テニス ミーティング

その他

「部活でミーティングをしてみたけど、何をやれば良いか分からない・・・」部長やキャプテンは、何かを抱え込み過ぎているかも

強いテニス部は、必ずコート外でも活動している。

打ち合わせ、ミーティングをしっかり実施しているから、作戦にもバリエーションがあるしチームに共通理解がある。

でも、実際は何をどう話し合いしていけば良いのか分からない・・・という方も、多いはず。

部活だけじゃなく、サークルや皆さんの仲間うちで実施してみても、面白いと思います。

大事なのは、「まずやってみる」ということです。

 

「部活でミーティングをしてみたけど、何をやれば良いか分からない・・・」部長やキャプテンは、何かを抱え込み過ぎているかも

 


 

■「当たり前」になっている部分を、考えてみる

部活やサークルの中で、当たり前になっている部分、たくさんありますよね。

毎月徴収している部費、コート整備、練習内容・・・まず、そういった部分、みんなの意見を聞いてみる。

部長やキャプテンの皆さんが、全部を調整して決めていく必要はありません。

まずは今いるメンバー、一人一人が、当たり前と思っている日々の練習に何を感じているのか話してもらう。

これだけでも、きっと新しい発見があるはずです。

 

■「言葉にしてみないと、分からない」ことだらけなのが部活

「きっと、あの人はこう考えているだろう」

「特進クラスの人は受験が優先だから、そんなに練習はやる気無いんだろう」

とか、もしかしたら勝手に先入観を持って、部活に取り組んでいる人、多いかも知れません。

実際は、私がそうでした。

部長として雰囲気が悪いのは感じていても、その原因は分からない・・・。

まずは、普段思っていること、当たり前だと思っていることを「自分の言葉」にして話すことが大事。

ミーティングなんてどこか大それたようですが、そんなことは無い。

しっかり真剣に、部活やテニスのことについて思ったことを話し合う、ことだけで良いんです。

 

■テニスについて話し合うことこそ、最高のモチベーションの源泉になる

テニスについて、いまいちやる気が出ない。

試合結果もついてこないし、もう止めようかな・・・と思っている人、たくさんいるはずです。

もしかしたら、部長やキャプテンのアナタ自身がそうかも知れませんね。

テニスについて話す、思ったことを人に伝えるというだけで、実はモチベーションを大きく回復出来ます。

これは間違いなく、断言出来ます。

自分の考えを人に伝えて、それに共感してもらえる。

これだけで、絶対に人は頑張れる。

テニスだって、例外ではありません。

まずはミーティング、「とにかく集まってやってみるだけで価値がある」、と言い切れるのはこういった私の経験からです。

 

テニスのミーティングは、本当に楽しい。

部活やサークル、どんなチームでも良い。

難しく考えず、もっとみんなでより良いチームにしていこうという意識があれば、出て来る言葉はたくさんあるはず。

最初から、「強いチームを目指すぞ!」なんていうは、ちょっと重い。

まずは雑談っぽいミーティングから、その後チームとして強くしていく感じに移行していけば良いと思います。

肩肘張らずに、雨の日なんかにやってみましょう。

きっとやることで、何かが変わっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう

    「どうも、今日は調子が良くなった・・・」と、敗因が曖昧になる。…

  2. テニス メンタル

    その他

    「打てるもんなら、打ってみろ!」で、良いんです

    自分に自信が無い、試合で迷いが消えない。すごく、気持ちは分かり…

  3. その他

    【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~15時 にて開催します…

    この度、初めて関西地区にて「佐藤・土居ペアに挑戦」の企画を実施させて…

  4. テニス 評価

    その他

    テニスの世界だけでなく、「自分の評価は、他人が下すもの」という覚悟を持っておけば強くなる

    アナタは自分のテニスについて、どういう印象を持っていますか?得…

  5. テニス メンタル

    その他

    ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い

    これは、要は自分次第です。私は、少し笑顔、なくらいが緊張感が解…

  6. その他

    1人1,000円の、学生草大会の意義

    Twitter上では、アンケートと告知をさせて頂きました。今…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で、「コンパクトなワイパースィングで浅いボールをコントロール」出…
  2. 戦術

    チャンスをいかに決めるか、の前にチャンスを数多く作ろう
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「センターラインを超えたらそのままチェンジ」でハッキリさ…
  4. テニス トレーニング

    戦術

    テニスの試合、戦い方を変えることを恐れては前に進めない
  5. サーブ

    5-4でのサービスゲーム、は本当に難しい
PAGE TOP