テニス メンタル

その他

試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけについて

最近何名の方からか、こういった内容の質問を頂きました。

このサイトを観て書いてあることを実践しようと思ったけど、結局は「粘る、考える、繋げる、相手のミスを待つ・・・」というテニスばっかり。

試合に勝っても全然面白くないし、テニスが嫌いになりそうです、といったご意見でした。

非常に考えさせられる、難しい問題です。

ですが、私にとってこの問題はとてもシンプル。

賛否両論、ある部分かと思いますので、ご気分を害する方はご容赦下さい。

 

試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけについて

 


 

■テニスの試合での楽しみって、何だろう?

私自身、学生時代は好き勝手にやるようなテニスだったと思います。

比較的身長も高く、スポーツも得意だったので、もうスピード重視で荒れたテニス。

ミスか、エースか・・・もちろん、ほとんどがミスというか、技量不足。

そんなテニスが、本気でカッコイイと思っていました。

このサイトで書いていること、当時高校生だった僕は何一つ実践出来てはいませんでした・・・お恥ずかしい限りです。

ですが・・・結果的にそれではだめだと気付いたのが高校2年生のとき。

指導者もいない、形だけの顧問の先生がいるだけの部活でしたが、団体戦で2回戦負け。

その前の年は県大会でベスト4までいっていたのに、本当に悔しい想いをしました。

でも結果的に、それが変わっていくきっかけになったことは確かです。

打っていくテニス、だけじゃ絶対に勝てない、ということを。

 

■相手と駆け引きするテニスは、本当は楽しい

テニスの試合は、あるレベルにいけば駆け引きが必ずある。

お互いの長所短所を探り合い、攻撃し合う。

ネットを挟んではいますが、どんな接触スポーツよりも、テニスは激しくぶつかり合っている。

でも駆け引きをするには、安定感のある技術が必要。

サービスエースを大量生産できるのであれば、この駆け引きも少なくて済むかも知れませんが・・・実際は、そんなに甘くは無い。

自分の技術と、相手の技術、実際はそんなに差なんて無いんです。

粘って、つないでポイントをむしり取る。

これに楽しみを覚えてくると、テニスの試合にも勝てるようになってくる。

やっぱり勝てるから、勝敗が付くから、テニスは楽しいんだと私は思います。

 

■「自分を殺したテニス」が大半だって、良いんじゃない?

試合の中で、もどかしさを感じることは多い。

上手くいくことなんて、全体の10%も無いでしょう。

でもなんでみんな、大事な休みの日、社会人の方であれば仕事で疲れて休みたいのに、試合に出続けるんでしょうか?

自分を殺す、やりたくないようなプレーもたくさんある・・・けど、やっぱり試合に勝つと嬉しいし、負けたらまた頑張ろうという刺激になる。

そんな中で、新しい自分に出会えるし、まだまだ成長出来るって、何歳になっても思えるって幸せじゃないですか。

試合に出る理由は、人それぞれ、

その答えをぜひ、自分なりに探してみてください。

きっとアナタの未来のテニスが、そこから見つかるはずです。

 

取り留めのない文章になってしまいましたが、ぜひ学生の皆さん、若い皆さんにも考えて欲しい。

「勝つ為に必要なテニスと、自分がやりたいテニスのギャップ」に悩んだら、それって最高です。

最高に成長できる、ジャンプ台に乗っているようなもの。

そこから降りるのか、そのままジャンプするのか・・・。

降りてお遊びテニス、大いに結構です。

でも・・・真剣勝負を一度味わってしまうと、絶対にどこかで物足りなくは、なりますよ。

全ては、アナタ次第です。

焦らずじっくり、いきましょう。

T-PRESSは、いつでもアナタの味方です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です

    昨日ニュースを観ていると、こんな記事が目に入りました。プロ野球…

  2. その他

    「男は分析して満足」な生き物だから、テニスで落とし穴にはまりやすい

    どこでも、何でも、分析したがる人。私はすごく、才能があると思い…

  3. その他

    「小事」が「大事」を生む

    これは、元プロ野球監督の野村克也さんの言葉です。私自身、この…

  4. その他

    「世界への扉」はテニスの世界もノックしてみないと何も始まらない!

    22歳の時にアメリカへ3カ月行って、色んな大学で練習をさせてもらった。…

  5. テニス 戦術
  6. その他

    良いフォームが必要という、危険な発想

    綺麗なフォームこそ、上級者の証?いえ、それは「そういう人もいる…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習…
  2. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、「あえてコースを空けて待っている相手選手の罠」に、気を付けろ!…
  3. テニス サーブ

    ストローク

    社会人からテニスを始めた方に目立つ、「手打ちなストローク」を直せば怪我が減り長く…
  4. テニス サーブ

    練習メニュー

    ウォーミングアップと練習開始の境目、明確になってる?
  5. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・
PAGE TOP