メンタル

動いて来ない前衛を、気にする必要は一切無し

ダブルスの試合で、この意識があると楽。

割り切ってしまえば、試合で強いですよ。

試合の現場では、実際にこういう相手多いですから。

意識して損する、ことが無いようにしていきましょうね。

 

動いて来ない前衛を、気にする必要は一切無し

 


 

1.動けない前衛、はダブルスで多い

実際、みなさんイメージしてみて下さい。

「あの人は、よく動くな・・・」と思える人って、どの程度いますか?

ダブルスの試合、前衛でポーチに動ける人って、少ないと思うんです。

特に、大会で3回戦くらいまでは、動かない前衛の方が圧倒的に多い。

ただ前にいるだけ、で何もしない。

それなのに、アナタ自身プレッシャーに感じていること、多くないですか?

それって損、ですよ。

 

2.動かない前衛は、一切気にしないで良い

私は、もう最初のゲームで見定めます。

最初に動かない人は、後半も基本動かない。

たまに動いて来ても、気にしない。

だって、基本は動かない訳ですからね。

気にしているだけ、損な話。

リターンでもストロークでも、普通にクロスに打っていればOK。

出られても、気にしていない状態ならしっかりストローク、振り切れますからね。

相手前衛が出て来ないのに気にしてネット、サイドアウト、してしまうのが本当にもったいないプレー、です。

 

3.出て来ない相手にも、1ゲームに1回はストレートへ

相手が「動かない前衛」だと気付いたら、やること。

私は、1ゲームに1回は触らせます、ストレートに打って。

出て来ない前衛は、決してストレートに強い訳ではないでしょうから。

そもそも、ボレーやスマッシュに、自信が無いんですよ。

だからこそ、たまに強引に試合に参加させる、引っ張り出す。

そうなると、余計にクロスのボール、ポーチには動けなくなりますからね。

動かない前衛って、なかなか試合のリズムに乗れない。

アナタが攻略するのも、容易なはずですよ。

 

4.大事なのは、アナタ自身の洞察力

「この前衛は、動かない!」と、気付くかどうか。

試合では、これが大事なんです。

相手の雰囲気や仕草、ポジションを確認して、見定める。

洞察力が、アナタにとって何より大事になって来ます。

相手がどんな前衛でも、同じようなスタンス、プレー、戦術では、ダブルスの試合は勝てない。

動かない前衛を気にして、勝手に自滅しているペアも多いですからね。

アナタ自身で、何を感じるのか。

相手の前衛から、感じ取る力が試合では大事です。

 

8割の前衛は、基本動かない。

こう思っておいて良いですよ。

日本人は、そもそも自分のミスで終わることが嫌、怖いひとたちばかりですから。

気にしないでOK、その分自分たちは、動く。

ダブルスの試合の基本スタンスは、これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. ご質問頂いた件につきまして
  4. + POWER CUP について
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合で落ち込むレベル、は確実に上がっているはず

    試合に出ては、負けて落ち込んでばかり。そんな自分も嫌になって、…

  2. テニス フットワーク

    メンタル

    「テニスで周りに認められたい」と思えば、まず自分から自分のテニスを認めてあげよう

    メンタルが強い、と言われる人。試合でも強い人は、しっかりと自分…

  3. テニス 雪

    メンタル

    メンタルの弱さとは、そのままアナタの意志の弱さである

    メンタルが弱い、試合に勝てない。だからこそ、何かを変えないと・…

  4. テニス 格上相手

    メンタル

    「強い相手・弱い相手・普通の相手」でテニスの試合を考えてみる

    テニスの試合に出場した時、対戦相手を3種類に分ける事が出来ます。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とは、「決して何か特別なことをする場では無い」ことだけ、覚えておいて欲しい

    「試合」・・・特に公式戦と聞くと、何か特別なものという響きがある。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    胸を張れるかどうかが一つの基準になる

    「色々とご意見、ヒント、参考になるのですが、結局自分の正しいテニスが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    普段の練習で「尻取りショートラリー」をやってみよう!テニスの試合で視野が広がりま…
  2. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!
  3. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識し…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、「フォアハンド狙い」を大事なポイントに取っておこう
PAGE TOP