メンタル

動いて来ない前衛を、気にする必要は一切無し

ダブルスの試合で、この意識があると楽。

割り切ってしまえば、試合で強いですよ。

試合の現場では、実際にこういう相手多いですから。

意識して損する、ことが無いようにしていきましょうね。

 

動いて来ない前衛を、気にする必要は一切無し

 


 

1.動けない前衛、はダブルスで多い

実際、みなさんイメージしてみて下さい。

「あの人は、よく動くな・・・」と思える人って、どの程度いますか?

ダブルスの試合、前衛でポーチに動ける人って、少ないと思うんです。

特に、大会で3回戦くらいまでは、動かない前衛の方が圧倒的に多い。

ただ前にいるだけ、で何もしない。

それなのに、アナタ自身プレッシャーに感じていること、多くないですか?

それって損、ですよ。

 

2.動かない前衛は、一切気にしないで良い

私は、もう最初のゲームで見定めます。

最初に動かない人は、後半も基本動かない。

たまに動いて来ても、気にしない。

だって、基本は動かない訳ですからね。

気にしているだけ、損な話。

リターンでもストロークでも、普通にクロスに打っていればOK。

出られても、気にしていない状態ならしっかりストローク、振り切れますからね。

相手前衛が出て来ないのに気にしてネット、サイドアウト、してしまうのが本当にもったいないプレー、です。

 

3.出て来ない相手にも、1ゲームに1回はストレートへ

相手が「動かない前衛」だと気付いたら、やること。

私は、1ゲームに1回は触らせます、ストレートに打って。

出て来ない前衛は、決してストレートに強い訳ではないでしょうから。

そもそも、ボレーやスマッシュに、自信が無いんですよ。

だからこそ、たまに強引に試合に参加させる、引っ張り出す。

そうなると、余計にクロスのボール、ポーチには動けなくなりますからね。

動かない前衛って、なかなか試合のリズムに乗れない。

アナタが攻略するのも、容易なはずですよ。

 

4.大事なのは、アナタ自身の洞察力

「この前衛は、動かない!」と、気付くかどうか。

試合では、これが大事なんです。

相手の雰囲気や仕草、ポジションを確認して、見定める。

洞察力が、アナタにとって何より大事になって来ます。

相手がどんな前衛でも、同じようなスタンス、プレー、戦術では、ダブルスの試合は勝てない。

動かない前衛を気にして、勝手に自滅しているペアも多いですからね。

アナタ自身で、何を感じるのか。

相手の前衛から、感じ取る力が試合では大事です。

 

8割の前衛は、基本動かない。

こう思っておいて良いですよ。

日本人は、そもそも自分のミスで終わることが嫌、怖いひとたちばかりですから。

気にしないでOK、その分自分たちは、動く。

ダブルスの試合の基本スタンスは、これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

    あと少しで、自分の試合が始まる。そんなときに皆さんは、どんな過…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負

    テニスの試合に出続けている人は、毎回が挑戦。挑戦されたり、挑戦…

  3. テニス 序盤

    メンタル

    身を以て知らなきゃ強くなれない、「負け」がテニスにはある

    テニスの試合、負けて悔しいのは当たり前。だからこそしっかり準備…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理

    すごく極端な話ですけど・・・みなさんも毎回試合に出て、負けることは多い…

  5. テニス 練習

    メンタル

    練習で、しっかり「自信の土台」を作れているか?

    皆さんは、何のために練習、するのでしょう。もちろん、試合で勝つ…

  6. メンタル

    「テニスノートが続かない…」理由を真剣に考えてみる

    「今年こそテニスノートを付けて、レベルアップするぞ・・・!」と意気込ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    センターへのサーブのコントロール、を磨く方法5つ
  2. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということで…
  4. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習
  5. テニス ダブルス

    リターン

    「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを…
PAGE TOP