りに見せたい人」ばかり
  3. ロブ

    落として入っていても「大丈夫」なロブの追いかけ方、出来てる?
  4. テニス トレーニング

    テニス知識

    プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニス 準備

    その他

    テニスの試合中にボールがとなりのコートに入っても、慌てて取りに入ってはいけない
PAGE TOP